Faculty of Medicine教員紹介:尾崎 峰

氏名
尾崎 峰
オザキ ミネ
職位教授
所属教室形成外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 形成外科学分野
担当科目(学部)形成外科・美容外科学
専門分野頭蓋顎顔面外科、血管腫・血管奇形
研究テーマ難治性血管奇形に対する治療法の開発。顔面骨骨折後遺症や頭蓋顎顔面変形に対する治療法の開発。
略歴2000年 東京医科歯科大学卒業
 同年  東京大学形成外科入局
      関東中央病院外科(研修医)
2001年 静岡県立総合病院形成外科(研修医)
2002年 東京大学形成外科、医員
2003年 杏林大学形成外科、助手
2007年 杏林大学形成外科、医局長
2010年 杏林大学形成外科、講師
2014年 杏林大学形成外科、准教授
所有する学位博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等形成外科専門医、頭蓋顎顔面外科専門医、美容外科専門医、レーザー専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 Ozaki M, Suga H, Eto H, Kobayashi Y, Watanabe R, Takushima A, Harii K: Efficacy of serial excisions of melanocytic nevi on the face using a carbon dioxide laser: a cosmetic point of view. Aesthetic Plast Surg 38: 316-321, 2014
Ozaki M, Kurita M, Kaji N, Fujino T, Narushima M, Takushima A, Harii K: Efficacy and evaluation of safety of sclerosants for intramuscular venous malformations: Clinical and experimental studies. J Plast Surg Hand Surg 44:75-87, 2010
Ozaki M, Takushima A, Momosawa A, Kurita M, Harii K: Temporary Suspension of Acute Facial Paralysis Using the S-S Cable Suture. Ann Plast Surg 61: 61-67, 2008.
所属学会日本形成外科学会(評議員)、日本頭蓋顎顔面外科学会(代議員)、日本創傷外科学会、日本血管腫血管奇形学会(理事)、日本レーザー医学会(評議員)、日本美容外科学会(評議員)
ひとことメッセージ医師としての責任を持って患者さんに接していきます。

TEST