Faculty of Medicine学生サポート

皆さんの6年間の学生生活を、学業の面と健康管理の面からサポートします。

学業・生活面でのサポート

  1. 全学年で、担任制度を採用しています。それぞれの学年で、7~9名の教員が、勉学上の助言、長期休学中の連絡、事故発生時の対応、勉強や日々の生活上の悩みの相談など、皆さんの学生生活を多方面からサポートします。
  2. 本学学生にはいろいろな奨学金制度が適用されます。詳しくは、奨学金制度の概要をご覧下さい。奨学金の募集情報は掲示板にも張り出されます。この他に各自治体や各種団体の奨学金制度もあります。奨学金申請に推薦状が必要な場合は、担任に相談して下さい。

健康面でのサポート

身体の健康と心の健康の両面から、皆さんをサポートします。

身体の健康では各学年で年一回の健康診断を施行していますので、必ず受けてください。
校医は総合医療学 岡本 晋 教授です。

感染対策について

医学部キャンパスは大学病院と同じ敷地内にあることから、医学生も病院職員と同様に感染症の予防に努める必要があります。これは自身への感染予防とともに、大学病院全体として患者様への院内感染を防止するという「集団免疫力の向上」の考えに基づくものです。このため、入学早期に全員に麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎・B型肝炎・結核の血液検査を行い、ウイルス抗体陰性者を対象とした集団ワクチン接種の機会も設けています。抗体価やワクチン接種回数が不十分な場合には臨床実習が受けられないこともありますので、可能な限り集団接種の機会を利用してください。(学外などで接種した場合は証明書を提出する必要があります。)

心の健康について

心の健康は、いまや誰もが気になることです。悩みや不安、気分の落込みなどがあるとき、一人で抱え込まずに誰かに相談することで、先がみえてくることが多いです。担任も皆さんの相談に応えますが、学生相談では、臨床心理士・公認心理師のカウンセラーが相談に応じます。お気軽に利用してみてください。専任カウンセラーは保健学部臨床心理学科の五嶋 亜子 講師です。

【学生相談利用方法】予約制ですので以下のいずれかの方法でお申込みください。

①予約専用メールで申込 gaku-sou@ksot.kyorin-u.ac.jp(学生相談専任カウンセラー五嶋講師へ直通)

学生相談室QRコード
  • ※タイトルに「相談希望」、本文に「氏名・所属・学年・電話番号」を記入し、送信してください。
    返信にて、予約日時を決定します。
  • ※初めての方も、利用したことがある方も、メールで申し込めます。
    QRコードからも申し込めます。
  • ②初回相談窓口で申込

  • ※初めての場合は、学生支援課・医学部学生係・三鷹事務室でも申し込めます。
    「学生相談を受けたい」とお伝えくだされば、窓口担当者が学生相談におつなぎします。
    医学部の学生は、学生支援課へ電話で申し込むこともできます(0422-47-8052)。
  • 相談は、月・水:井の頭キャンパス9時~17時・火・木:三鷹キャンパス11時~18時で行っています。木曜日は井の頭キャンパスの場合もあります。学部に関わらず、どちらの相談室でもご利用できます。
  • 対面による相談とオンラインによる相談で対応しております。ご都合に応じてお選びください。
  • 学部に関わらず、どこの初回相談窓口でも、どちらのキャンパスでもご利用できます。
  • 杏林大学在学中の学生はどなたでも利用できます。無料です。
    また、学生についてのご相談であれば、保護者・教職員のみなさまもご利用できます。