大学ホーム医学部教室紹介耳鼻咽喉科学教室

耳鼻咽喉科学教室

教室専任教員

教授 齋藤 康一郎
准教授 唐帆 健浩 横井 秀格
講師 増田 正次 池田 哲也
助教 佐藤 大 米山 勇哉 茂呂 順久
  川田 往嗣 渡邉 格 濱之上 泰裕
  松本 祐磨 大久保 正彦

教室概要

杏林大学医学部の耳鼻咽喉科学教室は、初代教授城所信五郎、二代目堤昌巳、三代目長谷川誠、4代目甲能直幸、そして5代目の齋藤康一郎が2015年から教室責任者となり現在に至っています。
耳鼻咽喉科は、耳・鼻・ノド・腫瘍と大きく4本の柱があり、それぞれ内科的要素と外科的要素を含むことから、様々な角度から疾患を学ぶことができる、言い換えれば、医師として様々なスタンスで仕事をすることができる診療科です。また、感覚器、コミュニケーションツールを取り扱うことから、治療の成果が患者のQOLに直結する医療の提供を求められる、あるいは手術にもダイナミックな手術から顕微鏡下での手術まで、多様性を持つ、といった特徴があります。当教室では、こういった多様性に対応すべく、大学内でのスタッフを充実させるだけでなく、多くの施設と連携し、研修プログラムの充実を図っています。多摩地域では唯一の大学本院であることから、多岐にわたる疾患への柔軟な対応が求められることから、院内の他診療科との綿密な連携を重視しています。このように、若い医師にとってはバランスのとれた症例を豊富に学べる機会があることも杏林大学の特徴です。症例が豊富であることから、臨床研究に力を入れており、従来から頭頸部腫瘍や耳科、鼻科、嚥下といった領域では、臨床現場に還元できる多くの情報を国内外に発信してきました。さらに教室責任者の齋藤が就任以来、専門とする音声・喉頭領域の臨床・研究にも力を入れ、様々な診療科と国内外を問わず連携した体制で複数のプロジェクトを推進しています。また、医局には若手医師が多いことから、困ったときにはすぐに何でも先輩に相談のできる、風通しのよい雰囲気となっていることも、当教室の特徴です。積極性のある医師には、学会活動など、国内外で広く勉強する機会も提供しています。超高齢社会日本で、患者さんの健康長寿を目指し、教室員一同団結して多摩地域の診療を、真摯に担っていきたいと考え、日々奮闘しています。



研究グループ及び研究課題

頭頸部癌化学療法に関する臨床研究

放射線化学療法により手術に匹敵する治療成績と高い臓器温存成績を得られるようになってきましたが、効果の高い薬剤を多量に投与する方法は患者さんの体に与える負担も大きく、これから超高齢化社会を迎える日本においては高齢の患者さん、あるいは合併症を持つ患者さんに対する適切な治療方法を確立することが重要な課題です。また、不幸にも再発や遠隔転移を生じた患者さんがより満足度の高い生活を家庭で長く過ごせるようにするための治療法の開発に対する社会的需要は年々高くなってきているものと考えております。当科ではこうした問題に対するより適切な答えを求めるため、S-1 + Nedaplatin 臨床第Ⅰ相試験、 S-1+Nedaplatin+Cetuximab 臨床第Ⅰ/Ⅱ相試験、S-1隔日投与併用放射線化学療法第Ⅰ相試験、あるいは放射線の有害事象を減少させるための支持療法に関する臨床試験など、数多くの臨床試験を行っております。こうした試験を通じて、従来よりも安全で効果の高い治療方法を探っています。これまで当科で施行してきた臨床試験の結果は海外の医学雑誌にも掲載されており、高い評価を得ています。

頭頸部癌化学療法に関する臨床研究

放射線化学療法により手術に匹敵する治療成績と高い臓器温存成績を得られるようになってきましたが、効果の高い薬剤を多量に投与する方法は患者さんの体に与える負担も大きく、これから超高齢化社会を迎える日本においては高齢の患者さん、あるいは合併症を持つ患者さんに対する適切な治療方法を確立することが重要な課題です。また、不幸にも再発や遠隔転移を生じた患者さんがより満足度の高い生活を家庭で長く過ごせるようにするための治療法の開発に対する社会的需要は年々高くなってきているものと考えております。当科ではこうした問題に対するより適切な答えを求めるため、S-1 + Nedaplatin 臨床第Ⅰ相試験、 S-1+Nedaplatin+Cetuximab 臨床第Ⅰ/Ⅱ相試験、S-1隔日投与併用放射線化学療法第Ⅰ相試験、あるいは放射線の有害事象を減少させるための支持療法に関する臨床試験など、数多くの臨床試験を行っております。こうした試験を通じて、従来よりも安全で効果の高い治療方法を探っています。これまで当科で施行してきた臨床試験の結果は海外の医学雑誌にも掲載されており、高い評価を得ています。

喉頭科学に関する臨床研究

臨床研究

超高齢社会を迎えている日本にとって、「高齢者が生き生きと社会活動を行う国づくり」は喫緊の課題であります。高齢者が社会性を維持するためにはコミュニケーション手段の維持が必要不可欠であり、声はコミュニケーションの基本ツールです。現状では、声帯萎縮や声帯溝症に代表される声の老化に対する治療として保存的な音声治療と外科的な手術治療が行われています。患者にとっては、手術のリスクを回避した治療で十分な治療効果を得られれば、そのメリットは大きいですが、現時点では、保存的な治療が効果的な患者と、手術を行わずして十分な回復は期待できない患者を判別する方法がなく、治療方法の選択は医療従事者の裁量に任されているのが現状です。我々は声帯萎縮や声帯溝症などの加齢性変化を認めた高齢者音声障害患者に対して、音声治療前後の多角的評価を施行し検討することで、音声治療効果に影響する予後予測因子を解明することを目的とし臨床研究を行っています。

基礎研究

頭頸部領域には呼吸、発声、構音、咀嚼、嚥下といった日常生活における重要な機能を司る器官が集中しており、過去には動物から摘出した喉頭を用いて発声に関するいろいろな研究が行なわれ、臨床につなげられてきました。嗄声の代表的な疾患の一つに一側性声帯麻痺があり、声帯内方移動術や披裂軟骨内転術、さまざまな注入物質を用いた声帯内注入術などが行なわれ、発声に必要な声門閉鎖を得る術式が今まで開発されてきました。我々は摘出した喉頭を用いて、本手術手技の確認を行ない, 技術の向上を目的に研究を行っています。将来的には、本研究成果を臨床現場にフィードバックすることで、一側性声帯麻痺の患者に対する音声改善手術手技の確認および、気管切開患者に対する嚥下や呼吸が安全に行なえるような情報の提供を基礎とし、きめ細やかで良質な医療を提供することを目的としています。上記の検討時には摘出した喉頭・気管を高速度撮像装置(ハイスピードカメラ)などの内視鏡システムを用いて撮影、録画して評価を行っています。

聴覚に関する研究

超高齢社会にある日本においては高齢者の健康寿命を延ばし、高齢者が活躍し続けられる社会を創ることが国の存亡に関わる喫緊の課題です。難聴は高齢者の社会的孤立、うつ、認知症、寝たきりなどのリスクとなります。そこで、我々は老人性難聴を予防するため長期に摂取可能な栄養成分のスクリーニングを研究課題として行なっています。現在は、蝸牛の外側壁と言われる部分に注目して研究を行なっています。この部位は現在確実な治療法が存在しない急性感音難聴や変動性難聴の発症にも関わっており、臨床への応用範囲が広い研究分野です。遺伝性難聴に関しては、東京医療センターを中心とする国内外の多施設共同研究に参画しています。現在、154遺伝子の変異が検索可能であり、様々な新しい知見を発表し続けています。2018年10月あたりをめどに、日本医療研究開発機構(AMED)採択臨床研究 - 難聴補正による認知症予防を目指した研究"ESCARGOT stury (EStablishment of Cognitive and Auditory Research by Gerotologically Organized Team study)" - を外来で開始予定です。神経科学専門医と耳鼻咽喉科学専門医のチームによる多施設共同研究です。

嚥下障害の診断および治療

嚥下障害に対しては、内視鏡を用いた嚥下機能検査(嚥下内視鏡検査)や、咽頭食道造影検査(嚥下造影検査)および嚥下圧検査を用いて嚥下動態の詳細な評価を行い、その結果としての様々な指標と予後との相関を検討する臨床研究を行っています。嚥下内視鏡検査の際に同時に嚥下訓練を行うvisual feedbackも取り入れており、また、咽頭期嚥下が障害されている症例には、舌接触補助床を導入するなど、侵襲のない最新の治療法を取り入れています。嚥下訓練後も誤嚥が続く場合には、嚥下機能改善手術や誤嚥防止手術の適応を検討します。大部分の誤嚥防止手術において術後は発声不能となりますが、長期的に嚥下機能が回復した場合に復元手術が可能な術式を選択します。嚥下反射の惹起性が低下している症例に対して、咽頭注水による嚥下惹起訓練の導入も検討しています。平成21年に開設された杏林大学摂食嚥下センターは、当教室が中心となって運営しています。摂食嚥下センターは、複数の診療科の医師や多職種の専門家によって、摂食嚥下障害に対するチーム医療を行う専門の外来部門です。摂食嚥下外来と摂食嚥下カンファレンスを二つの柱とし、集学的な摂食嚥下障害の診療を行い、活発な臨床研究を行っています。また、嚥下障害の診断と治療に関する臨床研究を積極的に行っており、摂食嚥下外来(摂食嚥下センター)では,現在下記の研究を行っています.

日本学術振興会 基盤研究(C)
「嚥下内視鏡と高解像度嚥下圧検査を組み合わせた新しい嚥下機能検査方法の開発」

また,共同研究者として

日本医療研究開発機構(AMED)科研
1. 「嚥下障害訓練法の有効性に関する研究:包括的嚥下障害基礎訓練法の開発と有効性の検討」(班長:東北大学耳鼻咽喉科 香取幸夫先生)
2. 「高齢者の誤嚥性肺炎等の予防・早期発見のための研究:誤嚥性肺炎早期発見のための、包括的評価と層別予防ケア戦略の確立」(班長:杏林大学高齢診療科 海老原孝枝先生)

厚生労働科研
「摂食嚥下障害患者の嚥下能力に応じた適切な食形態の判定のための研究」
(班長:国立国際医療研究センター 藤谷順子先生)

鼻科学(鼻・副鼻腔・アレルギー疾患)の臨床研究と基礎研究について

臨床研究
  1. アレルギー性鼻炎は鼻粘膜のI型アレルギー疾患と定義されます。そのため原因抗原の同定、そして可能な限りの抗原との接触の回避が治療の基本になります。一般的に血清中の抗原特異的IgE抗体を検査するが、疑陽性、疑陰性、また交差反応が問題となっております。我々は、疑陽性に対し、花粉や野菜に共通する糖鎖Cross-reactive Carbohydrate Determinant(CCD)に対する特異的IgE 抗体の影響を調べています。これまでの結果を学会で報告してきており、論文作成中であります。
  2. アレルギー性鼻炎に対して薬剤などを用いた保存的治療に抵抗する難治性鼻汁、くしゃみ症状をもつ患者さんに対して適応を慎重に選んだ後、後鼻神経切断術を施行しています。アレルギー性鼻炎発症の機序は、抗原特異的IgE抗体が気道粘膜に分布するマスト細胞や好塩基球上のIgE受容体に固着することによって感作が成立します。その後、感作陽性者の鼻粘膜に抗原が吸入されると、鼻粘膜上皮細胞を通過した抗原は、鼻粘膜表層に分布する肥満細胞の表面でIgE抗体と結合し、抗原抗体反応の結果、肥満細胞からヒスタミン、ペプチドロイコトルエンを主とする多くの化学伝達物質が放出されます。これらの化学伝達物質に対する鼻粘膜の知覚神経終末の反応として、くしゃみ、水溶性鼻汁がみられる。くしゃみにおいては各種化学伝達物質を鼻粘膜上に投与した際に、有意なくしゃみ反射を誘発するのはヒスタミンだけであります。抗原誘発時にみられるくしゃみは主にSP (サブスタンスP)、CGRP (calcitonin gene-related peptide:カルシトニン遺伝子関連ペプチド)陽性神経終末のヒスタミン刺激による呼吸反射であり、知覚刺激効果が鼻粘膜過敏性により増幅されたものと考えられています。また、水様性鼻汁も主にSP、CGRP陽性神経終末に対するヒスタミンの刺激効果が、鼻粘膜過敏症で増幅されて中枢に伝えられ、副交感神経反射により神経終末から遊離されるアセチルコリンが鼻腺に作用した鼻腺由来の分泌物と考えることが出来ます(鼻アレルギー診療ガイドライン-2013年板(改訂第7版))。そこで考案された術式として、感作された鼻粘膜において抗原刺激の際に遊離されるマスト細胞からのヒスタミンと知覚神経終末との相互作用を断ち切るために関与する神経を切断するものである。我々は、最近粘膜下下甲介骨切除術を施行し、その際に下甲介粘膜に進展している後鼻神経をコロラドニードル針を用いて丁寧に一本一本焼灼切断しており治療効果を上げています。
  3. 以前から歯性副鼻腔炎が特に片側性副鼻腔炎における鑑別疾患として注目されてきた。しかしながら、その詳細について歯科との密な連携が必要なことから解析が不十分なところもあります。我々の教室は耳鼻咽喉科と顎口腔外科が一つの医局の中で運営されているため、詳細な検討が可能であります。そしてこれまでの報告よりも高い(70%以上)関連があることを報告し(現在論文投稿中)、その中で嫌気性菌や真菌の関与について研究を施行しています。
  4. 近年、慢性副鼻腔炎の病態が多様化している。昔ながらの細菌感染が契機または増悪因子である好中球主体の鼻漏を呈する慢性副鼻腔炎(好中球性副鼻腔炎または非好酸球性副鼻腔炎といえる病態)でマクロライド少量長期療法が有効であることが多いものは減少していますが、この10年あまり前から血清および副鼻腔粘膜の好酸球増多を呈する慢性副鼻腔炎(好酸球性副鼻腔炎)が増加してきており、またその保存的治療に抵抗性で手術後も再発しやすいという難治性から問題となっております。この疾患における好酸球集蔟の機序、病態がいまだ解明されきれておりません。我々は、好酸球性副鼻腔炎のよりお効果的な治療を行うために副鼻腔外来にて手術方法の詳細な検討やステロイドの術前の内服、術後の鼻噴霧用ステロイドやロイコトリエン受容体拮抗剤などを用いて長期経過観察をおこなっております。
    また真菌が抗原となるI型もしくはIII型アレルギー性副鼻腔炎である、アレルギー性真菌性副鼻腔炎についてもエビデンスに基づいた治療を行っています。
  5. 内視鏡下鼻内手術がそのデバイスの向上とともに発展してきている。我々は、最新型のナビゲーションシステムを用いて、鼻副鼻腔・頭蓋底の良性腫瘍から悪性腫瘍まで可能な限り、内視鏡下鼻内アプローチを施行しています (Modified Lothrop (Draf III) Procedure, Endoscopic (modified) medial maxillectomyなど)。
基礎研究
  1. アレルギー性鼻炎の鼻汁、くしゃみ症状に関与する知覚神経に着目している。これまでにNGFの発現・関与に関するものがいくつか報告されています。我々は、アトピー性皮膚炎にて実証されてきた神経反発因子Semaphorin3Aについて鼻粘膜での発現、関与について検討を行っています。 この分子は神経反発因子の文字通り鼻粘膜における知覚神経の上皮側への進展を抑える働きが示唆されます。将来的にこの分子を用いた創薬に発展することが期待されます。
  2. 保存的治療に抵抗し、手術後も再発しやすく難治性の好酸球性副鼻腔炎の病態解明、効果的な治療法における基礎的研究も施行しています。この病態は病的粘膜、鼻茸に好酸球が多数浸潤しており、典型例は成人発症の喘息を併発しやすく、また早期に嗅覚障害を生じます。我々は、呼吸器内科との共同研究においてこの病態をOne airway, one diseaseの概念に基づき、上気道と下気道から解明しようとしています。
  3. 臨床的に癌の診断、進行度はCT, MRI, エコー, PET-CTなどの画像検査と病変組織の細胞診, 組織生検などにてなされますが、これらの補助診断として腫瘍マーカーの存在があります。頭頸部領域癌の組織はそのほとんどが扁平上皮癌であるが、腺癌、甲状腺癌(乳頭腺癌、濾胞腺癌、その他)など様々であります。これまで臨床にて使用されている癌腫瘍マーカーはSCC, CEA, シフラが主であるが、いずれも特異度が高いとは言えません。治療前後の臨床経過を見る際や進行度の補助診断としても、より特異的なマーカーの存在が求められます。
    近年、分子生物学及び免疫学の進歩により多数のヒト癌抗原が単離同定されているが中で,多正常細胞には発現しないものの免疫系からは隔絶された精巣にのみ発現する分子が判明しています。 これら癌・精巣抗原が、癌ワクチン療法の標的分子として最も期待されています。そこで頭頸部癌組織のより特異度の高い新規癌・精巣抗原を同意が得られた患者さん癌組織の一部を用いてgene chipなどの手法を用いて同定し、臨床応用することを検討している。その中で現在我々の頭頸部グループが施行しているセンチネルリンパ節生検への応用や、ヒトパピローマウイルス由来の有無による治療方針の検討なども予定いたします。研究代表者横井秀格の共同研究グループは、精子形成過程における詳細な分子機構を解明する目的で研究を行っています。 その過程で新規の生殖細胞マーカータンパク質であるTEX101を発見し、頭頸部癌におけるTEX101のタンパク質としての発現を検討するため、ヒトTEX101に対する多クローン抗体を作製し、本抗体を用いて頭頸部扁平上皮癌を免疫染色しました。その結果、癌細胞にのみ免疫陽性反応が認められ、本分子が頭頸部扁平上皮癌にタンパク質レベルでも発現していることが強く示唆されました。 この分子を用いてさらなる腫瘍マーカーとしての特異性など検討しています。

近年の主な業績

  1. Masuda M,Li Y1,2,Pak K1,2,Chavez E1,2,Mullen L1,2,Ryan AF1,2(1UCSD School of Medicine,2Veterans Administration): The Promoter and Multiple Enhancers of the pou4f3 Gene Regulate Expressionin Inner Ear Hair Cells.Mol Neurobiol 54(7):5414-5426,2017.
  2. Miyamoto M,Kobayashi Y1,Miyata E1,Sakagami T1,Yagi M1,Kanda A1,Michiura T1,Tomoda K1(1KansaiMedical Universit):Residual Recurrent Nerve Paralysis After Esophagectomy is Associated with Preoperative Lower Serum Albumin.Dysphagia 32(4):520-525,2017.
  3. Kasakura-Kimura N,Masuda M,MutaiH1,MasudaS2,MorimotoN3,OgaharaN4,MisawaH5,SakamotoH6,SaitoK,MatsunagaT7(1National Institute of Sensory Organs, National Hospital Organization Tokyo Medical Center,2National Mie Hospital,3National Center for Child Health and Development,4Kanagawa Children's Medical Center,5National Hospital Organization Nagoya Medical Center,6Hyogo Prefectural Kobe Children's Hospital,7Medical Genetics Center, National Hospital Organization Tokyo Medical Center):WFS1 and GJB2 mutations in patients with bilateral low-frequency sensorineural hearing loss.Laryngoscope 127(9):324-329,2017.
  4. Matsumoto Y, Sakurai H1, Kogashiwa Y2, Kimura T1, Matsumoto Y, Shionome T3, Asano M3, Saito K, Kohno N:(1Departments of Pharmacology and Toxicology, Kyorin University,2Saitama Medical University International Medical Center,3 Nihon University School of Dentistry):Inhibition of epithelial-mesenchymal transition by cetuximab via the EGFR-GEP100-Arf6-AMAP1 pathway in head and neck cancer. Head Neck 39(3):476-485,2017.
  5. Yokoi H,Yoshitake H1,Matsumoto Y,Kawada M,Takato Y2,Shinagawa K2,Sakurai H3,Saito K(1Juntendo University Graduate School,2SHIDAX Research Institute,3Department of Pharmacology, Kyorin University):Involvement of cross-reactive carbohydrate determinants-specific IgE in pollen allergy testing.Asia Pac Allergy 7(1):29-36,2017.
このページのトップへ

PAGE TOP