大学ホーム医学部教室紹介腫瘍内科学教室

腫瘍内科学教室

教室専任教員

教授 古瀬 純司
准教授 長島 文夫
助教 春日 章良 成毛 大輔

教室概要

最近のがん診療の分野は腫瘍学(oncology)として目覚ましく進歩しており、oncology全体を体系立てた教育や診療・研究の必要性が高まってきています。特にがん化学療法の進歩は著しく、有効性も向上した一方、適応や毒性など益々複雑となっています。分子標的薬など新しい概念の治療薬も次々と登場してきました。 がん治療では、臓器や治療手段にとらわれず包括的な視野で捉えて、研究や教育、実際の診療を行っていくことが重要となってきています。
2008年3月、杏林大学医学部に内科学のひとつとして腫瘍内科が開設され、化学療法を中心にがん治療の診療、研究、教育を行っています。がん制圧のためには多方面からのアプローチと協力による多業種間チーム医療が必須であり、病理学、薬理学などの基礎医学、外科、内科、放射線科などの臨床医学、さらに薬剤部、看護部、ソーシャルワーカーなどなど多くの部門の協力が進められています。腫瘍内科は、そのような包括的ながん教育・研究・診療の中心的役割を果たしています。
最近、がん治療の中でも化学療法専門医の必要性が高まっています。大学医学部・病院という医師を育てる教育機関として、科学的根拠に基づいたがん化学療法を確実に行える専門医の育成にも力を入れていく必要があります。多くのがん治療薬を体系立てて、それぞれの特徴を十分理解し、実践することが重要です。たくさんの患者さんと接し、ひとりひとりの治療方針や状況をよく考え、ディスカッションすることでがん治療の専門家として成長していきます。当腫瘍内科はがん診療全体を理解した上で、科学的根拠に基づいた医療を行うことと、ひとりひとりの患者さんを大切にするという理念を持って診療と教育に当たっています。
現在、ほとんどの切除不能の進行がん治療において化学療法は不可欠な役割を果たしています。しかし、その治療効果はまだまだ十分とはいえず、世界中で新しい化学療法の開発がしのぎを削って行われています。新しい標準治療の確立のためには質の高い臨床試験が必要です。特に新規抗がん剤は国際共同試験が必須の時代となってきました。日本での開発が世界と同時進行で行われる、さらに世界を引っ張っていくために、我々腫瘍内科も積極的に臨床研究を進めています。

杏林大学病院がんセンター

最新の科学的根拠に基づいたがん治療を適切に提供する場として、2008年4月、杏林大学医学部付属病院にがんセンターが開設されました。杏林大学病院がんセンターは、腫瘍を取り扱う全ての診療科、薬剤部、看護部、緩和ケアチーム、がん相談支援から組織されています。がんセンターは、1)集学的治療と各科専門分野の診療機能の充実、2)外来化学療法とがん薬物治療専門病棟、化学療法レジメン評価などの体制、3)緩和医療、4)がん医療相談支援、5)キャンサーボードによる治療方針の検討、6)地域医療機関との連携、7)院内がん登録を基本的な柱としています。腫瘍内科はその中心的役割を果たしており、がんセンターがさらに充実・発展するよう努めています。

教育

腫腫瘍内科学の第一段階は、講義、カンファレンス、勉強会を通じてがん化学療法の一般的基礎、適応、方法、副作用とその対策などを学ぶことです。さらにがん化学療法の現場である病棟及び外来において、患者やその家族と接し、実際の治療だけでなくがん診療で大切な心の通った医療を学ぶ必要があります。
初期研修は、食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膵・胆道がんなど消化器がんを中心にがん診療全体と化学療法について、理論的根拠や標準治療を理解し、実践し、化学療法の開発のための臨床試験の基本的な事項を学びます。さらに、化学療法の治療効果や副作用の評価と対策、2次、3次治療、緩和治療など包括的ながん診療を実践し、臨床試験に直接関与することで化学療法の開発にも参加します。<br /> 研究としてはそれぞれのテーマに沿って、国内はもちろん国際学会を始めとする学会発表や英語論文の作成を行います。積極的に米国臨床腫瘍学会(ASCO)などの国際学会にも出席し、国際的な視野に立った腫瘍内科医を目指していきます。腫瘍内科の窓は世界に向かって開いています。また内科学会による内科認定医や日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医などの取得を必須目標とします。

近年の主な業績

  1. Furuse J, Ishii H, Okusaka T. The hepatobiliary and pancreatic oncology (HBPO) group of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG): History and future direction. Jpn J Clin Oncol 2013;43(1):2-7
  2. Furuse J, Kasuga A, Takasu A, Kitamura H, Nagashima F. Role of chemotherapy in treatments for biliary tract cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2012;19(4):337-41.
  3. Furuse J, Nagashima F. Inhibitor of MEK1/2, selumetinib, for biliary tract cancer. Expert Rev Gastroenterol Hepatol 2011;5(5):579-81.
  4. Okusaka T, Furuse J, Funakoshi A, Ioka T, Yamao K, Ohkawa S, Boku N, Komatsu Y, Nakamori S, Iguchi H, Ito T, Nakagawa K, Nakachi K. Phase II study of erlotinib plus gemcitabine in Japanese patients with unresectable pancreatic cancer. Cancer Sci 2011;102(2):425-31.
  5. Furuse J. Targeted therapy for biliary-tract cancer. Lancet Oncol 2010;11(1):5-6.
このページのトップへ