大学ホーム医学部教員紹介山田 深

教員紹介:山田 深

氏名 山田 深
フリガナ ヤマダ シン
職位 准教授
所属教室 リハビリテーション医学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 整形外科学分野(リハビリテーション医学)
担当科目(学部) リハビリテーション医学
兼務・兼担 リハビリテーション医学(保健学部)
専門分野 障害評価、脳卒中リハビリ、宇宙医学生物学、ICF
研究テーマ 日常生活動作評価尺度
軌道上での効率的・効果的運動
微小重力環境下での歩行動作解析
国際生活機能分類
略歴 1997年 慶應義塾大学医学部卒業
1997年 同 リハ医学教室入局
2006年 杏林大学医学部リハ医学教室助手
2009年 慶應義塾大学講師 月が瀬リハセンター
2010年 宇宙航空研究開発機構 
    宇宙医学生物学研究室主任研究員
    宇宙飛行士健康管理グループ(併任)
2012年 杏林大学医学部リハ医学教室講師
2016年 同 准教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本リハビリテーション医学会指導医・専門医・認定医
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
日本航空宇宙環境医学会認定医
身体障害者福祉法第15条指定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Yamada S, Ohshima H, Yamaguchi T, Narukawa T, Takahashi M, Hase K, Liu M, Mukai C. Simulation Studies of Bipedal Walking on the Moon and Mars. Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence, Aerospace Technology Japan 10: 5-7, 2012.
2) Yamada S, Liu M, Hase K, Tanaka N, Fujiwara T, Tsuji T, Ushiba J. Development of a short version of the FIM for use in long-term care settings. Journal of Rehabilitation Medicine, 37:1-8, 2005.
所属学会 The International Society of Physical and Rehabilitation Medicine
日本リハビリテーション医学会(代議員,国際委員会委員長,編集委員, 関東地方会幹事)
日本摂食嚥下リハビリテーション学会(評議員)
日本脳卒中学会
日本臨床神経生理学会
日本航空宇宙環境医学会
日本宇宙生物科学会
公的な委員会等の役員・委員歴 International Space Station Medical Working Group, Countermeasures Working Group (2010-2012)
WHO Family of International Classifications, Functioning and Disability Reference Group (2015-)
学外活動 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員(非常勤招聘)
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 編集委員
関東学生アメリカンフットボール連盟 社員代表
ひとことメッセージ 重力と人間の活動という視点から、廃用とリハビリテーションについて考えています。在宅患者から宇宙飛行士まで。
歩くこと、食べること、話すこと、生活場面での様々な障害の克服をサポートします、重力に打ち克ち、寝たきりにならないための方法を検討します。
このページのトップへ

PAGE TOP