大学ホーム医学部教室紹介薬理学教室

薬理学教室

教室専任教員

教授 櫻井 裕之
講師 木村 徹
助教 福冨 俊之 堅田 智久 田中 弦
  末弘 淳一

教室概要

教育面では、医学部3年前期の薬理学講義・実習と4年後期の和漢医学概論を担当している。

研究テーマ

アミノ酸トランスポーターの生理的・病理的役割の解明

アミノ酸トランスポーターの中でも胎児やがん細胞で発現の多いLAT1を中心に、発生、がん、血管新生など様々な生理的、病理的プロセスにおいて、どのような役割を果たしているのかを研究している。この阻害薬は抗がん効果を発揮すると期待される。

尿酸輸送メカニズムの解明

ヒトではプリン体の最終代謝産物である尿酸は腎臓から排泄されるが、その過程に関与するトランスポーターの機能を解明する。

当教室の詳細は、薬理学教室のホームページまで。

近年の主な業績(5件)

  1. Xenopus slc7a5 is essential for notochord function and eye development.
    Katada T, Sakurai H
    Mech Dev. 155, 48-59 (2019)
  2. Urate Transport via Paracellular Route across Epithelial Cells.
    Kimura T, Tsukada A, Fukutomi T, Ichida K, Ohtsuki S, Sakurai H
    Biol Pharm Bull. 42, 43-49 (2019)
  3. Prostate Cancer Cells in Different Androgen Receptor Status Employ Different Leucine Transporters.
    Otsuki H, Kimura T, Yamaga T, Kosaka T, Suehiro JI, Sakurai H.
    Prostate. 77, 222-233 (2017)
  4. Expression of SLC2A9 Isoforms in the Kidney and Their Localization in Polarized Epithelial Cells.
    Kimura T, Takahashi M, Yan K, Sakurai H.
    PLoS One 9, e84996 (2014)
  5. Urate transporters in the genomic era.
    Sakurai H.
    Curr. Opin. Nephrol. Hypertens. 22, 545-550 (2013)
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP