大学ホーム医学部教室紹介放射線医学教室

放射線医学教室

教室専任教員

教授 横山 健一
准教授 町田 治彦
講師 片瀬 七朗 増田 裕
助教 林 真弘 大原 有紗 立石 秀勝
  五明 美穂 苅安 俊哉

教室概要

現代医療においては、病気を正確に診断・治療していく上で、放射線医学は非常に重要な役割を担っています。放射線医学は放射線診断部門、核医学診療部門、放射線治療部門より構成されており、中央検査部門として病院を支えています。画像診断には単純写真の他、消化管造影検査、CT、MRI、血管造影など様々なものが含まれ、血管造影の手法を応用した治療:IVR(インターベンショナル ラジオロジー)も画像診断の領域です。核医学とは放射性同位元素(アイソトープ)を用いて、主に機能面からの画像診断を行う領域です。当教室では、いち早く画像のフィルムレス化、中央管理化にも取り組み、頭部から四肢にいたる全身においてのトップレベルの診療、教育、研究を行い、各診療科との協力のもとに地域医療の向上に日夜取り組んでいます。

教室の社会的活動

以下の学会・研究会の活動・運営に参加し、研究成果の公表を行なっています。

  • 東京MRI 研究会
  • 多摩神経放射線研究会
  • 多摩 画像診断とIVRセミナー
  • 多摩画像医学カンファレンス
  • 吉祥寺画像診断セミナー

研究グループ及び研究課題

脳神経・脊髄・頭頚部領域

片瀬七朗、五明美穂、大原有紗
ASLの頭部疾患への応用, MR拡散tractographyの臨床応用
頭蓋内血管壁imaging
short TE MRS, perfusion imagingを用いた脳腫瘍の質的診断


呼吸器領域

横山健一
MDCTの呼吸器疾患への応用


心大血管領域

横山健一、苅安俊哉
MRIを用いた循環器疾患診断, 冠動脈MRA・CTA、血栓塞栓性肺高血圧症のCTによる肺還流評価


腹部領域

仲村明恒、立石秀勝
EOBを用いた肝腫瘤性病変の画像診断、早期胃癌の画像診断


骨軟部領域

林真弘、本谷啓太
脊椎MRIにおける自動断面設定支援の研究


Interventional radiology (IVR)

増田裕、立石秀勝、苅安俊哉、黒木一典
Dynamic Density Optimization(DDO)を用いたMotion Artifact低減の検討


核医学検査

今井昌康、苅安俊哉、西川真木子
核医学検査を用いた認知症の鑑別診断、予後予測に関する研究

近年の主な業績

  1. 五明美穂,土屋一洋,立石秀勝他: リンパ腫様肉芽腫症 3 例の MRI 所見 . CI 研究 33(3-4):161-166, 2012.
  2. 大原有紗:画像診断ガイドライン2013年 版 日本医学放射線学会,日本放射線科専門医会・ 医会編. 東京, 金原出版株式会社, 2013.
  3. Yokoyama K, Kariyasu T, Kurara S, et al: Influence of MRI-Conditional Cardiac Pacemakers on Quality and Interpretability of Images Acquired in 1.5-T Cardiac MRI. International Journal Of Clinical Cardiology 2 (2):1-7,2015.
  4. Yokoyama K, Nitta S, Kuhara S, et al. Automatic slice-alignment method in cardiac magnetic resonance imaging for evaluation of the right ventricle in patients with pulmonary hypertension. AIP Advances 5, 097182 (2015); doi: 10.1063/1.4932210.
  5. 横山健一: 画像診断ガイドライン2013年版、2016年版. 日本医学放射線学会,日本放射線科専門医会・ 医会編. 東京, 金原出版株式会社, 2013、2016.
このページのトップへ

PAGE TOP