大学ホーム医学部教室紹介不整脈先進治療学

不整脈先進治療学講座

講座教員

特任准教授 佐藤 俊明
特任講師 上田 明子

講座概要

2016年4月、難治性不整脈疾患の、正確かつ迅速な診断と、より安全かつ効果的な治療法の確立を目的とした、不整脈先進治療学講座が開設されました。心室頻拍、心房細動、先天性心疾患に合併する治療が困難な不整脈に対して、カテーテルアブレーション及び心臓植込みデバイスによる最新の治療を、循環器内科・不整脈センターと連携して行います。難治性不整脈に対して最新の診療を行うとともに、臨床研究を行い新しい治療方法の確立を目指します。

本講座には、循環器内科・不整脈センターで診療に従事してきた佐藤俊明特任准教授、上田明子特任講師と前田明子看護師が所属しています。

研究課題

  1. アジアで初めて導入したMediGuideシステムによる、侵襲的治療に伴う医療被曝の軽減。

  2. 植込み型除細動器による頻回なショック作動を避けるため、心外膜・心筋深層の不整脈基質に対するカテーテル治療や自律神経修飾による、致死性不整脈の再発予防。

  3. 心臓植込みデバイスの遠隔モニタリングによる、心房細動など無症候性不整脈や心不全悪化の早期発見と、これらデバイス情報の共有による新しい病診・病病連携の確立。

  4. 心臓MRI検査を中心とした、不整脈基質の画像診断

当講座の詳細は、付属病院サイト内不整脈センターのページをご覧下さい。

このページのトップへ

PAGE TOP