大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ物理学教室

研究室・研究グループ紹介:物理学教室

物理学教室のスタッフは、基礎物理学に関連した以下のような研究を進めています。

遠山 満 教授
  • 時間に依存する量子多体問題の手法を用いた低温原子気体や原子核の構造と運動の理論的研究
高原 哲士 講師
  • 平均場理論、密度汎関数法による原子核構造の理論的研究
大谷 宗久 講師
  • 核子および中間子の性質や構造の解析
  • カイラル対称性と質量起源に関する理論的研究

 

業績

  1. Schuck P & Tohyama M: Progress in many-body theory with the equation of motion method: Time-dependent density matrix meets self-consistent RPA and applications to solvable models. Phys. Rev. B 93:165117-1-23, 2016.
  2. Tohyama M & Umar A S: Two-body dissipation effects on the synthesis of superheavy elements. Phys. Rev. C 93: 034607-1-5, 2016.
  3. Delion D S, Schuck P & Tohyama M: Sum-rules and Goldstone modes from extended random phase approximation theories in Fermi systems with spontaneously broken symmetries. Eur. Phys. J. B 89: 45-1-12, 2016.
  4. Takahara S, Tajima N & Shimizu R Y: Nuclear prolate-shape dominance with the Woods-Saxon potential. Phys. Rev. C 86:064323, 2012.
  5. Sano T, Fujii H and Ohtani M: UA(1) breaking and phase transition in chiral random matrix model. Phys. Rev. D80:034007-1-9, 2009.
このページのトップへ

PAGE TOP