大学ホーム医学部教室紹介高齢医学教室

高齢医学教室

教室専任教員

教授 神崎 恒一
准教授 大荷 満生 長谷川 浩 海老原 孝枝
  柴田 茂貴
助教 井上 慎一郎 長田 正史

教室概要

高齢医学教室は高齢者を専門に診る診療科・講座として、1983年に開設されました。高齢医学教室の使命は、(1)永く元気で暮らすこと"健康寿命の延伸"(予防医学)、(2)肺炎、心不全など急病になった際の治療(急性疾患の医療の提供、管理)、(3)医療と同時に、生活に介助が必要になった方々に対して介護・福祉(介護保険、地域資源の効率的な利用)を提供するための橋渡し、(4)重病や高度な認知症などのために心身の廃用が進み、遠からず最期を迎えるであろう方々にどのような医療、看護、介護を提供するか(社会学や哲学の要素が入ってきます)を考えることです。このように高齢医学は多くの知識と経験が必要な専門分野です。我々の目標は、高齢者の生活への満足(well-being)を探求することです。


研究グループ及び研究課題

高齢医学教室では現在さまざまな研究をおこなっています。以下にそのいくつかを列挙します。すべてより良い高齢者医療を提供するための研究です。「認知症地域包括ケア実現を目指した地域社会創生のための研究」、「地域要因に基づいた在宅医療・介護連携推進に関する研究-汎用性の高い在宅医療・介護連携推進・ガイドラインの作成」、「地域包括ケアにおける摂食嚥下および栄養支援のための評価ツールの開発とその有効性に関する検討」、「適時適切な医療・ケアを目指した、認知症の人等の全国的な情報登録・追跡を行う研究」、「身体活動の促進が認知症予防に対する効果についての検証」、「要介護高齢者、フレイル高齢者、認知症高齢者に対する栄養療法、運動療法、薬物療法に関するガイドライン作成に向けた調査研究」、「フレイル高齢者のレジストリ研究及び地域高齢者におけるフレイル予防プログラムの開発・検証」、「高齢者における認知症や脳血管障害の発症に脳小血管病が関与する臨床的意義の解明」「レビー小体関連変性疾患の呼吸感覚モダリティー解明と、誤嚥性肺炎発症の連関」、「経頭蓋超音波ドップラ法による認知機能障害患者の血流動体に関する研究」、などです。

近年の主な業績

  1. Kumiko Nagai, Shigeki Shibata, Masahiro Akishita, Noriko Sudoh, Toshimasa Obara, Kenji Toba, Koichi Kozaki. Efficacy of combined use of three non-invasive atherosclerosis tests to predict vascular events in the elderly; carotid intima-media thickness, flow-mediated dilation of brachial artery and pulse wave velocity. Atherosclerosis 231(2): 365-370,2013.
  2. 神﨑恒一:認知症高齢者の転倒と骨折.Dementia Japan 29(4):560-570,2015.
  3. Kumiko Nagai, Hitomi Koshiba, Shigeki Shibata, Toshifumi Matsui and Koichi Kozaki:Correlation between the serum eicosapentanoic acid-to-arachidonic acid ratio and the severity of cerebral white matter hyperintensities in older adults with memory disorder.Geriatr Gerontol Int 15 (Suppl. 1):48-52,2015.
  4. 神﨑恒一:運動と認知症予防.神経治療学32(6):923-926,2015.
  5. 田中政道,神﨑恒一:.認知症とフレイル.サルコペニアとフレイル.編集 荒井秀典.大阪,医薬ジャーナル社,2015.121-132.
このページのトップへ

PAGE TOP