大学ホーム医学部教室紹介皮膚科学教室

皮膚科学教室

教室専任教員

教授 大山 学 水川 良子
講師 倉田 麻衣子 木下 美咲
助教 佐藤 洋平 下田 由莉江 福山 雅大
  青木 孝司 木村(齋藤) 真衣

教室概要

当皮膚科学教室は教室員一同力を合わせこれまで培ってきた「杏林皮膚科学」を大切にしつつ、常に向上心をもって診療、教育、研究に取り組んでいます。

診療では皮膚科学の最新の知見、特に進歩の著しいアレルギー性疾患、脱毛症や水疱症をはじめとする自己免疫性疾患、炎症性角化症、皮膚悪性腫瘍などの難治性疾患の病態理解に基づく新しい治療法を取り入れ高次医療機関に期待される機能を保ちつつも、心の通った患者さん方のニーズに応える診療、病診連携を心掛け、地域医療への貢献に努めています。

教育では皮膚科の実践的知識の習得を目指して指導しています。皮膚科医を目指す専攻医プログラムでの入職者については指導医との密なコミュニケーション通じて日本皮膚科学会認定皮膚科専門医の取得を目指し、達成できるようサポートしていきます。

研究では独自の視点から、重症薬疹、難治性脱毛症、アトピー性皮膚炎、などの病態を明らかにしつつ、治療法の最適化、新規治療法の提案を行ってきました。これらの活動を通じて多くの学位取得者、学会賞受賞者などを輩出しています。

当教室の大きな特徴として女性医師の比率の高さがあげられます。女性医師を取りまく職場環境は未だに十分整備されているとは言いがたく、未だ結婚・出産によりやむを得ず離職する事例が依然として見られます。当教室はできる限り育児支援、復職支援体制を整え女性医師が働きやすい環境を提供できるよう努力していきます。

教育の特色

多くの医学生・研修医を受け入れ「皮膚に症状が現れる疾患はすべて診る」ポリシーのもと、皮膚科学の実践的知識の習得を目指して指導しています。特に、重症皮膚疾患の集学的治療、全身管理、皮膚悪性腫瘍の外科的治療など大学病院ならではといえる治療を体験することにより外来診療では見えにくい皮膚科学のダイナミズムを伝えることに力を入れています。

研究テーマ

研究では既存の視点にこだわらず、杏林皮膚科ならではといえる再生医学、免疫学の手法を組みあわせた独創的なアプローチにより、疾患の病態を明らかにしつつ、さらに安全かつ有効な治療のための最適化、新規治療法の提案を行ってきました。研究のテーマとして1)皮膚疾患(難治性脱毛症、重症薬疹、皮膚悪性腫瘍)の病態把握・予後予測に役立つバイオマーカー・因子の同定 2)皮膚疾患モデルの作成とそれを用いた新規治療法の開発 3)組織幹細胞、ヒトiPS細胞を用いた皮膚付属器再生技術の確立4)発汗と皮膚疾患・感染症と皮膚疾患の関連性の解明 などがあげられます。実学を重んじ、臨床に還元可能な研究を行うことを心掛けています。

近年の主な業績(5件)

  1. Shimoda-Komatsu Y, Yamazaki Y, Kimishima M, Tsukashima A, Ohyama M: Digital-immunohistological dissection of immune privilege collapse in syringotropic autoimmune diseases: an implication for the pathogenesis. J Dermal Sci 101(1): 30-39, 2021.
  2. Sato Y, Kinoshita-Ise M, Fukuyama M, Yamazaki Y, Ohyama M: Development of a scoring system to predict outcomes of i.v. corticosteroid pulse therapy in rapidly progressive alopecia areata adopting digital image analysis of hair recovery. J Dermatol 48(3): 301-309, 2021.
  3. Shimoda-Komatsu, Y, Mizukawa Y, Takayama N1, Ohyama M (1The Second Department of Internal Medicine, Kyorin University): Cutaneous adverse events induced by azacitidine in myeodysplastic syndrome patients: case reports and a lesson from literature review. J Dermatol 47(4): 363-368, 2020.
  4. Fukuyama M, Kinoshita-Ise M, Sato Y, Ohayama M: Elucidation of demographic, clinical, and trichoscopic features of self-healing acute diffuse and total alopecia facilitating the early differential diagnosis. J Dermatol 47(6): 583-591, 2020.
  5. Mizukawa Y, Hirahara K, Kano Y, Shiohara T. Drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms severity score: A useful tool for assessing disease severity and predicting fatal cytomegalovirus disease.<https://www-ncbi-nlm-nih-gov.ezproxy.kyorin-u.ac.jp/pubmed/30240780> J Am Acad Dermatol. 80:670-678, 2019.
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP