大学ホーム医学部教室紹介不整脈先進治療学研究講座

不整脈先進治療学研究講座

講座教員

特任准教授 佐藤 俊明
特任講師 上田 明子 冨樫 郁子

講座概要

2016年4月、難治性不整脈疾患の、正確かつ迅速な診断と、より安全かつ効果的な治療法の確立を目的とした、不整脈先進治療学講座が開設されました。心室頻拍、徐脈性不整脈、心房細動、先天性心疾患に合併する治療が困難な不整脈に対して、カテーテルアブレーション及び心臓植込みデバイスによる最新の治療を、循環器内科・不整脈センターと連携して行います。生理的刺激伝導系ペーシング(ヒス束―左脚領域ペーシング)を日本では先駆けて開始し、徐脈性不整脈に対する治療から、心不全に対する心臓再同期療法の代替療法としての確立を目指しています。器質的心疾患に伴う重症心室頻拍など、他施設で治療困難であった難治性不整脈に対しても心外膜アブレーションを含めた積極的治療を行っています。2014年当院にて本邦第一例めのリードレスペースメーカ植込みがおこなわれました。以降治療を継続するとともに、安全な植込み方法の確立を目指しています。

本講座には、循環器内科・不整脈センターで診療に従事してきた佐藤俊明特任准教授、上田明子特任講師と冨樫郁子特任講師が所属しています。

研究テーマ

  1. 生理的刺激伝導系ペーシング(ヒス束―左脚領域ペーシング)の徐脈性不整脈に対する有用性評価、ならびに心不全治療への応用。
  2. 心室性不整脈治療として、心外膜・心筋深層の不整脈基質に対するカテーテル治療や自律神経修飾による、致死性不整脈の再発予防。洞調律中の基質マッピング上の伝導減衰部位と心室頻拍必須伝導路の関係に関する検討。
  3. リードレスペースメーカ治療の安全性確立と有効性評価。徐脈性不整脈における、リードレスペースメーカ植込み方と電気的指標に関する検討。
  4. アジアで初めて導入したMediGuideシステムによる、侵襲的治療に伴う医療被曝の軽減。
  5. 心臓植込みデバイスの遠隔モニタリングによる、心房細動など無症候性不整脈や心不全悪化の早期発見と、これらデバイス情報の共有による新しい病診・病病連携の確立。

近年の主な業績(5件)

  1. Sato T, Soejima K, Maeda A, Mohri T, Katsume Y, Tashiro M, Momose Y, Nonoguchi N, Hoshida K, Miwa Y, Ueda A, Togashi I.
    Safety of Distal His Bundle Pacing Via the Right Ventricle Backed Up by Adjacent Ventricular Capture.
    JACC Clin Electrophysiol. 2021;7(4):513-521. doi: 10.1016/j.jacep.2020.09.018
  2. Nagashima K, Kaneko Y, Maruyama M, Nogami A, Kowase S, Mori H, Sumitomo N, Fukamizu S, Hojo R, Kitamura T, Soejima K, Ueda A, Otsuka T, Takami M, Tanimoto K, Asakawa T, Kumagai K, Tamura S, Hasegawa H, Ogura K, Kawamura M, Munetsugu Y, Shoda M, Higuchi S, Kanazawa H, Kusa S, Mizukami A, Miyazaki S, Wakamatsu Y, Okumura Y.
    Novel Diagnostic Observations of Nodoventricular/Nodofascicular Pathway-Related Orthodromic Reciprocating Tachycardia Differentiating From Atrioventricular Nodal Re-Entrant Tachycardia.
    JACC Clin Electrophysiol. 2020;6:1797-1807
  3. Ueda A, Soejima K, Nakahara S, Fukuda R, Fukamizu S, Kawamura I, Miwa Y, Mohri T, Katsume Y; other members of the ILAM-PM Study Group.
    Conduction slowing area during sinus rhythm harbors ventricular tachycardia isthmus.
    J Cardiovasc Electrophysiol. 2020;31:440-449. doi: 10.1111/jce.14339.
  4. Sato T, Soejima K, Maeda A, Mohri T, Tashiro M, Momose Y, Komeda M, Nonoguchi N, Hoshida K, Miwa Y, Ueda A, Togashi I.
    Deep Negative Deflection in Unipolar His-Bundle Electrogram as a Predictor of Excellent His-Bundle Pacing Threshold Postimplant.
    Circ Arrhythm Electrophysiol. 2019;12:e007415. doi: 10.1161/CIRCEP.119.007415.
  5. Togashi I, Sato T, Hoshida K, Soejima K.
    Subclinical cardiac perforation caused by a Micra™ leadless pacemaker.
    J Arrhythm. 2018;34:326-328.

当講座の詳細は、付属病院サイト内 不整脈センターのページ をご覧下さい。

寄付者名

バイオトロニックジャパン株式会社

アボットメディカルジャパン合同会社

日本メドトロニック株式会社

倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP