大学ホーム医学部教員紹介加藤 聡一郎

教員紹介:加藤 聡一郎

氏名
 
加藤 聡一郎
カトウ ソウイチロウ KATO, Soichiro
職位 助教
所属教室 救急医学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 救急医学分野
専門分野 救急・災害医学、集中治療学、航空医学
研究テーマ 外傷、熱傷、集中治療といった臨床領域から、医工連携による診療の高度化、公衆衛生・社会疫学研究に基づく医療システムの検討など、急性期医療が抱える課題を幅広く研究テーマとしている。
略歴 2007年、聖マリアンナ医科大学卒業。
2007年から東京大学・慶應義塾大学連携型初期臨床研修。
2009年から杏林大学医学部付属病院救急科後期臨床研修。
杏林大学整形外科、聖隷三方原病院救急科・整形外科、大分県立病院救急科などを経て、2013年から杏林大学医学部救急医学助教。
2017年から米国ハーバード大学公衆衛生大学院社会行動科学部客員研究員。

日本熱傷学会 学術奨励賞(2016)
国際ICT利用研究学会 優秀研究発表賞(2018)
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 救急科専門医、社会医学系専門医・指導医、臨床研修指導医、東京消防庁救急隊指導医、東京DMAT隊員・講師、日本医師会認定産業医、静岡西部ドクターヘリフライトドクターほか。
米国エネルギー省REAC/TSにてRadiation Emergency MedicineおよびAdvanced Radiation Medicineを修了。
米国Boston MedFlight(航空救急集中治療搬送チーム)にてRide Along Programを修了。
論文・著書等を含む主要研究業績 主な論文
1) Kato S, Yamamoto A, Kawachi I, et al.: Pretraining and Precredentialing Staff for Disaster: A Lesson Learned From the Experience of the 2016 Kumamoto Earthquakes. Disaster Med Public Health Prep. 2019 Jun 25:1-3.
2) Kino S, Jang SN, Gero K, Kato S, Kawachi I.: Age, period, cohort trends of suicide in Japan and Korea (1986-2015): A tale of two countries. Soc Sci Med. 2019 Aug;235:112385.
3) Zaitsu M, Kato S, Kim Y, et al.: Occupational Class and Risk of Cardiovascular Disease Incidence in Japan: Nationwide, Multicenter, Hospital-Based Case-Control Study. J Am Heart Assoc. 2019 Mar 19;8(6):e011350.
4) 加藤聡一郎,海田賢彦,山口芳裕:新たな重症熱傷患者広域医療連携システムの構築:Burn Injury Transportation Teams System.熱傷 41(5): 221-230. 2015.
5) 加藤聡一郎,星亨,大畑徹也,ほか:創外固定器をdefinitive fixatorとして用いた下肢重度開放骨折の検討.日本創外固定・骨延長学会雑誌 26: 69-75. 2015.
ほか

主な著書・報告書など
1) INTENSIVIST 災害とICU (共同編集). 櫻井淳・成松英智・加藤聡一郎・藤谷茂樹編集,東京,MEDSi,2020.
2) 大規模イベント医療・救護ガイドブック (共同執筆).日本医師会・東京都医師会監修,東京,へるす出版,2019.
3) 加藤聡一郎,山口芳裕:米国健康危機管理の変化から我が国に期す改革を考える.保健医療科学 68(3):240-249.2019.
4) 加藤聡一郎:トリアージ/特異的治療.NBC災害に備える!山口芳裕監修,東京,羊土社, 2018.
5) 平成25-27年度消防防災科学技術研究推進制度総括研究報告書「福島第一原発での教訓を踏まえた突入撤退判断システムの開発」(分担研究者).山口芳裕編,2016.
ほか
所属学会 日本救急医学会(救急診療業務効率化検討委員会委員)、日本救急医学会関東地方会(幹事)、日本集中治療医学会、日本災害医学会、日本航空医療学会、日本整形外科学会、日本骨折治療学会、日本熱傷学会、日本外傷学会、ほか
公的な委員会等の役員・委員歴 東京DMATのNBC災害体制強化に向けた作業部会委員(東京都福祉保健局)
ひとことメッセージ 1人でも多くの患者さんの、「命」と「機能」の両方を救うため、幅広い領域で日々研鑽を積んでいます。
好きな言葉は「其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆」(孫子)です。
このHPをご覧になった方から1人でも多くの仲間が増えて、共に病気や怪我と闘えることを楽しみにしています。
関連サイト https://researchmap.jp/SoichiroKato
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP