大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ病理学教室

研究室・研究グループ紹介:病理学教室

Pathology embraces all the disciplines of medicine (Anderson's Pathology).

病理学はすべての病気のメカニズムを包含する統合の学問です。それゆえ病理学は臨床医学と基礎医学の二面性を持っています。一般に人体を対象とする人体病理学と、動物・細胞を対象とした実験を中心とする実験病理学に分けられ、前者は目の前の患者のために case by case の診断、治療を提供することが使命であるのに対し、後者は将来の患者を助けるために普遍的な原理を見出すことが使命と考えられます。病理学的アプローチの基礎は、病気を“形”の変化としてとらえることにあります。目に見える大きさの変化から、顕微鏡・電子顕微鏡を使わなければならないレベルの細かい変化までを総合して検討します。“形”の変化には極めて豊富な情報が含まれますが、病気のメカニズムの解明には、さらに“働き”の変化の検討をあわせる必要があります。“働き”の変化はたんぱく等の機能分子の変化として、さらにはたんぱくをコードする遺伝子の変化として解析することができます。逆に遺伝子の変化を細胞、さらには個体レベルで解析することも可能です。こうしたアプローチは分子病理学と呼ばれています。

医学研究科病理学教室では人体病理学と実験病理学、さらに分子病理学の立場から、種々の病気のメカニズムの解明に立ち向かっています。研究テーマは幅広く、腫瘍学ばかりでなく、指導教官と相談の上で学生の興味のある分野、疾病をテーマとして選定し研究することができます。研究の基礎として、病理診断および病理解剖を通じて人体病理学的なアプローチの修練をすること(死体解剖資格、病理専門医、細胞診専門医取得可能)は、手術手技をはじめとする case by case の臨床診療技術の向上に直結し、臨床医学を専攻する方にとっても大きな財産となります。また実験および分子病理学的なアプローチの修練をすること(分子生物学的手法、細胞培養、遺伝子改変マウス技術を習得可能)は、遺伝子診断、治療をはじめとする新たな診断、治療法の開発につながると期待されます。そのためには様々なバックグラウンドを持つ多くの学生が、博士課程大学院学生として病理教室に集うことが重要と考えます。病理系病理学分野では、医学部出身者のみならず、歯学部、獣医学部、薬学部出身者や理工学部修士課程修了者が病理学研究に参画することができます。

このような病理診断、研究活動を通して、将来の病理研究者、医科学研究者の育成とともに、臨床医学分野を担う有為な人材を育てることが医学研究科、病理系病理学分野の責務です。病理学教室のスタッフや研究テーマについては大学医学部や病院病理部のホームページに細かく記載されておりますので、御興味のある方はそちらもご覧ください。

最近の所属大学院生の名前が掲載された論文

  1. Ishii J, Yazawa T, Chiba T, Shishido-Hara Y, Arimasu Y, Sato H, Kamma H. PROX1 promotes secretory granule formation in medullary thyroid cancer cells.Endocrinology. 2016 Jan 13:en20151973.
  2. Endo T,Yazawa T,Shishido-Hara Y,Fujiwara M,Shimoyamada H,Ishii J,Sato H,Tachibana K,Takei H,Kondo H,Goya T,Endo S,Kamma H. Expression of developing neural transcription factors in lung carcinoid tumors. Pathol Int. 64:365-374,2014.
  3. Horita A,Kurata A,Ohno S,Shimoyamada H,Saito I,Kamma H,Kuroda M.: Immaturity of smooth muscle cells in the neointima is associated with acute coronary syndrome.Cardiovasc Pathol. 24(1):26-32,2015.
  4. Hirano K,Uno K,Kuwabara H,Kojima K,Ohno SI,Sakurai H,Kamma H,Kurata A: Expression of L-type amino acid transporter 1 in various skin lesions.Pathol Res Pract. 210(10):634-639,2014.
  5. Ishii J, Sato H, Yazawa T, Shishido-Hara Y, Hiramatsu C, Nakatani Y, Kamma H. Class III/IV POU transcription factors expressed in small cell lung cancer cells are involved in proneural/neuroendocrine differentiation.Pathol Int. 2014;64(9):415-422.
  6. Tazaki E, Shishido-Hara Y, Mizutani N, Nomura S, Isaka H, Ito H, Imi K, Imoto S, Kamma H. Histopathological and clonal study of combined lobular and ductal carcinoma of the breast. Pathol Int. 2013;63(6):297-304.
  7. Ishii J, Sato H, Sakaeda M, Shishido-Hara Y, Hiramatsu C, Kamma H, Shimoyamada H, Fujiwara M, Endo T, Aoki I, Yazawa T: POU domain transcription factor BRN2 is crucial for expression of ASCL1, ND1 and neuroendocrine marker molecules and cell growth in small cell lung cancer Pathol Int. 2013 Mar;63(3):158-68.
  8. Sakaeda M, Sato H, Ishii J, Miyata C, Kamma H, Shishido-Hara Y, Shimoyamada H, Fujiwara M, Endo T, Tanaka R, Kondo H, Goya T, Aoki I, Yazawa T (corresponding author). Neural lineage-specific homeoprotein BRN2 is directly involved in TTF1 expression in small-cell lung cancer. Lab Invest 93: 408-421, 2013.
  9. Kashiwagi K, Ishii J, Sakaeda M, Arimasu Y, Shimoyamada H, Sato H, Miyata C, Kamma H, Aoki I, Yazawa T. Differences of molecular expression mechanisms among neural cell adhesion molecule 1, synaptophysin, and chromogranin A in lung cancer cells.Pathol Int. 2012 ;62(4):232-45.
  10. Sakata S, Fujiwara M, Ohtsuka K, Kamma H, Nagane M, Sakamoto A, Fujioka Y.ATP-binding cassette transporters in primary central nervous system lymphoma: decreased expression of MDR1 P-glycoprotein and breast cancer resistance protein in tumor capillary endothelial cells. Oncol Rep 25(2):333-9, 2011.
このページのトップへ

PAGE TOP