大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ第1内科学教室(腎臓・リウマチ膠原病内科)

研究室・研究グループ紹介:第1内科学教室(腎臓・リウマチ膠原病内科)

第1内科学教室は、呼吸器内科、神経内科、腎臓・リウマチ膠原病内科の3つの診療科グループで構成されています。それぞれ独立して、個性豊かな大学院を運営しています。

腎臓・リウマチ膠原病内科


当研究室は腎臓病学とリウマチ膠原病学を2つの柱にしています。

腎臓病学は原発性糸球体疾患の病理・病態、膠原病・血管炎や糖尿病に伴う二次性腎疾患の発症機序、診断法、治療法に関する研究を行っています。特に ANCA 関連腎炎とループス腎炎に関しては伝統があり、多くの症例が蓄積されています。末期腎不全に対する血液浄化療法では、腎性骨異栄養症の研究、透析中の体液分布の変動に関する研究を行っています。腎臓は他臓器の影響を受けやすい臓器で、全身疾患においても症状を現すことが多いのですが、一方、リウマチ膠原病は全身疾患であり、腎を始め多彩な臓器病変を呈します。その意味では腎臓病とリウマチ膠原病は対極にありながら密接に関連しており、双方を平行して研究することは、極めて効果的であります。

大学院

原則として、最初の2年間は病棟を受け持ち、テーマと臨床の関連を深めます。その後、指導教官と話し合い、一定期間集中して研究、論文作成にあてます。研究は杏林大学で行なう事が基本ですが、本人の希望があれば他施設で行うことも可能です。通常、4年間で学位が授与されています。

当科の代表的な研究テーマ

1 ANCA関連血管炎における糸球体腎炎の発症におけるMPO陽性細胞の役割

MPO-ANCA関連血管炎では高頻度で糸球体腎炎を発症します。この発症メカニズムについては、ANCAおよびサイトカインにより活性化された好中球からMPO(ミエロペルオキシダーゼ)などの酵素が放出され糸球体障害が引き起こされていると考えられていますが、詳細なメカニズムは不明です。我々は糸球体内でMPO陽性細胞と細胞外MPOがどのように局在し、また血管内皮細胞がどのように障害されているかを調べ、MPO陽性細胞が初期の段階から糸球体に浸潤し、その近傍にMPOを放出することを示しました。さらに、二重、三重染色を行って糸球体腎炎発症におけるMPO陽性細胞の役割を同定するとともに、腎炎発症糸球体における好中球の発現遺伝子の解析や、MPO放出に関わるNETs(好中球細胞外トラップ)との関係の解析も現在行っています。

2 進行性腎障害ないし腹膜劣化のメカニズム解明と新しい治療法の開発

我々はこれまで、様々な腎疾患モデルないし分子細胞生物学的手法を用い、腎傷害進展におけるTGF-βや線維化促進因子、酸化ストレスの役割解明を中心とした研究を行ってきました。最近では、東京大学との共同研究で、ループス腎炎マウスの腎臓に新規デリバリーシステムを用いてMAPK抑制遺伝子を導入し、腎炎改善効果を示しました(J Am Soc Nephrol 21: 622-633, 2010)。今後は、腎傷害進展のしくみをより詳細に検討し、新たな腎疾患治療薬を開発していくことを目標にしています。また、腹膜透析患者における、腹膜障害のメカニズムを、実験モデルや腹膜の培養細胞を用いて明らかにする研究も行っていきます。

3 リウマチ膠原病・血管炎症候群における血管内皮前駆細胞の動態

血管炎症候群だけでなく多くのリウマチ膠原病では、自己抗体や免疫複合体・活性酸素などが血管の内皮細胞を傷害することが知られています。この際に、血管内皮前駆細胞(endotherial progenitor cell: EPC)と呼ばれる細胞が血液中から内皮細胞の欠損部位に入り込み修復します。我々はこのEPCがリウマチ膠原病や腎臓病においてどのような動態を示すのかを検討し、CKDにおいてEPC数が減少すること、関節リウマチでは、やや高値を示し、生物製剤による治療を行うとEPC数が減少することを明らかにしました。このように、種々の腎臓・膠原病においてEPCは様々な形で病態に関与している可能性があります。今後、リウマチ膠原病の新しい病態解析法や治療法の確立に役立つことを目指しています。

このページのトップへ

PAGE TOP