大学ホーム医学部教室紹介心臓血管外科学教室

心臓血管外科学教室

教室専任教員

教授 窪田 博 布川 雅雄
准教授 細井 温 遠藤 英仁
講師 石井 光
助教 池添 亨 土屋 博司 西野 純史
  稲葉 雄亮 芳賀 真 船田 敏子
  寺川 勝也

教室概要

当科は開院以来「胸部外科」として池田晃治教授により開設され、水野 明教授を経て平成3年より須藤憲一教授が担当され、平成23年より窪田博が担当しております。名称も平成14年より「心臓血管外科」と改めました。対象とする研究内容は狭心症および心筋梗塞、心臓弁膜症、胸部大動脈瘤、心腫瘍、先天性心疾患、不整脈(心房細動、ペースメーカー)等の心臓大血管疾患と末梢動脈狭窄(閉塞)、静脈瘤、血液透析用内シャント等の末梢血管疾患の外科治療を中心とした分野を中心に行っております。また静脈閉塞、リンパ管閉塞等の内科的療法の研究も当科で行っております。さらに心臓大血管の手術に必要な補助手段として、体外循環、臓器保護の研究開発は必須であり、内外の先進的研究を検討し、当科にあった方法で臨床成績のさらなる向上に努めるべく研究を行っております。

また末梢血管の分野においても、病態の研究、診断能の向上、治療法の改善等、先進的機器を使用し、臨床的研究を続けております。

学生に対する教育活動の重要性はいうまでもありません。当科は医学部の4~6年生、保健学部看護学科の2年生、看護専門学校の1年生、保健学部救急救命士課程の1年生がカリキュラムに従った対象になります。保健学部、看護学校は講義が中心になりますが、医学部の学生は5年生のBST(bedside teaching)(必須)および6年生のクリニカル・クラークシップ(選択)が臨床実習として非常に大切です。BSTは当科のみではなく、近くの榊原記念病院にも主に先天性の手術見学に行ってもらい、集中的に高レベルの臨床教育を受けさせるようにしております。また夜間、休日等の救急手術にも積極的に参加してもらい、短期間(1週間半)ではありますが密度で補っております。教育方針としては、一人の症例を術前診断、手術適応、手術、術後管理と徹底的に学んでもらうことと、他の症例に対しても、患者さんの了解のもとに、手術室、ベットサイドで講義では接することの不可能であった手術法、手術補助手段、問診、聴診、触診等をグループ全員(6~7人)が参加する形で履修してもらっております。患者さんも大変良く協力してくださり、「頑張って良いお医者さんになってくださいね。」とよく励ましの言葉をかけてくださいます。全体の講義の内容を骨格とすると、BSTのクルズスは肉付けです。少人数で対話形式も取り入れ、より臨床的な知識を能率よく専門のスタッフが教授します。

これらの教育方針は研修医に対しても同様で、外科の専門医を希望しない研修医でも、循環呼吸管理の大切さ、懇切丁寧な指導内容より当科を希望する研修医が多いのですが、人数枠の問題より、希望どおりに回れない方も多いようです。また研修医にも早期より学問的研修を行ってもらうために、地方学会で症例報告の形で発表してもらっております。こういった業績の積み重ねも大切であると思っております。指導するほうは大変ですが。

以上のごとく、臨床の忙しい中でも、教室員一丸となって、研究、教育の実を挙げようと努力をしております。興味のある方はご遠慮なく連絡してください。


研究グループ及び研究課題

研究チームは心臓チームと血管チームの2班に分かれており、心臓チームはさらに成人チームと小児チームに細分されております。


心臓・胸部大動脈チーム

  • 僧帽弁閉鎖不全に対する弁形成術の臨床的研究
  • 胸部大動脈瘤に対するステントグラフトの臨床的基礎的研究
  • 逆行性脳灌流法を改良した間歇的圧増強-逆行性脳灌流法(IPA-RCP)の臨床応用
  • 胸部大動脈瘤に対する術中脳脊髄保護の臨床的研究
  • 心房細動に対するメイズ手術の臨床的基礎的研究及び新たなenergy sourceとして赤外線を用いた凝固装置の開発

血管チーム

  • 下肢深部静脈血栓症を中心とした疾患の超音波による早期診断の臨床的研究
  • 人工血管を使用した血液透析用内シャント術の臨床的研究
  • 遺伝子治療による血管再生法プログラムへの参加

このページのトップへ

PAGE TOP