大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ泌尿器科学教室

研究室・研究グループ紹介:泌尿器科学教室

科学の進歩による医学の変容、変化する医療環境、新しい治療技術の出現などに対応することを目指して、杏林大学大学院医学研究科外科系泌尿器科学教室では日々、臨床・研究に取り組んでいます。

調和のとれた医療を行うには、それを支える医療知識(科学)・技術(アート)そして倫理観(人間性)が求められます。大学院で行う研究は、その専門性ゆえ、視野が狭くなりがちです。泌尿器科学教室では科学、技術だけでなく、倫理観・人間性にも重きをおいた教育体制を整えております。

泌尿器であつかう臓器は、副甲状腺・副腎・腎臓・尿管・膀胱・尿道・陰茎・陰嚢・精巣・前立腺・精嚢と多種にわたります。現在、大学院では、末梢血循環癌細胞の臨床的応用、前立腺癌の骨転移に対するゲノム創薬、膀胱癌や前立腺癌の遺伝子治療に関する基礎・臨床的研究、泌尿器悪性腫瘍におけるシグナル伝達研究、多発性嚢胞腎に関する研究など、多種にわたっています。

教室スタッフは、皆さんの教室来訪をいつでも歓迎しますので、気楽に見学にきてください。

研究課題

  1. 腫瘍に関連した研究
    1. がん治療用ウイルスを用いたウイルス療法
    2. 末梢血循環癌細胞の遺伝子型と臨床的応用
    3. 腎癌における腫瘍内代謝ヘテロ性に関する研究
    4. 前立腺癌に対する臨床研究
    5. 膀胱癌に対する臨床研究
  2. 腹腔鏡手術に関連した研究
    1. ロボット支援腹腔鏡手術
    2. 泌尿器単孔式腹腔鏡手術
    3. 精巣腫瘍における腹腔鏡下後腹膜リンパ節手術
  3. 多発性嚢胞腎に関連した研究
  4. 尿路結石に関連した研究
  5. 排尿機能に関連した研究
  6. 結節性硬化症に関連した研究

研究サポート体制

  • 当教室専属の実験助手の配備
  • 基礎医学各教室との連携を図り、知識や手技の獲得
  • 大学院生はベッドフリーの期間を設け、研究時間を有効活用
  • 海外留学も視野に入れ、国内だけでなく国外での研究発表
このページのトップへ

PAGE TOP