大学ホーム医学部教員紹介齋藤 康一郎

教員紹介:齋藤 康一郎

氏名
 
齋藤 康一郎
サイトウ コウイチロウ SAITO, Koichiro
職位 教授
所属教室 耳鼻咽喉科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 耳鼻咽喉科学分野
担当科目(学部) 喉頭科学
気管食道科学
担当科目(大学院) 喉頭科学
音声学
専門分野 喉頭・音声
研究テーマ ・音声とQOL
・加齢と音声
・喉頭乳頭腫に対する診療体制の確立
・Cadaverを用いた喉頭機能の解明
・超高精細CTを用いた喉頭気管の機能・形態の研究
・ハイスピードカメラを用いた声帯振動の臨床研究
・気管切開と摂食・嚥下機能の関連
など
略歴 平成7年3月 慶應義塾大学医学部卒業
平成7年4月 慶應義塾大学 医学部耳鼻咽喉科学 入局
平成15年7月 ジョンスホプキンス医科大学 耳鼻咽喉科 Visiting scientist
平成17年1月 ペンシルベニア大学 医学部 耳鼻咽喉科 Research fellow
平成18年6月 慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科学
       病院臨床助手・喉頭部門責任者
平成18年7月 同上 助手
平成19年4月 同上 助教
       横浜市立大学 医学部医学科生理学 非常勤講師
平成21年4月 慶應義塾大学医学部 専任講師
平成26年9月 同上 准教授
平成27年4月 杏林大学 医学部耳鼻咽喉科学 主任教授
慶應義塾大学 医学部耳鼻咽喉科学 非常勤講師
平成30年3月  臨床福祉専門学校 言語聴覚療法学科 非常勤講師
現在に至る
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本気管食道科学会専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 著書
1. 齋藤康一郎: 音声障害診療ガイドライン 2018年版 (日本音声言語医学会 日本喉頭科学会 編); 第4章 音声障害の検査と診断法 4.内視鏡検査. 金原出版株式会社, 東京, 28-29頁, 2018.
2. 齋藤康一郎: 音声障害診療ガイドライン 2018年版 (日本音声言語医学会 日本喉頭科学会 編); 第6章 Clinical Questions (CQ) CQ3 喉頭視鏡検査は有効か?. 金原出版株式会社, 東京, 57-59頁, 2018.
3. 齋藤康一郎: 音声障害診療ガイドライン 2018年版 (日本音声言語医学会 日本喉頭科学会 編); 第6章 Clinical Questions (CQ) CQ9 音声障害に副腎皮質ステロイドの使用は推奨されるか?. 金原出版株式会社, 東京, 76-78頁, 2018.
4. 齋藤康一郎, 矢部はる奈: イラスト手術手技のコツ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 改訂第2版(村上泰, 久育男 監修); 喉頭編 喉頭手術 1. 喉頭良性病変の手術 1) 喉頭顕微鏡下手術における喉頭展開困難時の対応. 東京医学社, 東京, 253-256頁, 2017.
5. 齋藤康一郎: イラスト手術手技のコツ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 改訂第2版(村上泰, 久育男 監修); 縦隔・気管・食道編 II. 気管・食道手術 4. 経皮的気管切開術―適応と実際. 東京医学社, 東京, 407-408頁, 2017.
6. 齋藤康一郎: 小児耳鼻咽喉科 第2版(日本小児耳鼻咽喉科学会編); 8章 喉頭科 1. 声帯結節・声帯ポリープ. 金原出版株式会社, 東京, 258-262頁, 2017.
7. 齋藤康一郎: 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 改訂第2 版 (永井良三 総監修) ; 第6 章 基本的な手術治療 8. 喉頭微細手術. 診断と治療社, 東京, 395-399頁, 2016.
8. 齋藤康一郎: EBM 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の治療 (池田勝久, 武田憲昭, 香取幸夫, 他 編;IV. 喉頭領域 A. 音声 3. 音声機能検査と音響分析の適切な解釈は? 中外医学社, 東京, 428-436頁, 2015.
9. 齋藤康一郎: 気道食道異物摘出マニュアル (日本気管食道科学会 編); 2 章 診断・対策 6 食道異物の診断.金原出版株式会社, 東京, 54-57頁, 2015.

解説・総説
1. 齋藤康一郎: 【かぜ症状の診療戦略】 かぜと耳鼻咽喉科疾患 音声障害.ENTONI, 212: 32-38, 2017.
2. 齋藤康一郎: 気管切開および経皮的気道確保の適応と注意点.日耳鼻, 120: 1178-1181, 2017.
3. 齋藤康一郎, 渡邉 格: 【頭頸部悪性腫瘍の疑問に答える】 診断 喉頭乳頭腫はHPVのDNAタイピングを全例にしたほうが良いのでしょうか?. JOHNS, 33: 1156-1158, 2017.
4. 齋藤康一郎, 矢部はる奈: 【診断に苦慮した耳鼻咽喉科疾患-私が経験した症例を中心に-】 両側声帯運動障害.ENTONI, 205: 111-117, 2017.
5. 齋藤康一郎, 渡邉格: 【抗菌薬を使いこなす】《咽喉頭・頭頸部領域》 急性喉頭蓋炎. 耳喉頭頸, 89: 445-448, 2017.
6. 齋藤康一郎, 池田哲也: 【外来から帰してはいけない患者-症状からみた対応と病院に送るタイミング】 症状からみた対応と病院に送るタイミング 開口障害、咬合障害. JOHNS, 33: 601-604, 2017.
7. 齋藤康一郎:【外来に必須! 外用薬の上手な使い方】 外来処置 ネブライザー用薬. 耳喉頭頸, 88: 908-912, 2016.
8. 齋藤康一郎: 【音声障害の評価とリハビリテーションの最前線】 音声障害の基礎知識 J Clin Rehabil, 25: 948-955, 2016.
9. 鈴木賢二, 大森孝一, 齋藤康一郎, 他: 耳鼻咽喉科診療機器の感染制御ワーキンググループ, 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科内視鏡の感染制御に関する手引き. 日耳鼻, 119: 916-925, 2016.
10. 齋藤康一郎, 渡邉 格: 【頸部腫瘤を見極める】 頸部リンパ節腫脹 炎症性疾患. 耳喉頭頸, 88: 625-635, 2016.
11. 齋藤康一郎: 【耳鼻咽喉科処方マニュアル】 耳・鼻・喉の感染症/炎症《扁桃・喉頭》 急性喉頭炎. 耳喉頭頸, 88: 144-146, 2016.
12. 齋藤康一郎, 鈴木 亮: 経皮的気管切開術. 日気食会報, 67: 171-173, 2016.
13. 齋藤康一郎, 新井由美: 【耳鼻咽喉科とメディカルスタッフ】 気道管理におけるメディカルスタッフの役割. JOHNS, 32: 446-448, 2016.
14. 原浩貴, 二藤隆春, 齋藤康一郎, 他: 嚥下手術 私の術式(series09) 気管切開術. 嚥下医学, 5: 20-33, 2016.
15. 齋藤康一郎: 音声治療の実際と適応. 日耳鼻, 119: 68-69, 2016.
16. 大久保啓介, 齋藤康一郎: 【小児耳鼻咽喉科診療における論点】 喉頭乳頭腫はどのように治療するか? 手術的治療の立場から. JOHNS, 31: 1783-1786, 2015.
17. 齋藤康一郎: 【耳鼻咽喉科薬物療法 2015】 耳鼻咽喉科の疾患・症状別薬物療法 喉頭乳頭腫. JOHNS, 31: 1346-1348, 2015.
18. 齋藤康一郎: 【見逃されやすい頸部リンパ節腫脹の原因疾患】耳鼻咽喉科からみた頸部リンパ節腫脹の鑑別診断. 血液内科, 71: 325-329, 2015.
19. 齋藤康一郎: 【長引く咳を診る】疾患別 咳の診かた 喉頭疾患による咳. 耳喉頭頸, 87: 798-801, 2015.
20. 齋藤康一郎: 喉頭良性疾患の診断と治療. 日耳鼻, 118: 894-897, 2015.
21. 齋藤康一郎: 経皮的気道確保手技. 日気食会報, 66: 175-178, 2015.
22. 齋藤康一郎, 矢部はる奈: 【こんなときの対応法がわかる 耳鼻咽喉科手術ガイド】 喉頭・下咽頭の手術 声帯萎縮に対する手術. 耳喉頭頸, 87: 168-172, 2015.
23. 齋藤康一郎, 宇野光祐: 【新しい治療機器】 経皮的気管切開キット. 耳喉頭頸, 87: 67-72, 2015.
24. 齋藤康一郎, 宇野光祐: 【咽喉頭異常感の疑問に答える】 咽喉頭異常感をきたす機序を教えてください. JOHNS, 31: 5-10, 2015.
25. 齋藤康一郎: ヒト乳頭腫ウイルス感染の現状と新しい展開 喉頭乳頭腫を巡る現状と現実的なアプローチ2013. 日耳鼻, 117: 614-630, 2014.
所属学会 日本耳鼻咽喉科学会(専門医・専門医認定試験委員・査読委員(含ANL))
日本耳鼻咽喉科学会・東京都地方部会(代議員会副議長・代議員・支部長・幹事)
日本小児耳鼻咽喉科学会(学術国際担当理事・査読委員)
日本気管食道科学会(認定医・理事・専門医試験委員・査読委員)
日本喉頭科学会(社療担当理事・編集委員・査読委員)
日本音声言語医学会(評議員・音声情報委員会ガイドラインWG構成員・査読委員)
日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会(評議員)
日本嚥下医学会(評議員)
日本頭頸部外科学会(評議員・査読委員)
耳鼻咽喉科臨床学会(運営委員・査読委員)
日本口腔・咽頭科学会(評議員)
環太平洋外科系学会―日本支部会(評議員)
日本口腔外科学会
日本耳科学会
日本癌学会
米国癌学会(American Association for Cancer Research, active member, ID# 129114)
RRP (recurrent respiratory papillomatosis) task force, member
このページのトップへ

PAGE TOP