大学ホーム医学部教員紹介加藤 聡一郎

教員紹介:加藤 聡一郎

氏名
 
加藤 聡一郎
カトウ ソウイチロウ KATO, Soichiro
職位 助教
所属教室 救急医学
専門分野 救急・災害医学、集中治療学、社会医学、医用工学
研究テーマ 外傷、熱傷、集中治療といった臨床領域に始まり、医工連携による診療の高度化、救急・災害医療のシステム評価など、急性期医療の課題を幅広く研究テーマとしている。
略歴 2007年、聖マリアンナ医科大学卒業。東京大学・慶應義塾大学連携型初期臨床研修終了後、2009年に杏林大学医学部救急医学入局。杏林大学整形外科,聖隷三方原病院救急科・整形外科,大分県立病院救急科などを経て、2013年から杏林大学医学部救急医学助教。
2015年に日本熱傷学会学術奨励賞を受賞。2017年から米国ハーバード大学公衆衛生大学院社会行動科学部客員研究員。
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 救急科専門医、社会医学系専門医・指導医、臨床研修指導医、東京消防庁救急隊指導医、東京DMAT隊員・講師、日本医師会認定産業医、ほか。
米国REAC/TSにてRadiation Emergency MedicineおよびAdvanced Radiation Medicineを修了。
論文・著書等を含む主要研究業績 主な論文
1) Kato S, Yamamoto A, Kawachi I, et al.: Pretraining and Precredentialing Staff for Disaster: A Lesson Learned From the Experience of the 2016 Kumamoto Earthquakes. Disaster Med Public Health Prep. 2019 Jun 25:1-3.
2) Kino S, Jang SN, Gero K, Kato S, Kawachi I.: Age, period, cohort trends of suicide in Japan and Korea (1986-2015): A tale of two countries. Soc Sci Med. 2019 Aug;235:112385.
3) Zaitsu M, Kato S, Kim Y, et al.: Occupational Class and Risk of Cardiovascular Disease Incidence in Japan: Nationwide, Multicenter, Hospital-Based Case-Control Study. J Am Heart Assoc. 2019 Mar 19;8(6):e011350.
4) 加藤聡一郎,海田賢彦,山口芳裕:新たな重症熱傷患者広域医療連携システムの構築:Burn Injury Transportation Teams System.熱傷 41(5): 221-230. 2015.
5) 加藤聡一郎,星亨,大畑徹也,ほか:創外固定器をdefinitive fixatorとして用いた下肢重度開放骨折の検討.日本創外固定・骨延長学会雑誌 26: 69-75. 2015.
ほか

主な著書・報告書など
1) 大規模イベント医療・救護ガイドブック (共同執筆).日本医師会・東京都医師会監修,東京,へるす出版,2019.
2) 加藤聡一郎:トリアージ/特異的治療.NBC災害に備える!山口芳裕監修,東京,羊土社, 2018.
3) 平成25-27年度消防防災科学技術研究推進制度総括研究報告書「福島第一原発での教訓を踏まえた突入撤退判断システムの開発」(分担研究者).山口芳裕編,2016.
4) 加藤聡一郎,山口芳裕:新たな災害医療の展開と病院船.日本臨牀 74(2): 298-302. 2016.
5) 加藤聡一郎,杉森裕樹:効果的な保健指導を担保するための保健指導担当者に対する臨床技能試験(OSCE)の考察.地域保健における健康診査の効率的なプロトコールに関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書.122-127頁,2008年.
ほか
所属学会 日本救急医学会(救急診療業務効率化検討委員会委員)、日本救急医学会関東地方会(幹事)、日本集中治療医学会、日本災害医学会、日本整形外科学会、日本骨折治療学会、日本熱傷学会、日本外傷学会、日本航空医療学会、ほか
公的な委員会等の役員・委員歴 東京DMATのNBC災害体制強化に向けた作業部会委員(東京都福祉保健局)
ひとことメッセージ 「命」と「機能」の両方を救うことを目標に,幅広い領域で日々研鑽を積んでいます.1人でも多くの患者さんを救うため,医工連携による診療の高度化、公衆衛生・社会疫学研究に基づく医療システムの評価・検討など、幅広い研究を行っています.好きな言葉は「其疾如風,其徐如林,侵掠如火,難知如陰,不動如山,動如雷霆」(孫子)です.
このHPをご覧になった方から1人でも多くの仲間が増えて,共に病気や怪我と闘えることを楽しみにしています.
このページのトップへ

PAGE TOP