大学ホーム医学部教室紹介腫瘍内科学教室

腫瘍内科学教室

教室専任教員

教授 古瀬 純司 長島 文夫
助教 岡野 尚弘 河合 桐男

教室概要

最近のがん診療の分野は腫瘍学(oncology)として目覚ましく進歩しており、oncology全体を体系立てた教育や診療・研究の必要性が高まってきています。特にがん薬物療法の進歩は著しく、有効性も向上した一方、適応や毒性など益々複雑となっています。分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬など新しい概念の治療薬も次々と登場してきました。がん治療では、臓器や治療手段にとらわれず包括的な視野で捉えて、研究や教育、実際の診療を行っていくことが重要となってきています。

2008年3月、杏林大学医学部に内科学のひとつとして腫瘍内科学が開設され、薬物療法を中心にがん治療の診療、研究、教育を行っています。がん制圧のためには多方面からのアプローチと協力による多業種間チーム医療が必須です。腫瘍内科学教室は包括的ながん教育・研究・診療の中心的役割を果たしています。

教育

腫瘍内科学では、講義やカンファレンスを通じてがん薬物療法を含めたがん治療の基礎知識、適応、方法、副作用とその対策などを学びます。さらに病棟及び外来において、患者やその家族と接し、実際の治療だけでなくがん診療で大切な心の通った医療を学びます。

当腫瘍内科学教室では、主に食道、胃、大腸、肝、胆道、膵などの消化器がん、肺がん、原発不明がんを扱います。

教育の特色

腫瘍内科では、固形がんに対して薬物療法を主体とした治療を行います。カンファレンスにより、個々の患者さんの状態に応じた適切な治療選択を検討します。最新の研究データやエビデンスを重視し、進行度だけでなく、年齢、全身状態、合併症、さらに社会的な背景も考慮し、薬物療法だけでなく、切除手術、放射線治療、症状緩和治療など適切な治療方針を出席者全員で議論することは、がん治療を学ぶ大切な機会になります。


研究テーマ

  1. 肝・胆道・膵がんに対する標準治療の確立
  2. 消化器がんにおけるバイオマーカーの発現に基づいた薬物療法の確立
  3. 高齢がん患者における高齢者総合的機能評価の確立とその応用に関する研究
  4. がんの遺伝子変異と薬物療法の開発に関する研究
  5. 新規抗がん剤の早期開発と薬物動態の研究

近年の主な業績(5件)

  1. Ioka T, Furuse J, Fukutomi A, Mizusawa J, Nakamura S, Hiraoka N, Ito Y, Katayama H, Ueno M, Ikeda M, Sugimori K, Okano N, Shimizu K, Yanagimoto H, Okusaka T, Ozaka M, Todaka A, Nakamori S, Tobimatsu K, Sata N, Kawashima Y, Hosokawa A, Yamaguchi T, Miyakawa H, Hara H, Mizuno N, Ishii H; Hepatobiliary and Pancreatic Oncology Group (HBPOG) of Japan Clinical Oncology Group (JCOG). Randomized phase II study of chemoradiotherapy with versus without induction chemotherapy for locally advanced pancreatic cancer: Japan Clinical Oncology Group trial, JCOG1106. Jpn J Clin Oncol 2021;51(2):235-243.
  2. Okano N, Naruge D, Kawai K, Kobayashi T, Nagashima F, Endou H, Furuse J. First-in-human phase I study of JPH203, an L-type amino acid transporter 1 inhibitor, in patients with advanced solid tumors. Invest New Drugs 2020;38(5):1495-1506
  3. Nakamura Y, Taniguchi H, Ikeda M, Bando H, Kato K, Morizane C, Esaki T, Komatsu Y, Kawamoto Y, Takahashi N, Ueno M, Kagawa Y, Nishina T, Kato T, Yamamoto Y, Furuse J, Denda T, Kawakami H, Oki E, Nakajima T, Nishida N, Yamaguchi K, Yasui H, Goto M, Matsuhashi N, Ohtsubo K, Yamazaki K, Tsuji A, Okamoto W, Tsuchihara K, Yamanaka T, Miki I, Sakamoto Y, Ichiki H, Hata M, Yamashita R, Ohtsu A, Odegaard JI, Yoshino T. Clinical utility of circulating tumor DNA sequencing in advanced gastrointestinal cancer: SCRUM-Japan GI-SCREEN and GOZILA studies. Nat Med 2020;26(12):1859-1864
  4. Morizane C, Okusaka T, Mizusawa J, Katayama H, Ueno M, Ikeda M, Ozaka M, Okano N, Sugimori K, Fukutomi A, Hara H, Mizuno N, Yanagimoto H, Wada K, Tobimatsu K, Yane K, Nakamori S, Yamaguchi H, Asagi A, Yukisawa S, Kojima Y, Kawabe K, Kawamoto Y, Sugimoto R, Iwai T, Nakamura K, Miyakawa H, Yamashita T, Hosokawa A, Ioka T, Kato N, Shioji K, Shimizu K, Nakagohri T, Kamata K, Ishii H, Furuse J. Combination gemcitabine plus S-1 versus gemcitabine plus cisplatin for advanced/recurrent biliary tract cancer: The FUGA-BT (JCOG1113) Randomized Phase III Clinical Trial. Ann Oncol 2019;30(12):1950-1958.
  5. Ueno M, Ikeda M, Morizane C, Kobayashi S, Ohno I, Kondo S, Okano N, Kimura K, Asada S, Namba Y, Okusaka T, Furuse J. Nivolumab alone or in combination with cisplatin plus gemcitabine in Japanese patients with unresectable or recurrent biliary tract cancer: a non-randomised, multicentre, open-label, phase 1 study. Lancet Gastroenterol Hepatol 2019;4(8):611-621.
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP