大学ホーム医学部教員紹介花輪 智子

教員紹介:花輪 智子

氏名
 
花輪 智子
ハナワ トモコ HANAWA, Tomoko
職位 准教授
学内の役職・委員等 医学教育センターアクティブラーニング室担当
病原体等安全管理委員会委員
遺伝子組換え実験安全管理委員会委員
所属教室 感染症学(微生物学)
専攻・専門分野
 (大学院)
病理系専攻 感染症・熱帯病学分野
担当科目(学部) 感染症・免疫学
兼務・兼担 杏林大学大学院国際協力研究科(博士前期課程)
専門分野 感染症学、分子微生物学
研究テーマ 百日咳菌を中心とした環境因子による病原性発現制御機構の解明
略歴 1990年 4月 日清製粉株式会社(医薬部門)生化学研究室
1991年12月 杏林大学医学部助手(微生物学教室)
2005年 4月-2006年3月 ミネソタ大学医学部博士研究員(微生物学研究室)
2007年 4月 杏林大学医学部学内講師
2010年 4月 杏林大学医学部講師
2017年 4月より現職
所有する学位 博士(薬学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Hanawa T, Kamachi K1, Yonezawa H, Fukutomi T, Kawakami H, Kamiya S : Glutamate Limitation, BvgAS Activation, and (p)ppGpp Regulate the Expression of the Bordetella pertussis Type 3 Secretion System. J Bacteriology, 198:343-351, 2016.
2) Oguri S, Hanawa T, Matsuo J, Ishida K, Yamazaki T, Nakamura S, Okubo T, Fukumoto T, Akizawa K, Shimizu C, Kamiya S, Yamaguchi H. Protozoal ciliate promotes bacterial autoinducer-2 accumulation in mixed culture with Escherichia coli. J Gen Appl Microbiol. 61:203-210, 2015.
3) Hanawa T, Yonezawa H, Kawakami H, Kamiya S, Armstrong SK.: Role of Bordetella pertussis RseA in the cell envelope stress response and adenylate cyclase toxin release. Pathog Dis. 69: 7-20, 2013.
4) Sugisaki K, Hanawa T, Yonezawa H, Osaki T, Fukutomi T, Kawakami H, Yamamoto T, Kamiya S.: Role of (p)ppGpp in biofilm formation and expression of filamentous structures in Bordetella pertussis.Microbiology. 159(Pt 7):1379-89, 2013.
5) Brickman TJ, Hanawa T, Anderson MT, Suhadolc RJ, Armstrong SK. Differential expression of Bordetella pertussis iron transport system genes during infection. Mol Microbiol. 70(1):3-14.2008.
所属学会 日本細菌学会、日本分子生物学会、米国微生物学会、日本バイオフィルム学会
公的な委員会等の役員・委員歴 日本バイオフィルム学会理事
このページのトップへ

PAGE TOP