大学ホーム医学部教員紹介多武保 光宏

教員紹介:多武保 光宏

氏名 多武保 光宏
フリガナ タンボ ミツヒロ
職位 講師
学内の役職・委員等 病棟医長
所属教室 泌尿器科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 泌尿器科学分野
担当科目(学部) 泌尿器科学
専門分野 泌尿器腫瘍学、尿路結石症、男性更年期障害
研究テーマ 泌尿器腫瘍学、尿路結石症、男性更年期障害
略歴 1997年 杏林大学医学部卒業
同年  杏林大学医学部付属病院研修医
1999年 杏林大学医学部泌尿器科助手
2000年 東芝病院泌尿器科医員
2002年 奈良県立医科大学泌尿器科助手
2004年 杏林大学医学部泌尿器科助手
2007年 杏林大学医学部泌尿器科助教
2011年 杏林大学医学部学内講師
2014年 杏林大学医学部講師
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本泌尿器科学会専門医・指導医
がん治療認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1.Mitsuhiro Tambo、Takatsugu Okegawa、Toshihide Shishido、Eiji Higashihara、Kikuo Nutahara.Predictors of septic shock in obstructive acute pyelonephritis.World J. Urol.32: 803-811、2014.
2.Mitsuhiro Tambo、Eiji Higashihara、Yuichi Terado、Kikuo Nutahara、Takatsugu Okegawa.Comparison of serum HER2/neu with immunohistochemical HER2/neu expression for the prediction of biochemical progression in metastatic prostatic cancer.Int. J. Urol.16: 369-374、2009.
3. Mitsuhiro Tambo、Kiyohide Fujimoto、Makito Miyake、Fumiaki Hoshiyama、Chie Matsushita、Yoshihiko Hirao.Clinicopathological review of 46 primary retroperitoneal tumors.Int. J. Urol.14: 785-788、2007.
4. Mitsuhiro Tambo、Takatsugu Okegawa、Kikuo Nutahara、Eiji Higashihara.Prostatic cyst arising around the bladder neck-cause of bladder outlet obstruction: Two case reports.Acta Urol. Jpn.53(6): 401-404、2007.
5.Mitsuhiro Tambo、Kiyohide Fujimoto、Takeshi Inoue、Atusshi Tomioka、Yozo Tanaka、Yoshihiko Hirao、Masahide Yoshikawa.Urinary schistosomiasis in a Japanese man.Int. J. Urol.11: 563-566、2004.
所属学会 日本泌尿器科学会、日本癌治療学会、日本腎臓学会、日本ESWL・Endourology学会、日本透析医会、日本外科系連合学会
ひとことメッセージ 患者さんのニーズに合った医療を心がけています。
このページのトップへ

PAGE TOP