大学ホーム医学部教室紹介放射線腫瘍学教室

放射線腫瘍学教室

教室スタッフ

教授 高山 誠
准教授 戸成 綾子

教室概要

我が国では死因の第一位となったがんに対する2006年がん対策基本法制定以来、多くの医療機器間で受診者が途絶えることはありません。 現在までがん治療の三本柱は手術、化学療法、放射線療法とされていますが、放射線療法は機能や形態の温存を可能とする治療、また低侵襲治療法として注目をされるようになってきました。 特に最近では高齢患者の増加に伴い、生活の質を保ちながらも癌治療を可能とする侵襲の少ない治療法として注目されています。
放射線腫瘍学・治療学とはこのように放射線治療を手法として腫瘍(悪性良性含め)治療を研究・追及する学問です。 対象疾患は中枢神経系から耳鼻科などの頭頸部疾患、呼吸器、消化器また乳腺、婦人科、泌尿器、更には悪性病変のみならずケロイド等の良性疾患まで多領域・広範囲に及びます。
最新の放射線治療装置や治療計画装置の進歩も著しく様々な治療が可能となりました。 近年では定位放射線治療(ライナックを用いたピンポイント照射)やサイバーナイフ、ガンマナイフのほか強度変調照射(IMRT)などの三次元照射などの研究開発を行っています。 さらに密封小線源治療なども早期がんの治療や癌性疼痛の緩和などに使用してがん全般に対する放射線治療効果の向上を目指しています。
このように需要の多い領域ではありますが、放射線治療を専門とする医師が極めて少なく専門医・認定医は全国で1000人程度、全国的に不足しています。 今後も放射線治療に対する期待・需要はさらに増加すると考えられ、放射線治療医師の育成・増加は最重要課題です。 将来を見据えて、我々は医学生や研修医への教育を積極的に行っていきます。

教室の社会的活動

以下の学会・研究会の活動・運営に参加し、研究発表等を行っている。

  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • 日本定位放射線治療学会
  • 日本癌治療学会
  • American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (ASTRO)

研究グループ及び研究課題

  • 中枢神経・頭頚部および体幹部病変に対する定位放射線治療
  • 強度変調照射(IMRT)を用いた低侵襲治療
  • 早期前立腺癌に対する多角的放射線治療の実施(密封小線源治療など)
  • ストロンチウム(Sr-89)を用いた癌性疼痛の緩和療法
  • 高齢者医療における放射線治療の役割研究

近年の主な業績

  1. 高山 誠: 放射線腫瘍学;各論9悪性リンパ腫・白血病、各論10良性疾患、 TEXT放射線医学第2版(蜂屋順一、酒井邦夫、平木祥夫 編)、南山堂、東京、2000
  2. 高山 誠: 放射線治療各論、腎、尿管、癌・放射線療法2002、(大川智彦、田中良明、佐々木武仁 編)、篠原出版新社、東京、2002. P.778-785.
  3. TONARI A, NAKO Y, IKEZAKI H, IKEDA I, KUSUDA J, HARII K , TAKAYAMA M : Effect of breast augmentation after breast-conserving surgery for breast cancer on radiation dose - silicon prosthesis and changes in radiation dose, J Jpn Soc Ther Radiol Oncol 20 ; 155-161, 2008
  4. TONARI A. ITAYA N. Honda K. SOHARA E. KURAI D. OKAGAWA T. TAKAYAMA M.: Effectiveness if isotope therapy in addition to external beam irradiation therapy for pain control due to bone metastases -case report-. J Kyorin Med Soc 45(3):79-82. 2014.
このページのトップへ

PAGE TOP