大学ホーム医学部教員紹介田中 絵里子

教員紹介:田中 絵里子

氏名
 
田中 絵里子
タナカ エリコ TANAKA, Eriko
職位 講師
所属教室 小児科学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 小児科学分野
専門分野 小児腎臓病学
研究テーマ ・小児特発性ネフローゼ症候群の病態解明と治療法の開発
・腎糸球体上皮細胞(ポドサイト)の機能解析
・小児腎疾患の発症に関与する免疫学的因子の解明
略歴 1999年3月 東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
2013年3月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 卒業

2010年 Trainee Research Award in IPNA annual meeting
2013年 日本腎臓学会学術集会 優秀演題賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本小児科学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本臨床腎移植学会認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 田中絵里子:糸球体におけるNotchシグナルの役割.腎と透析「ポドサイトupdate」.東京医学社, 2015. p.380-384.
Tanaka E, Asanuma K, Kim E, Sasaki Y, Olivia Trejo JA, Seki T, Nonaka K, Asao R,
Nagai-Hosoe Y, Akiba-Takagi M, Hidaka T, Takagi M, Koyanagi A, Mizutani S, Yagita H,
Tomino Y: Notch2 activation ameliorates nephrosis. Nat Commun 5: 3296, 2014.
田中絵里子.小児輸液の投与量とスピード.わかる輸液.小児科学レクチャーVol4 No3, 総合医学社,2014.p572-578.
Tanaka E, Sato T, Ishihara M, Tsutsumi Y, Hisano M, Chikamoto H, Akioka Y, Dohno S, Maeda A, Hattori M, Wakiguchi H, Fujieda M.: Asymptomatic high Epstein-Barr viral load carriage in pediatric renal transplant recipients. Pediatr Transplant 15:306-13, 2011.
田中絵里子(科研費基盤(C)研究代表者)小児原発性巣状糸球体硬化症における表現型決定因子のRNA-seq解析による解明
所属学会 日本小児科学会
日本小児腎臓病学会(代議員、男女共同参画委員会副委員長)
日本腎臓学会
日本透析学会
日本臨床腎移植学会
日本小児腎不全学会
International Association of Pediatirc Nephrology
学外活動 東京医科歯科大学小児科 非常勤講師
このページのトップへ

PAGE TOP