大学ホーム医学部教室紹介臨床検査医学教室

臨床検査医学教室

教室専任教員

教授 渡邊 卓 大西 宏明
講師 大塚 弘毅
助教 山崎 聡子

教室概要

臨床検査医は検査のプロフェッショナルとして、検査部門の監督を通じて検査の信頼性を確保すること、臨床科の医師に対して専門的立場から助言を行うこと、および臨床のニーズに合致した検査の導入・再編を行うことが主要な業務です。当教室では、実習・講義・見学を通して各種検査の意義と使い方を理解し、疾患相互の鑑別を進め、最終診断に達する思考能力を養うことを目標としています。
当教室の教員は、臨床検査医学に含まれる様々な分野の中で、各自がそれぞれ異なる分野を専門としており、臨床検査医学の多様な内容を広くカバーした教育を行っていることが特色です。また、以下に示した研究にも大きな重点を置いており、これらの研究から得られる最新の知見に基づいた教育を実施しています。さらに、より高度な検査プロフェッショナルとしての臨床検査専門医教育も行っております[杏林大学臨床検査専門研修プログラムへの応募については、医学部付属病院サイト内の支援部門(部・室)「臨床検査部」のページをご参照ください]。

研究テーマ

臨床微生物に関する研究

2009年に、非定型抗酸菌の新菌種であるMycobacterium kyorinense(通称"杏林菌")を発見しました。その後、我が国のみならず他国からも、本菌による感染症の報告が相次いでいます。当教室では、現在、本菌の全ゲノムシーケンスおよび感染症の臨床的な検討を行っており、本菌による感染症の診断、治療法の確立を目標としています。

肝疾患と脂質代謝に関する研究

1)メタボリックシンドロームを中心とする脂質異常・糖尿病・高血圧などの生活習慣病の病勢を超音波検査により評価する研究 2)慢性肝疾患における肝障害に対する炎症関連遺伝子の影響や生理活性物質との関係に関する研究 3)脂肪酸組成と疾患発症や病勢との関係に関する研究などを行っています。

肺癌研究

肺癌の発癌遺伝子リスクを精密に把握し、そのリスクに基づいて肺癌の予防や早期発見早期治療を行う新しい医療「先制医療」を目指して、肺癌リスクGermline遺伝子変異診断開発の研究を行っています。また肺癌の分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤の効果を予測するバイオマーカー研究も行っています。さらに筑波大、産総研、東工大との共同研究により、肺癌創薬の基盤となるEGFR変異蛋白の「動的な」分子シミュレーション研究も行っています。

がんゲノム診断研究

がんのプレシジョンメディシンを目指して次世代シーケンスや第4世代シーケンス(ナノポアシーケンス)によるがんの網羅的遺伝子異常診断や血液、髄液など液性検体を用いたリキッドバイオプシーの研究を行っています。微量検体からでも遺伝子診断ができるように全ゲノム増幅法研究にもチャレンジしています。

近年の主たる業績

  1. Watanabe K, Kishino T, Sano J, Ariga T, Okuyama S, Mori H, Matsushima S, Ohtsuka K, Ohnishi H, Watanabe T. Relationship between epicardial adipose tissue thickness and early impairment of left ventricular systolic function in patients with preserved ejection fraction. Heart Vessels. 2016 Jun;31(6):1010-5.
  2. Ohtsuka K, Ohnishi H, Nozaki E, Pais Ramos J, Tortoli E, Yonetani S, Matsushima S, Tateishi Y, Matsumoto S, Watanabe T. Whole-Genome Sequence of Mycobacterium kyorinense. Genome Announc. 2014 Oct 16;2(5). pii: e01062-14.
  3. Matsushima S, Ohtsuka K, Ohnishi H, Fujiwara M, Nakamura H, Morii T, Kishino T, Goto H, Watanabe T. V843I, a lung cancer predisposing EGFR mutation, is responsible for resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors. J Thorac Oncol. 2014 Sep;9(9):1377-84.
  4. Ohnishi H, Yonetani S, Matsushima S, Wada H, Takeshita K, Kuramochi D, Caldas PC, Campos CE, da Costa BP, Ramos JP, Mikura S, Narisawa E, Fujita A, Funayama Y, Kobashi Y, Sakakibara Y, Ishiyama Y, Takakura S, Goto H, Watanabe T. Mycobacterium kyorinense infection. Emerg Infect Dis. 2013 Mar;19(3):508-10.
  5. Ohnishi H, Watanabe M, Watanabe T. Butterfly needles reduce the incidence of nerve injury during phlebotomy. Arch Pathol Lab Med. 2012 Apr;136(4):352.
このページのトップへ

PAGE TOP