大学ホーム医学部教室紹介高齢医学教室

高齢医学教室

教室専任教員

教授 神崎 恒一 大荷 満生 長谷川 浩
准教授 海老原 孝枝
助教 井上 慎一郎 長田 正史 輪千 督高

教室概要

高齢医学教室は高齢者を専門に診る診療科・講座として、1983年に開設されました。高齢医学教室の使命は、(1)永く元気で暮らすこと"健康寿命の延伸"(予防医学)、(2)肺炎、心不全など急病になった際の治療(急性疾患の医療の提供、管理)、(3)医療と同時に、生活に介助が必要になった方々に対して介護・福祉(介護保険、地域資源の効率的な利用)を提供するための橋渡し、(4)重病や高度な認知症などのために心身の廃用が進み、遠からず最期を迎えるであろう方々にどのような医療、看護、介護を提供するか(社会学や哲学の要素が入ってきます)を考えることです。このように高齢医学は多くの知識と経験が必要な専門分野です。我々の目標は、高齢者の生活への満足(well-being)を探求することです。


教育の特色

老年医学を専攻する教室は日本の大学のなかで限られており、多くの大学では非専門の教員が老年医学教育に従事しているのが実情です。杏林大学医学部高齢医学は東京大学医学部老年病学教室と並ぶ数少ない単独の老年医学教室であり、老年医学教育の重要拠点です。

当教室では鳥羽前教授が普及に尽力した高齢者総合機能評価(CGA)を柱として、多病で心身の機能が衰えた高齢者を「病気ではなく、人間として見る」教育を最も大切にしています。そのためには、CGAや心身の機能が衰えを評価するサルコペニア・フレイルの考え方や対処の仕方について教育するよう心がけています。


研究テーマ

当教室ではより良質な高齢者医療を提供するために次の研究を行っています。

「AI を用いたチャットボットによる高齢者に対する情緒的支援に関する研究」、「コグニティブフレイルの臨床的意義解明のための総合研究」、「高齢者肺炎における、DPP-IV阻害剤のpros and cons」、「最新の脳血管機能評価法の認知症への応用」、「フレイル高齢者のレジストリ研究及びロコモ、サルコペニアを含めた病態解明及び予防介入法の確立を目指した臨床ならびに関連研究」「併存疾患に注目した認知症重症化予防のための研究」などです。

近年の主な業績(5件)

  1. T Ebihara, T Miyamoto, K Kozaki:Prognostic factors of 90-day mortality in older people with healthcare-associated pneumonia.Geriatr Gerontol Int 20(11):1036-1043,2020.DOI: 10.1111/ggi.14036.
  2. 神﨑恒一:フレイルの定義・診断.日本医師会雑誌 148(8):1471-1473,2019.
  3. T Miyamoto, T Ebihara, K Kozaki:The association between eating difficulties and biliary sludge in the gallbladder in older adults with advanced dementia, at end of life.PLOS ONE 14:e0219538,2019.
  4. T Miyazawa,S Shibata,K Nagai,A Hirasawa,Y Kobayashi,H Koshiba,K Kozaki: Relationship between cerebral blood flow estimated by transcranial Doppler ultrasound and single photon emission computed tomography in elderly with dementia..J Appl Physiology 125:1576-1584,2018.
  5. T Obara,K Nagai,A Hirasawa,S Shibata,H Koshiba,H Hasegawa,T Ebihara,K Kozaki:Relationship between cerebral White Matter Hyperintensities and Sympathetic Nervous Activity in elderly:Geriatr Gerontol Int. 18(4): 569-575,2018.
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP