大学ホーム医学部教員紹介多久嶋 亮彦

教員紹介:多久嶋 亮彦

氏名 多久嶋 亮彦
フリガナ タクシマ アキヒコ
職位 教授
所属教室 形成外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 形成外科学分野
担当科目(学部) 形成外科・美容外科学
担当科目(大学院) 形成外科・美容外科学
専門分野 顔面神経麻痺、マイクロサージャリー、美容外科
研究テーマ 顔面神経麻痺、マイクロサージャリー、頭頸部再建外科
略歴 1986年 熊本大学卒業、同大学皮膚科入局(研修医)
1988年 東京大学形成外科入局(医員)
1993年 焼津市立総合病院形成外科、医長
1995年 東京大学形成外科、助手
1998年 東京大学形成外科、医局長
2003年 杏林大学形成外科、助教授
2008年 杏林大学形成外科教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 形成外科専門医
顎顔面外科専門医
手の外科専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 Takushima A,et al: Availability of latissimus dorsi minigraft in smile reconstruction for incomplete facial paralysis: quantitative assessment based on the optical flow method. Plastic & Reconstructive Surgery. 123(4):1198-1208, 2009
Takushima A, et al: Reconstruction of maxillectomy defects with free flaps ― comparison of immediate and delayed reconstruction: A retrospective analysis of 51 cases. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 41: 14-21, 2007.
Takushima A, et al: One-stage reconstruction of facial paralysis associated with skin/soft tissue defects using latissimus dorsi compound flap. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 59:465-473, 2006.
Takushima A, et al: Revisional operations improve results of neurovascular free muscle transfer for treatment of facial paralysis. Plast Reconstr Surg.116: 371, 2005.
Takushima A, et al: Choice of osseous and osteocutaneous flaps for mandibular reconstruction. Int J Clin Oncolog 10(4):234-242, 2005.
Takushima A, et al: Neurovascular free-muscle transfer for the treatment of established facial paralysis following ablative surgery in the parotid region. Plast Reconstr Surg. 113(6):1563-72, 2004.
所属学会 日本形成外科学会(評議員)
日本マイクロサージャリー学会(評議員)
日本頭頸部腫瘍学会(評議員)
日本頭蓋顎顔面外科学会(評議員)
日本頭蓋底外科学会(評議員)
日本美容外科学会(評議員)
日本癌治療学会、形成外科内視鏡・手術手技研究会、日本美容医療協会、日本口蓋裂学会、日本熱傷学会
公的な委員会等の役員・委員歴 独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員
日本学術振興会 研究者養成課特別研究員等審査会専門委員、国際事業委員会書面審査員
ひとことメッセージ どれだけ医学が進歩しようと医師が患者さんに対して有るべき姿は同じです。最新の技術と最大の愛を持って、患者さんと共に治療を行っていきたいと思っています。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2011年03月23日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP