大学ホーム医学部教員紹介小林 啓一

教員紹介:小林 啓一

氏名 小林 啓一
フリガナ コバヤシ ケイイチ
職位 講師
所属教室 脳神経外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 脳神経外科学分野
その他の所属教室 杏林大学脳神経外科
担当科目(学部) 脳神経外科学
担当科目(大学院) 脳神経外科学
専門分野 杏林大学脳神経外科
研究テーマ 脳神経外科全般、悪性脳腫瘍の基礎研究および臨床、定位放射線治療(LINAC)
略歴 1999年 3月 杏林大学医学部卒業  
1999年 5月 杏林大学脳神経外科入局
2001年 9月 社会福祉法人康和会久我山病院勤務
2005年 3月 杏林大学大学院医学研究科卒業(医学博士取得)
2005年4月 杏林大学脳神経外科助手
2006年   社団法人日本脳神経外科学会専門医取得
2008年4月  日本がん治療認定医療機構認定医
2013年4月 杏林大学脳神経外科学内講師
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本脳神経外科専門医 日本がん治療認定医、日本医師会産業医
覚醒下手術・光線力学療法・NovoTTF技術認定講習会終了

2003.1杏林大学脳神経外科同門会賞ジュニアの部受賞
2008.1杏林大学脳神経外科同門会賞シニアの部受賞
論文・著書等を含む主要研究業績 1.Kobayashi K, Ohnishi A, Promsk J, Shimizu S, Kanai Y, Shiokawa Y, Nagane M: Enhanced tumor growth elicited by L-type amino acid transporter 1 in human malignant glioma cells. Neurosurgery vol.62: 493-498, 2008.
2.Nagane M, Kobayashi K, Ohnishi A, Shimizu S, Shiokawa Y,: Prognostic Significance of O6-Methylguanine-DNA Methyltransferase Protein Expression in Patients with Recurrent Glioblastoma Treated with Temozolomide. Jpn J Clin Oncol vol37:897-906, 2007.
3.Noguchi A, Shiokawa Y, Kobayashi K, Saito I, Tsuchiya K1, McMenomey SO2 & Delashaw JB2 (1Department of Radiology, Kyorin University School of Medicine, Tokyo,2Department of Neurological Surgery, Oregon Health and Science University, Portland, Oregon): Coroid plexus papilloma of the third ventricle in the felus. J Neurosurg 100(Pediatrics 2):224, 2004.
他多数論文あり
所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳腫瘍学会
日本癌治療学会
日本脳腫瘍の外科学会
日本脳腫瘍病理学会
日本臨床腫瘍学会
日本脳神経外科コングレス
学外活動 JCOG施設コーディネーター
JCOG脳腫瘍グループCRC
JCOG1308C研究事務局
第37回日本脳腫瘍学会事務局(2019年)
治験分担医師
ひとことメッセージ 悪性脳腫瘍の基礎研究にとどまらず、悪性脳腫瘍に苦しむ患者さんと家族の方々に真に向き合い、診断から治療、緩和、終末期医療と一貫した全人的な医療を目指しています。
電子メール kekobayashi-nsu@umin.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP