大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ消化器・一般外科学教室

研究室・研究グループ紹介:消化器・一般外科学教室

大学院紹介

消化器外科学教室では上部消化管外科、下部消化管外科、肝胆膵外科の3つの診療科に分かれ診療を行っていますが、消化器外科としてまとまってカンファレンスを行い、また、若手外科医の育成や研究指導を行っています。大学院生の行う基礎および臨床研究に対しては3診療科が協力し合い、多方面の基礎研究や臨床研究の成果を世界に発信し続けてきました。

多くの基礎研究は教室の設備で可能ですが、病理学などの基礎系教室、臨床検査医学などの臨床教室、東京大学医科学研究所、国立がん研究センターなどの他施設との共同研究も行っています。4年間という限られた大学院生活の中で、是非、優れた基礎あるいは臨床研究を行い、大学院の学位を取得して頂けるよう、スタッフが全力で支援いたします。

教員紹介

研究室・研究グループ紹介

上部消化管外科

主な研究内容

  • 胃食道逆流症、逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術に関する臨床研究
  • 食道表在癌・早期胃癌内視鏡的治療の臨床的検討
  • 早期胃癌に対する全胃温存腹腔鏡下リンパ節郭清術に関する臨床研究
  • 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術およびロボット支援下腹腔鏡下手術に関する臨床研究
  • 胃・十二指腸粘膜下腫瘍に対する内視鏡的胃全層切除術に関する臨床研究
  • 胃液内癌細胞に関する基礎的研究
  • 胃癌、十二指腸癌、消化管間質腫瘍の腹膜播種に関する基礎的研究
  • 十二指腸腫瘍に対する新しい低侵襲手術の開発
  • 十二指腸上皮性腫瘍における分子生物学的研究
  • 上部消化管悪性狭窄に対する内視鏡的ステント療法に関する臨床研究
  • 早期癌における未分化型癌混在率の病理学的定量測定法の確立
  • 内視鏡治療器具の開発
  • 胃食道逆流症、逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術に関する臨床研究

最近の主な論文報告

  1. Ohki A, Abe N, et at. Gastric washing by distilled water can reduce free gastric cancer cells exfoliated into the stomach lumen. Gastric Cancer. 2018; 21:998-1003.
  2. Abe N, Takeuchi H, Ohki A, Hashimoto Y, Mori T, Sugiyama M. Comparison between endoscopic and laparoscopic removal of gastric submucosal tumor. Dig Endosc. 2018; 30 Suppl 1:7-16.
  3. Takeuchi H, Abe N, Hashimoto Y, Ooki A, Nagao G, et at. Establishment of Pathological Quantitative Method for Determining Undifferentiated Component Ratio in Patients with Differentiated/Undifferentiated Mixed-Type Early Gastric Cancer and Clinical Significance of This Ratio. Gastric Cancer. 2017; 13 [in press]
  4. Abe N, et al. Laparoscopy-assisted full-thickness resection of the duodenum for patients with gastrointestinal stromal tumor with ulceration. Asian J Endosc Surg 2017;10: 388-393.
  5. Abe N, et al. Successful treatment of large adenoma extending close to the papilla in the duodenum by laparoscopy-assisted pancreas-sparing duodenectomy. Asian J Endosc Surg 2016;9:52-56.

肝胆膵外科

主な研究内容

  • 新たな二期的肝切除法Partial TIPE ALPPSに関する臨床研究
  • 肝胆膵外科領域における臨床解剖に関する研究
  • 膵がんに対する周術期化学療法を用いた集学的治療に関する研究
  • 膵頭十二指腸切除におけるIntestinal derotation法の開発
  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍における癌関連分子の免疫組織化学的検討
  • 内視鏡的乳頭括約筋切開術に関する臨床的検討
  • 膵管内乳頭腫瘍、粘液性嚢胞腫瘍における全国調査の分析
  • 膵管内乳頭腫瘍、粘液性嚢胞腫瘍における悪性度評価
  • 膵、胆道癌における癌関連分子の分子生物学的検討
  • 腹腔鏡下尾側膵切除術に関する臨床研究
  • 急性膵炎の重症化や合併症発生に関する臨床研究
  • 膵腫瘍におけるエピジェネティクス蓄積異常の解析
  • 胆道癌におけるシグナル伝達系および細胞周期関連分子の解析
  • 肝内結石症における全国疫学調査の解析
  • 肝内胆管癌偽陽性症例の調査研究
  • 膵石症の全国調査
  • 漿液性嚢胞腺腫における分子生物学的検討
  • 膵Solid peudopapillary neoplasmにおける分子生物学的研究
  • 膵頭部領域のリンパ流の同定
  • 超高解像度腹腔鏡の開発

最近の主な論文報告

  1. Sakamoto Y, et al. Partial TIPE ALPPS for perihilar cancer. Ann Surg 2018; 267:e18-20.
  2. Sakamoto Y, et al. Proposal of a new staging system for intrahepatic cholangiocarcinoma: Analysis of surgical patients from a nationwide survey of Liver Cancer Study Group of Japan. Cancer 2016; 122:61-70.
  3. Suzuki Y, et al. A proposed severity classification system for hepatolithiasis based on an analysis of prognostic factors in a Japanese patient cohort. J Gastroenterol 2018; 53: 854-860.
  4. Suzuki Y, et al: Development and potential utility of a new scoring formula for prediction of malignant intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. Pancreas 2016; 45: 1227-1232.
  5. Nakazato T, et al. Effect of reprimo down-regulation on malignant transformation of intraductal papillary mucinous neoplasm. Pancreas 2018; 47: 291-295.
  6. Kogure M, et al. Deregulation of the histone demethylase JMJD2A is involved in human carcinogesis through regulation ofh te G(1)/S transition. Cancer letter 2013; 336:76-84.
  7. Matsuki R, et al. Parenchymal-sparing hepatectomy for deep-placed colorectal liver metastases. Surgery 2016; 160:1256-63.

下部消化管外科

主な研究内容

  • 癌浸潤と接着因子の関連の基礎的検討
  • 癌先進部診断とリンパ節転移:縮小手術の適応拡大に関する臨床研究
  • 下部直腸癌における自律神経温存手術と術中照射のランダム化臨床治験
  • 直腸癌術後排便機能障害の評価:至適評価基準の検討
  • 画像診断による術前病期診断(MDCT・MRI・EUS・PET-CT)
  • 大腸癌術後補助化学療法(TS-1 vs.ゼロ―ダ):ランダム化臨床治験
  • 進行再発大腸癌における化学療法(第一・第二相臨床治験)
  • クローン病難治性瘻孔における抗TNFα抗体療法
  • 肛門周囲膿瘍・痔瘻画像診断
  • 便失禁・肛門括約筋不全に対するバイオフィードバック療法・外科治療
  • 排便障害に対する直腸肛門機能検査
  • 腸閉塞症例における画像診断
  • Surgical site infectionに関する危険因子の解明/オルニチンと関連因子の検討
  • 低位前方切除術における一時的人工肛門造設に関する多施設研究
  • 新肛門に対する臨床・生理・解剖学的検討
  • 結腸・直腸癌根治切除不能肝転移におけるNeoadjuvant chemotherapy(PhaseⅡ study)
  • プロバイオティクスによる下部消化管手術後の感染予防効果の検討
  • 術後腸管蠕動に対するチューインガムの効果と機序についての研究
  • 大腸癌最深部における癌浸潤の機序の解明と新規分子標的治療薬の開発に関する基礎的研究
  • 癌幹細胞に関する基礎的検討
  • 大腸癌至適腸管切除長に関する多施設共同前向き研究(大腸癌研究会)
  • 術前MRIによる直腸癌側方リンパ節転移の至適診断能の検討(JCOG)
  • StageⅡ/ⅢおよびCROSS1/2の閉塞性大腸癌に対するBridge to Surgery(BTS)大腸ステントの長期予後に関する多施設共同無作為化臨床試験(大腸ステント安全手技研究会)
  • 減圧を要する fStageⅡ/Ⅲ閉塞性大腸癌に対する術前大腸ステントの意義に関する研究(大腸ステント安全手技研究会)
  • 大腸癌における血管新生関連分子の解析研究
  • 穿孔性大腸憩室炎に対する新しい治療指針の検討
  • 人工肛門閉鎖術術後創に対する局所陰圧閉鎖療法の効果に関する多施設共同ランダム化第Ⅱ相試験

最近の主な論文報告

  1. Kishiki T, Kuchta K, Matsuoka H, Sugihara K, Masaki T et al. The impact of tumor location on the biological and oncological differences of colon cancer: Multi-institutional propensity score-matched study. Am J Surg. 2019 Jan;217(1):46-52.
  2. Kishiki T, et al. Optimal Surveillance Protocols After Curatice Resection in Patients With StageIV Colorectal Cancer: A Multicenter Retrospective Study. Dis Colon Rectum. 2018 Jan;61(1):51-57.
  3. Kishiki T, et al. Teaching peroral endoscopic myotomy (POEM) to surgeons in practice: an "into the fire" pre/post-test curriculum. Surgical Endoscopy. 2017 Sep 15
  4. Kishiki T, et al. Goal-setting results in improvement in surgical skills: a randomized controlled trial. Surgery 2016;160:1028-37.
  5. Kishiki T, et al. New Prognostic Scoring System for Incurable Stage IV Colorectal Cancer. Asian Pac J Cancer Prev 2016;17:597-601.

関連する内容が「科目の特長」ページにあります。

このページのトップへ

PAGE TOP