大学ホーム医学部教室紹介小児科学教室

小児科学教室

教室専任教員

教授 成田 雅美
准教授 吉野 浩 保崎 明
講師 細井 健一郎 田中 絵里子 福原 大介
  野村 優子
助教 宮田 世羽 川口 明日香 麓 聖子
  木内 善太郎 鴇田 雅俊 那須 ゆかり
  小澤 悠里 浜野 翔 小谷 昌史
  橋本 悟 宮澤 永尚

教室概要

当教室は、こどもたちの健康と家族全体の幸せのために、全人的かつ包括的医療を提供できる医師を育成することを目標にしています。

小児科は未熟児・新生児から幼児、学童、思春期を経て成人になるまでを対象としており、関連する疾患も多岐にわたります。本学には小児科の各領域を専門とする医師が在籍し、臨床・教育・研究に従事しています。

本学では救急外来を受診する一般的な疾患の患者、地域の医療機関から紹介される入院が必要な重症患者、診断に苦慮する患者など多くの疾患を経験することができます。また総合周産期母子医療センター内の新生児・未熟児集中治療室(NICU)では、出生1000g未満の超低出生体重児を直接見ることができるのも本学の特色の一つです。


教育の特色

子供は「ちいさな大人」ではありません。機能的にも成人とは異なる性質があります。生まれてから大人になるまでの間に、すべての器官・組織や機能が成長・発達し続けるのが「当たり前=正常」なのです。そのため小児科においては、疾患を学ぶ前にまず「正常な小児」の状態を知る必要があります。小児科の講義や臨床実習においても、小児は常に成長発達過程にある存在であるという視点を重視しています。

小児科の診療において医師は子供本人との関係だけでなく保護者との関係を築くことも重要です。自分で症状を訴えることができない乳幼児では、保護者が観察する症状を適切に聞き出すことが必要不可欠になります。臨床実習ではこのような観点から、保護者との対応についても考えてもらうようにしています。

将来小児科医にならないとしても、小児についての基本的な知識を習得し、子どもへの接し方を学ぶことは、どこかで役立つことでしょう。子供のことを正しく理解する医師がふえれば、より多くの子どもが幸せになるという思いから、小児科には教育熱心なスタッフがたくさんいます。臨床実習においては一方通行に学ぶだけでなく、双方向性にやり取りをしながら結論を導き、さらに新たな情報により方針を変更する、という実際の診療のスタイルを体験していただきたいと考えています。


研究テーマ

小児科学教室では専門分野の研究グループが、疾患の発症メカニズムや病態、治療反応性などを解明するための研究を行っています。

研究室では、分子生物学、タンパク質化学、動物実験、遺伝子探索などの基礎研究を行っています。当教室では医員や大学院生がこれまで数多くの国際レベルの成果を発表してきました。現在はおもにタンパク質のユビキチン化をコントロールする分子(USP40)、遺伝子発現を制御する環境因子(エピジェネティクス)として機能する分子(NSD3)、糖質ステロイドにより誘導される新規分子(GLCCI1)、全身性エリテマトーデスのモデルマウスに関与する分子(TSAd)などの機能解析および疾患との関連について研究を行っています。

この他多施設共同の臨床研究、各種疾患に関する症例集積観察研究、疾患の長期予後を観察する前向きコホート研究などを実施・計画しています。

研究内容の詳細は、大学院の ホームページを御覧下さい。

近年の主な業績(5件)

  1. Yoshino H, Nishiyama Y, Kamma H, Chiba T, Fujiwara M, Karaho T, Kogashiwa Y,Morio T, Yan K, Bessho F, Takagi M. Functional characterization of a germline ETV6 variant associated with inherited thrombocytopenia, acute lymphoblastic leukemia, and salivary gland carcinoma in childhood. Int J Hematol. 2020(112).217-222.
  2. Kiuchi Z, Nishibori Y Kutsuna S, Kotani M, Hada I, Kimura T, Fukutomi T, Fukuhara D, Kudo A, Takata T, Ishigaki Y, Tomosugi N, Tanaka H, Matsushima S, Ogasawara S, Hirayama Y, Takematsu H, Yan K: GLCCI1 is a novel protector against glucocorticoid-induced apoptosis in T-cell. FASEB J 2019 Mar 12:fj201800344RR. doi: 10.1096/fj.
  3. Hamano S, Nishibori Y, Hada I, Mikami N, Ito-Nitta N, Fukuhara D, Kudo A, Xiao Z, Nukui M, Patrakka J, Tryggvason K, Yan K: Association of crumbs homolog-2 with mTORC1 in developing podocyte. PLoS One. 2018 Aug 20;13(8):e02024002018.
  4. Ito Y, Katayama K, Nishibori Y, Akimoto Y, Kudo A, Kurayama R, Hada I, Takahashi S, Kimura T, Fukutomi T, Katada T, Suehiro J, Beltcheva O, Tryggvason K, Yan K: Wolf-Hirschhorn syndrome candidate 1-like 1 epigenetically regulates nephrin gene expression. Am J Physiol Renal Physiol 312(6):F1184-F1199, 2017.
  5. Fukuhara D, Takiura T, Keino H, Okada AA, Yan K: Iatrogenic Cushing's Syndrome Due to Topical Ocular Glucocorticoid Treatment. Pediatrics. 2017 Jan 19. pii: e20161233. doi: 10.1542/peds.2016-1233.

当教室の詳細は、小児科学教室の ホームページを御覧下さい。

倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP