大学ホーム医学部教員紹介勝目 有美

教員紹介:勝目 有美

氏名
 
勝目 有美
カツメ ユミ KATSUME, Yumi
職位 助教
所属教室 循環器内科学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 内科学分野(循環器内科学)
専門分野 不整脈、カテーテルアブレーション
研究テーマ カテーテルアブレーションにおける合併症および予防に関する検討
動態撮影によるクライオバルーンアブレーション後の横隔神経麻痺の経過に関する検討
略歴 <経歴>
2012年3月杏林大学医学部医学科 卒業
2014年3月杏林大学医学部付属病院 臨床研修修了
2014年4月杏林大学医学部 循環器内科学 医員
2017年4月仙台厚生病院心臓血管センター循環器内科 後期研修(1年出向)
2021年4月杏林大学医学部 循環器内科学 助教

<受賞歴>
平成25年度杏林大学医学部付属病院ベスト研修医
第30回日本冠疾患学会学術集会Wine & Cheese最優秀演題賞
平成29年度杏林大学医学部付属病院マイ・ベスト指導医
平成30年度杏林大学医学部付属病院マイ・ベスト指導医
第50回臨床心臓電気生理研究会優秀演題賞
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Katsume Y, Miwa Y, Ueda A, Soejima K: Underdiagnosis of phrenic nerve palsy caused by cryoballoon ablation for atrial fibrillation with upright position chest radiography: usefulness of supine position dynamic chest radiography. Europace 9;23(10):1567, 2021.
2.Katsume Y, Ueda A, Mohri T, Tashiro M, Momose Y, Nonoguchi N, Hoshida K, Miwa Y, Togashi I, Sato T, Soejima K: Assessing the perforation site of cardiac tamponade during radiofrequency catheter ablation using gas analysis of pericardial effusion. Heart Rhythm O2 1(4):268-274, 2020.
3. Katsume Y, Isawa T, Toi Y, Fukuda R, Kondo Y, Sugawara S, Ootomo T: Complete Atrioventricular Block Associated with Pembrolizumab-induced Acute Myocarditis: The Need for Close Cardiac Monitoring. Internal Medicine 57(21):3157-3162, 2018.
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP