大学ホーム医学部教室紹介放射線腫瘍学教室

放射線腫瘍学教室

教室スタッフ

教授 江原 威 戸成 綾子

「学部教育」に関する特色

放射線腫瘍学とは放射線治療を通して腫瘍を知る学問であり、あらゆる悪性腫瘍が対象となります。日常臨床では集学的治療の中で、根治治療から対症療法まで病状・病態に応じて放射線治療をどう活かせるのかを追求します。そのためには放射線治療に限らず、腫瘍診断学、内科および外科の臨床腫瘍学、緩和ケア、終末期医療などの幅広い知識と経験が必要になります。これらの知識を包括的に学び、習得するのが放射線腫瘍学です。

放射線治療は手術、化学療法と並んで、がん治療の3本柱ですが、日本では十分に活用されているとは言えません。高齢者のがんが増え、侵襲の少ない放射線治療の重要性は高まっています。需要の多い領域ではありますが、放射線治療の専門医は不足しており、人材の育成は最重要課題と考えています。我々は医学生や研修医への教育を積極的に行います。

地域社会における活動

地域がん診療連携拠点病院として各医療機関からの患者を積極的に受け入れています。また、放射線治療の啓発・普及のための講演活動に協力しています。

研究テーマ

  • 高精度治療による腫瘍制御の改善と正常組織への影響の軽減
  • 寡分割照射(回数の少ない治療)の有効性に関する検討

2019年度に治療機器を大幅に更新したことに伴い、高精度放射線治療への対応能力が高まりました。これらを最大限に活用し、侵襲の少ない治療を開発しています。詳しくは当教室のホームページ(http://kyorinrad.jp/oncology/o_greeting)および大学院のホームページ(http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/graduate/medicine/education/departments/radiation-oncology/)をご覧ください。同時に寡分割照射を積極的に推進しています。これにより高い治療効果、通院の負担軽減などにつながるものと考えます。
また、JCOG、JROSG、NRG oncologyなどの国内外の臨床試験に参加しています。

業績

  1. Ebara T, Ando K, Eishima J, Suzuki M, Kawakami T, Horikoshi H, Tamaki Y: Radiation with concomitant superselective intra-arterial cisplatin infusion for maxillary sinus squamous cell carcinoma. Jpn J Radiol 37(6):494-499, 2019.
  2. Saitoh JI, Shirai K, Mizukami T, Abe T, Ebara T, Ohno T, Minato K, Saito R, Yamada M, Nakano T: Hypofractionated carbon-ion radiotherapy for stage I peripheral nonsmall cell lung cancer (GUNMA0701): Prospective phase II study. Cancer Med 8(15):6644-6650, 2019.
  3. Abe T, Shirai K, Saitoh J, Ebara T, Shimada H, Tashiro M, Okano N, Ohno T, Nakano T: Incidence, risk factors, and dose-volume relationship of radiation-induced rib fracture after carbon ion radiotherapy for lung cancer. Acta Oncol 55(2):163-6, 2016.
  4. Ebara T, Shimada H, Kawamura H, Shirai K, Saito J, Kawashima M, Tashiro M, Ohno T, Kanai T, Nakano T: Dosimetric analysis between carbon ion radiotherapy and stereotactic body radiotherapy in stage I lung cancer. Anticancer Res 34(9):5099-5104, 2014.
  5. Tonari A, Itaya N, Honda K, Sohara E, Kurai D, Okagawa T, Takayama M: Effectiveness if isotope therapy in addition to external beam irradiation therapy for pain control due to bone metastases -case report-. J Kyorin Med Soc 45(3):79-82, 2014.

当教室の詳細は放射線腫瘍学HP http://kyorinrad.jp/oncology/o_greeting をご覧ください。

倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP