大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ衛生学公衆衛生学教室

研究室・研究グループ紹介:衛生学公衆衛生学教室

現在、当教室では4名の研究生が在籍し、各グループに分かれて、それぞれ研究活動に従事しています。

衛生学部門

木崎節子(教授)、櫻井拓也(講師)、白土健(講師)が、生活習慣病を中心とした肥満・老化関連疾患の病態解明と、その予防法・治療法の開発を目指し研究活動を行っています。

近年、糖尿病などの代謝異常、循環器疾患、癌、神経変性疾患などの肥満・老化関連疾患の炎症性病態が指摘されています。当グループは、炎症反応の中心的細胞であるマクロファージに着目して、炎症反応の制御機構の解析を進めています。加えて、COVID-19における重度炎症機構についての解析も進めています。また、運動は糖尿病をはじめとする生活習慣病の病態改善にきわめて有効な手段です。しかし、単に体重減少や内蔵脂肪減少だけで評価するのでは拾い上げられない重要な効果があると考えられています。そこで、肥満・老化関連疾患に対する運動効果に着目し、脂肪細胞の分化制御や脂肪分解反応調節機構などの解明を進めるとともに、日常的に適度な運動を行うと、全身性の慢性炎症反応を軽減する効果、老化に伴う認知機能の低下に対する防効果、骨格筋から抗肥満細胞として注目されている褐色脂肪細胞への分化を促進する効果があることなどを明らかにしてきました。これらの研究を発展させ、肥満・老化に伴う慢性炎症性病態の解明と有効な運動処方の確立を目指しています。

これまでに在籍した大学院生は、当グループが蓄積してきた生化学、細胞生物学、免疫学などの多彩な手法を用いてオリジナリティのある仕事をインターナショナルな雑誌に載せ、学位を取得し卒業していきました。これからも、内外の研究室との連携をさらに深め、教育、研究を進めていきたいと考えています。

近年の主な業績

  1. Shirato K, Koda T, Takanari J, Sakurai T, Ogasawara J, Imaizumi K, Ohno H, Kizaki T.: Anti-Inflammatory Effect of ETAS®50 by Inhibiting Nuclear Factor-κB p65 Nuclear Import in Ultraviolet-B-Irradiated Normal Human Dermal Fibroblasts. Evid. Based Complement. Alternat. Med. 2018 Jun 3;2018:5072986. doi: 10.1155/2018/5072986.
  2. Shirato, K., Imaizumi, K., Sakurai, T., Ogasawara, J., Ohno, H., Kizaki, T.: Regular Voluntary Exercise Potentiates Interleukin-1β and Interleukin-18 Secretion by Increasing Caspase-1 Expression in Murine Macrophages. Mediators Inflamm. 2017;2017:9290416, 2017.
  3. Sakurai, T., Ogasawara, J., Shirato, K., Izawa, T., Oh-ishi, S., Ishibashi, Y., Radák, Z., Ohno, H., Kizaki, T.: Exercise Training Attenuates the Dysregulated Expression of Adipokines and Oxidative Stress in White Adipose Tissue. Oxid. Med. Cell. Longev. 2017: 9410954, 2017.
  4. Kizaki, T., Sato, S., Shirato, K., Sakurai, T., Ogasawara, J., Izawa, T., Ohira, Y., Suzuki, K., Ohno, H.: Effect of Circadian Rhythm on Clinical and Pathophysiological Conditions and Inflammation. Crit. Rev. Immunol. 35: 261-275, 2015.
  5. Sato, S., Sakurai, T., Ogasawara, J., Takahashi, M., Izawa, T., Imaizumi, K., Tahiguchi, N. and Ohno, H. and Kizaki, T.: A circadian clock gene, Rev-erbα, modulates the inflammatory function of macrophages through the egative regulation of Ccl2 expression. J. Immunol. 192: 407-417, 2014. doi:10.4049/jimmunol.1301982.

このページのトップへ

公衆衛生学部門

当研究部門では、苅田香苗(教授)、吉田正雄(准教授)、苣田慎一(講師)が、主に地域や職域の様々なフィールドから得られた調査データに基づく、生活習慣病、眼疾患、自律神経機能障害、摂食嚥下障害、及び大気汚染の健康影響に関する疫学的研究をすすめています。学外研究機関と連携して調査研究を行い、環境・生活習慣とリスクファクターとの関係を多面的に分析することにより、成人の疾病予防に役立つデータ・情報の提示に努めています。また、ヒト疾患モデルを含む実験動物(有用なモデル生物として注目されているメダカ等)を用いて、環境汚染物質や生活習慣病が関わる病因メカニズムを解明するとともに、疫学研究から得られた仮説を検証し、疾病予防に資する科学的根拠の確立を目指しています。

当部門では現在、以下の3分野を柱として研究活動を進めており、研究成果は日本衛生学会、日本産業衛生学会、日本公衆衛生学会、日本健康学会、国際労働衛生会議(ICOH)、国際疫学会(IEA)、視覚と眼科学研究協会会議(ARVO)等で発表を行っています。

  • 健康影響評価研究:環境汚染物質、主に鉛、水銀、PM2.5、の曝露影響
  • 臨床疫学研究:眼科疾患(屈折異常、高度近視等)、日常生活動作能力(摂食嚥下機能、身体機能、認知機能等)に関する予防研究
  • 分子疫学研究:ヒト疾患モデルを含む水棲生物を用いた生活習慣病・環境汚染物質による障害に関する研究(参照:http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/faculty/medicine/news/2019/10/news191021post-234.php

これまで在籍した大学院生は、生活習慣病関連遺伝子とライフスタイルの相互作用について疫学的アプローチにより解析した研究を行い、学位を取得しました。院生や研究生には、研究意欲向上のためなるべく早い時期に学会発表を体験してもらうことを教育方針としております。

近年の主な業績

  1. Chisada S, Yoshida M, Karita K. Polyethylene microbeads are more critically toxic to the eyes and reproduction than the kidneys or growth in medaka, Oryzias latipes.  Environ Pollut 268 (Pt B):115957, 2021.
  2. Chisada S, Yoshida M, Karita K. Ingestion of polyethylene microbeads affects the growth and reproduction of medaka, Oryzias latipes. Environ Pollut 254(Pt B):113094, 2019.
  3. Karita K, Iwata T, Maeda E, Sakamoto M, Murata K. Assessment of cardiac autonomic function in relation to methylmercury neurotoxicity. Toxics 6(3):38, 2018.
  4. Yoshida M, Take S, Ishikawa M, Kokaze A, Karita K, et al. Association of smoking with intraocular pressure in middle-aged and older Japanese residents. Environ Health Prev Med 19: 100-107, 2014.
  5. Yoshida M, Ishikawa M, Karita K, Kokaze A, Harada M, et al. Association of Blood Pressure and Body Mass Index with Intraocular Pressure in Middle-aged and Older Japanese Residents: A Cross-sectional and Longitudinal Study. Acta Medica Okayama 68: 27-34, 2014.
このページのトップへ

PAGE TOP