大学ホーム医学部教員紹介松浦 稔

教員紹介:松浦 稔

氏名
 
松浦 稔
マツウラ ミノル MATSUURA, Minoru
職位 准教授
学内の役職・委員等 内視鏡副室長
所属教室 消化器内科学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 内科学分野(消化器内科学)
担当科目(学部) BSL
専門分野 消化器病学、炎症性腸疾患、消化器内視鏡学
研究テーマ 細胞増殖因子を用いた炎症性腸疾患における新規治療法の開発。炎症性腸疾患の病態生理における鉄および鉄関連因子の役割。炎症性腸疾患における腸管粘膜再生の内視鏡的評価法と新規モダリティの開発。
略歴 1995年 神戸大学医学部卒業
1995年 神戸大学医学部附属病院 内科 研修医
1996年 明石市立市民病院 消化器内科
2000年 京都大学医学部附属病院 消化器内科 医員
2001年 京都大学大学院医学研究科博士課程 入学
2005年 同課程 修了。学位(医学博士)取得
2005年 京都大学医学部附属病院 消化器内科 医員
2007年 米国ノースカロライナ大学 Center for Gastrointestinal Biology and Disease (CGIBD), Postdoctoral Research Fellow
2010年 京都大学医学部附属病院 消化器内科 医員
2011年 京都大学医学部附属病院 消化器内科 特定病院助教
2016年 京都大学医学部附属病院 内視鏡部 助教
2018年 京都大学医学部附属病院 院内講師
2019年 杏林大学医学部 消化器内科学 准教授
現在に至る
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会(総合内科専門医・認定内科医・指導医)
日本消化器病学会(専門医・指導医)
日本消化器内視鏡学会(専門医・指導医)
共用試験医学系OSCE評価者
論文・著書等を含む主要研究業績 【主な英文論文】
Iida T, Hida T, Matsuura M, Uhara H, Nakase H. Current clinical issue of skin lesions in patients with inflammatory bowel disease. Clin J Gastroenterol. 2019 Mar 5.

Tsuchido Y, Nagao M, Matsuura M, Nakano S, Yamamoto M, Matsumura Y, Seno H, Ichiyama S. Real-time quantitative PCR analysis of endoscopic biopsies fordiagnosing CMV gastrointestinal disease in non-HIV immunocompromised patients: a diagnostic accuracy study. Eur J Clin Microbiol Infect Dis. 2018 Dec;37(12):2389-2396.

Minami N, Matsuura M, Koshikawa Y, Yamada S, Honzawa Y, Yamamoto S, Nakase H. Maternal and fetal outcomes in pregnant Japanese women with inflammatory bowel disease: our experience with a series of 23 cases. Intest Res. 2017;15:90-96.

Toyonaga T, Matsuura M, Mori K, Honzawa Y, Minami N, Yamada S, Kobayashi T, Hibi T, Nakase H. Lipocalin 2 prevents intestinal inflammation by enhancing phagocytic bacterial clearance in macrophages. Sci Rep. 2016 Oct 13;6:35014.

Yoshino T, Matsuura M, Minami N, Yamada S, Honzawa Y, Kimura M, Koshikawa Y, Madian A, Toyonaga T, Nakase H. Efficacy of thiopurines in biologic-naïve Japanese patients with Crohn's disease: A single-center experience. Intest Res. 2015;13:266-73.

Yamada S, Yoshino T, Matsuura M, Kimura M, Koshikawa Y, Minami N, Toyonaga T, Honzawa Y, Nakase H. Efficacy and safety of long-term thiopurine maintenance treatment in Japanese patients with ulcerative colitis. Intest Res. 2015;13:250-8.

Hirano T, Matsuura M, Nakase H. Pulmonary Mycobacterium avium Infection in a Patient with Crohn's Disease under Azathioprine Treatment. Case Rep Gastroenterol. 2014 May 15;8(2):182-5.

Toyonaga T, Nakase H, Matsuura M, Minami N, Yamada S, Honzawa Y, Hukata N, Yoshino T, Chiba T, Okazaki K. Refractoriness of intestinal Behçet's disease with myelodysplastic syndrome involving trisomy 8 to medical therapies -our case experience and review of the literature. Digestion. 2013;88:217-21.

Matsumura K, Nakase H, Kosugi I, Honzawa Y, Yoshino T, Matsuura M, Kawasaki H, Arai Y, Iwashita T, Nagasawa T, Chiba T. Establishment of a novel mouse model of ulcerative colitis with concomitant cytomegalovirus infection: in vivo identification of cytomegalovirus persistent infected cells. Inflamm Bowel Dis. 2013;19:1951-63.

Honzawa Y, Nakase H, Matsuura M, Higuchi H, Toyonaga T, Matsumura K, Yoshino T, Okazaki K, Chiba T. Prior use of immunomodulatory drugs improves the clinical outcome of endoscopic balloon dilation for intestinal stricture in patients with Crohn's disease. Dig Endosc. 2013;25:535-43.

Fukuchi T, Nakase H, Matsuura M, Yoshino T, Toyonaga T, Ohmori K, Ubukata S, Ueda A, Eguchi T, Yamashita H, Ito D, Ashida K. Effect of intensive granulocyte and monocyte adsorptive apheresis in patients with ulcerative colitis positive for cytomegalovirus. J Crohns Colitis. 2013;7:803-11.

Inoue S, Nakase H, Matsuura M, Mikami S, Ueno S, Uza N, Chiba T. The effect of proteosome inhibitor MG132 on experimental inflammatory bowel disease. Clin Exp Immunol. 2009;156:172-82.

Tamaki H, Nakase H, Matsuura M, Inoue S, Mikami S, Ueno S, Uza N, Kitamura H, Kasahara K, Chiba T. The effect of tacrolimus (FK-506) on Japanese patients with refractory Crohn’s disease. J Gastroenterol. 2008;43:774-9.

Yoshino T, Nakase H, Ueno S, Uza N, Inoue S, Mikami S, Matsuura M, Ohmori K, Sakurai T, Nagayama S, Hasegawa S, Sakai Y, Chiba T. Usefulness of quantitative real-time PCR assay for early detection of cytomegalovirus infection in patients with ulcerative colitis refractory to immunosuppressive therapies. Inflamm Bowel Dis. 2007;13:1516-21.

Matsuura M, Nakase H, Mochizuki N. Ileal polyposis caused by follicular lymphoma. Clin Gastroenterol Hepatol. 2007;5:e30.

Matsuura M, Nakase H, Nakamura F, Ueda Y, Mikami S, Yoshino T, Ueno S, Uza N. Ileal ulcers induced by non-steroidal anti-inflammatory drugs. J Gastroenterol Hepatol. 2007;22:1346.

Matsuura M, Okazaki K, Nishio A, Nakase H, Tamaki H, Uchida K, Nishi T, Asada M, Kawasaki K, Fukui T, Yoshizawa H, Ohashi S, Inoue S, Kawanami C, Hiai H, Tabata Y, Chiba T. Therapeutic effects of rectal administration of basic fibroblast growth factor on experimental murine colitis. Gastroenterology 2005;128:975-986

Matsuura M, Nakase H, Fujimori T, Mizuma K, Tsuda Y, Chiba T. Cecal ameboma. Gastrointest Endosc. 2005;62:442-443

【競争的研究資金】
(公的資金)
2018年度-2020年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)
炎症性腸疾患における鉄動態変化に基づくマクロファージ機能異常とその病態関与の解明(研究課題番号:18K07969  交付額:4,290 千円)

2014年度-2016年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)
鉄代謝関連分子Ngalの炎症性腸疾患における役割とその鉄利用阻害に基づく治療開発(研究課題番号:26460967  交付額:4,810 千円)

2011年度-2013年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)
炎症性腸疾患における増悪因子としての鉄の役割 -腸内細菌および鉄関連分子からの解析(研究課題番号:23590940  交付額:4,940 千円)

(その他)
2017年度 第6回清水免疫学・神経科学振興財団助成金
慢性炎症に伴う鉄動態変化がもたらすマクロファージ機能異常とそれに基づく炎症性腸疾患の病態解明(交付額:500 千円)

2011年度 内視鏡医学研究振興財団研究助成
クローン病の腸管狭窄に対する生体内分解ステントを用いた新規治療法の開発(交付額:500 千円)

2011年度 第29回清水免疫学振興財団助成金
炎症性腸疾患における増悪因子としての鉄の役割とそのメカニズムに関する研究(交付額:300 千円)
所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会(関東支部会評議員、学会評議員)
日本消化器内視鏡学会(関東支部会評議員)
日本消化器免疫学会(評議員)
日本小腸学会(評議員)
日本炎症性腸疾患学会
Asian Organization for Crohn’s& Colitis (AOCC)
European Crohn's and Colitis Organization (ECCO)
公的な委員会等の役員・委員歴 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」(鈴木班)研究協力者(平成28年度-現在)
このページのトップへ

PAGE TOP