大学ホーム医学部教員紹介倉田 麻衣子

教員紹介:倉田 麻衣子

氏名
 
倉田 麻衣子
クラタ マイコ KURATA, Maiko
職位 講師
所属教室 皮膚科学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 皮膚科学分野
専門分野 皮膚免疫アレルギー
研究テーマ アレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎、ウイルス感染症、薬疹、皮膚科一般
略歴 2005年杏林大学付属病院初期臨床研修
2007年杏林大学医学部皮膚科学教室入局
2018年杏林大学皮膚科任期助教
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 皮膚科専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Kurata M, Shiohara T:Hepes simplex virus reactivation: is it common or rare in drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms? Eur J Dermatol 27:658-659,2017
2.Kurata M, Horie C, Kano Y, Shiohara T:Pompholyx as a clinical manifestation suggesting increased serum IgG levels in a patient with drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms. Br J Dermatol 174:0681-683, 2016
3. Kurata M, Kano Y, Sato Y, Hirahara K, Shiohara T:Synergistic Effects of Mycoplasma pneumoniae Infection and Drug Reaction on the Development of Atypical Stevens-Johnson Syndrome in Adults. Acta Derm Venereol 96:111-113,2016

4. Kurata M, Mizukawa Y, Aoyama Y(Okayama Univ), Shiohara T: Herpes simplex virus reactivation as a trigger of mucous lesions in pemphigus vulgaris. Br J Dermatol 171: 554-560, 2014
所属学会 日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会
日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会
このページのトップへ

PAGE TOP