大学ホーム医学部教室紹介形成外科学教室

形成外科学教室

教室専任教員

教授 多久嶋 亮彦 大浦 紀彦
准教授 尾崎 峰
講師 菅 浩隆
助教 成田 圭吾 白石 知大 山下 雄太郎
  藤木 政英 佐藤 大介 岩科 裕己
  匂坂 正信

教室概要

形成外科学とは、顔面、手など体の表面における先天異常の治療から、外傷、熱傷および瘢痕拘縮、ケロイド、顔面神経麻痺など後天的な変形に対する治療、また乳癌切除後の乳房再建など腫瘍摘出後の再建術にいたるまで、幅広い領域をカバーする学問です。さらに美容外科は人間の美を追究する医学であり、アンチエイジングとして医学的見地からアプローチを行っていく分野でもあります。このような幅広い分野に対応するためには形成外科の一般的な技術だけでなく、マイクロサージャリーやクラニオフェイシャルサージェリーといった特殊な技術と経験が要求されます。杏林大学形成外科では、総勢20名を超える都内随一を誇るスタッフが、それぞれの専門分野を活かしながら、患者さんにとって最適な治療法を選択して診療に当たっています。

研究課題

顔面神経麻痺の治療と研究

顔面神経麻痺の症状は多彩であり、その形成外科治療には高い技術と多くの経験が必要です。当教室の多久嶋教授は顔面麻痺に対する形成外科治療の第一人者であり、全国から治療を求めて患者が集まってきています。特に先天性顔面神経麻痺の治療に関しては、国際機関である ICHOM(International Consortium for Health Outcomes Measurement)小児顔面神経麻痺ワーキンググループの日本代表を務めており、小児期に行う遊離広背筋移植術は国際的にも拡がりつつあります。また、眼瞼や眉毛の下垂や頬部の下垂などに対するリフティングや後遺症のひとつである異常共動運動に対する手術も新たに開発し、より自然な表情を取り戻すために最適な治療法を提供しています。

マイクロサージャリーによる再建と研究

外傷や腫瘍切除後に大きな組織欠損を生じる場合には、大きな組織移植が必要となります。この移植を行うにはマイクロサージャリーによる微小血管吻合が不可欠であり、一般に血管柄付き遊離組織移植術と呼ばれています。当教室の多久嶋教授は1000例以上のマイクロサージャリー手術の経験を持ち、その実績によって多くの施設から手術を依頼されています。また血管吻合の難易度が高く、緊急性を要する切断指再接着術においても、杏林大学では多くのスタッフが常在していることを利点として積極的に対応しています。

乳房再建と研究

近年、乳癌患者が増加しており、それに伴って術後の乳房変形に悩まれる患者が増えています。当教室では、シリコンインプラントを用いた再建から自家組織を用いた再建まで、菅講師、白石助教を中心として乳房再建専門グループが積極的に治療を行っています。シリコンインプラントを用いた場合、侵襲は小さいものの、形態を整えることが難しいとされてきましたが、脂肪注入術を組み合わせることなどの新しい臨床研究を行い、その結果、より左右対称な乳房を再建できるようになってきました。

顎顔面骨の再建と研究

形成外科では顔面・頭部の骨組織も治療の対象としています。外傷では鼻骨骨折や頬骨骨折などの単純な顔面骨折から多発顔面骨折にいたるまで幅広く対応しています。またクルーゾン病やアペール症候群などの先天異常に対する骨切り手術(クラニオフェイシャルサージャリー)も当教室の尾崎准教授を中心とした専門グループが担当しています。困難な顔面骨骨折の治療や頭蓋顔面変形に対して、新しい術式や器具の開発を行っております。

血管腫治療と研究

一般に血管腫と呼ばれる「乳児血管腫(苺状血管腫)」から治療に難渋する「血管奇形」まで、尾崎准教授を中心とした専門グループが幅広く対応しています。先進的治療である硬化療法も積極的に施行しており、治療成績と安全性の向上に努めています。血管奇形に対する治療はいまだ十分に確立されていないため、基礎研究も積極的に行っています。

難治性潰瘍・フットケア治療

糖尿病や動脈疾患に伴う下腿潰瘍は一般に難治性潰瘍と呼ばれ、治療が非常に難しい疾患群の一つです。当教室では大浦教授を中心とした専門グループが潰瘍の治療を多角的アプローチで行っており、良好な治療成績をおさめています。外科治療だけでなく、高圧酸素療法や陰圧閉鎖療法などの保存的治療も積極的に行っています。下肢切断をできるだけ避けるために、創傷治癒の基礎的研究を基として、研究結果の臨床への応用も積極的に行っています。

主な教室業績

  1. Suga H, Shiraishi T, Shibasaki Y, Takushima A, Harii K. Predictive factors for drainage volume after expander-based breast reconstruction. Plast Reconstr Surg Glob Open. 4: e727, 2016.
  2. Sakisaka M, Kurita M, Okazaki M, Kagaya Y, Takushima A, Harii K. Drug-induced atrial fibrillation complicates the results of flap surgery in a rat model. Ann Plast Surg. 76: 244-248, 2016.
  3. Suga H, Ozaki M, Narita K, Kurita M, Shiraishi T, Ohura N, Takushima A, Harii K. Comparison of nasal septum and ear cartilage as a graft for lower eyelid reconstruction. J Craniofac Surg, 27: 305-307, 2016.
  4. Ozaki M, Suga H, Eto H, Kobayashi Y, Watanabe R, Takushima A, Harii K. Efficacy of serial excisions of melanocytic nevi on the face using a carbon dioxide laser: a cosmetic point of view. Aesthetic Plast Surg, 38: 316-321, 2014.
  5. Kagaya Y, Ohura N, Suga H, Eto H, Takushima A, Harii K. ‘Real angiosome’ assessment from peripheral tissue perfusion using tissue oxygen saturation foot-mapping in patients with critical limb ischemia. Eur J Vasc Endovasc Surg, 47: 433-441, 2014.

当教室の詳細は、形成外科学教室の ホームページを御覧下さい。

このページのトップへ

PAGE TOP