大学ホーム医学部教員紹介大木 亜津子

教員紹介:大木 亜津子

氏名
 
大木 亜津子
オオキ アツコ
職位 助教
所属教室 外科学(消化器・一般外科)
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 外科学分野(消化器・一般外科学)
専門分野 消化器疾患
研究テーマ ・胃癌の内視鏡治療に関する臨床研究
・胃内遊離癌細胞に関する臨床研究
・胃癌リンパ節転移危険因子に関する臨床研究
略歴 1998年3月 杏林大学医学部 卒業
1998年4月 杏林大学第一外科 入局
2000年5月 東京厚生年金病院 外科
2002年9月 杏林大学医学部付属病院 消化器・一般外科
2007年3月 杏林大学大学院医学研究科卒
2007年4月 杏林大学医学部付属病院 消化器・一般外科
2018年4月 現在に至る
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本外科学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医

博士(医学)
論文・著書等を含む主要研究業績 ・大木亜津子、阿部展次、杉山政則:V.LECSの知識をより深めるために.胃癌における胃内洗浄細胞診-LECSと遊離癌細胞-.イラストと写真で見る内視鏡医と外科医のコラボレーション手術.腹腔鏡・内視鏡合同手術研究会編.東京,株式会社メジカルビュー社,2015.P.166-167.
・大木亜津子、阿部展次、大倉康男、杉山政則:5.胃癌の予後因子.顕微鏡的胃周囲間膜内癌細胞.日本臨床増刊号最新胃癌学、大阪、日本臨牀社、2014. P203-209
・大木亜津子,阿部展次,竹内弘久,柳田修,正木忠彦,森俊幸,大倉康男,杉山政則(杏林大学外科):未分化型早期胃癌への内視鏡的切除の適応拡大.消化器内科53(4):356-359、2011
・Ohki (Nagatomo) A, Abe N, Takeuchi H et al: Microscopic cancer cell spread in gastric cancer: whole-section analysis of mesogastrium. Langenbecks Arch Surg 394:655-660, 2009
所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胃癌学会
日本内視鏡外科学会
日本大腸肛門病学会
このページのトップへ

PAGE TOP