大学ホーム医学部教員紹介野口 明男

教員紹介:野口 明男

氏名
 
野口 明男
ノグチ アキオ NOGUCHI, Akio
職位 講師
学内の役職・委員等 病棟医長、医局長、DPC保健委員委員長代理、リスクマネージメント委員、手術室運営委員
所属教室 脳神経外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 脳神経外科学分野
担当科目(学部) 脳感染症
専門分野 脳神経外科学
研究テーマ 脳腫瘍について国際多施設共同臨床試験参加
略歴 1997年7月日本脳神経外科学会専門医取得
2001年7月~2003年8月米国内大学頭蓋底研究室フェローとして留学
2010年4月から現職

2000年4月医学博士
2000年5月日本脳腫瘍病理学会優秀賞
2000年12月杏林大学医学部医学会賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本認知症学会専門医・指導医
日本頭痛学会専門医
臨床研修医指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 Cheng-Mao Cheng, Noguchi A, Aclan Dogan, Gregory J. Anderson, Frank P. K. Hsu, McMenomey SO and Delashaw JB Jr., Quantitative verification of the keyhole concept: a comparison of area exposure in the parasellar region via supra orbital keyhole, frontotemporal paterional, and supraorbital approaches. J Neurosurg, 2013, 118, 264-269
Honda Y, Noguchi A, Maruyama K et al. Volumetric analysis of cerebral white matter hyperintensity lesions on magnetic resonance imaging in a Japanese population undergoing medical check-up. Geriatr Gerontol Int 15 (sulli. 1) : 43-47, 2015
Noguchi A, Balasingam V, Shiokawa Y, McMenomey SO and Delashaw JB Jr., Extradural anterior clinoidectomy. Technical note, J Neurosurg, 2005, 102, 945-50
Balasingam V, Noguchi A, McMenomey S. O and Delashaw JB Jr : Frontotemporal-Orbitozygomatic approach. Neurosurgery Quarterly, 2005, 15(2), 113-121
Noguchi A, Balasingam V, McMenomey SO and Delashaw JB Jr., Supraorbital craniotomy for parasellar lesions. Technical note, J Neurosurg, 2005, 102, 951-5
Noguchi A, Ito N, Sawa H1, Nagane M, Hara M2, Saito I(1Hokuto Hospital, Obihiro, 2Department of Neurosurgery, Osaka City University Medical School, Osaka): Phenotypic changes associated with exogenous expression of p16INK4a in human glioma cells. Brain Tumor Pathology 18:73-81, 2001.
所属学会 日本脳神経外科学会(代議員)
日本脳卒中学会(代議員)
日本脳卒中外科学会(代議員)
日本認知症学会
日本頭痛学会
脳神経外科頭蓋底学会
公的な委員会等の役員・委員歴 死体解剖資格認定医
東京都身体障害者福祉法第15条指定医
このページのトップへ

PAGE TOP