大学ホーム医学部教員紹介宮東 昭彦

教員紹介:宮東 昭彦

氏名 宮東 昭彦
フリガナ クドウ アキヒコ
職位 准教授
学内の役職・委員等 中期教育開発部会、学園・医学部ホームページ
所属教室 解剖学(顕微解剖学)
専攻・専門分野
 (大学院)
生理系専攻 器官構築学分野(顕微解剖学)
担当科目(学部) M2 組織解剖学(講義および実習)
M3 内分泌・代謝系器官の解剖
担当科目(大学院) 基礎臨床共通講義 I 「実験データのデジタル画像処理・解析」
専門分野 組織細胞化学、生殖内分泌系
研究テーマ ・精巣の精細管精上皮周期の加齢による変化
・下垂体前葉におけるホルモン分泌細胞の動態
・組織細胞化学分野におけるデジタル画像解析手法の適用
略歴 1989年 東京大学理学部生物学科 卒
1993年 同大学院理学系研究科を中退し[1994年 博士(理学)]、杏林大学医学部 助手
1998年 同 講師
(2004-05年 米国アーカンソー医科大学 医学部 神経生物学・発生科学教室 客員教授)
2015年 同 准教授、現在に至る
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 《論文》
■Mizukawa Y et al.(共著): Epidermal Neuromedin U Attenuates IgE-Mediated Allergic Skin Inflammation. PLoS One 11, e0160122, 2016.
DOI: http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0160122

■Watanabe T et al.(共著): MicroRNAs in retina during development of experimental autoimmune uveoretinitis in rats. Br J Ophthalmol 100, 425-431, 2016.
DOI: http://dx.doi.org/10.1136/bjophthalmol-2015-306924

■Nonaka MI et al.(共著): Epididymal C4b-binding protein is processed and degraded during transit through the duct and is not essential for fertility. Immunobiology 220:467-475, 2015.
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.imbio.2014.11.001

《著書など》
■宮東昭彦, 川上速人(共著, 分担): 画像解析による画像データ定量化の基礎. 日本組織細胞化学会 編「組織細胞化学2015」, 学際企画, 東京, pp. 177-187, 2015.

■宮東昭彦(翻訳, 分担): 内分泌腺. 坂井, 川上 監訳「ジュンケイラ組織学 第4版」, 丸善, 東京, pp. 423-448, 2015.

■宮東昭彦(翻訳, 分担): 女性生殖器系,男性生殖器系. 川上,松村 監訳「ガートナー/ハイアット組織学 テキストとアトラス 第3版」, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, pp. 406-454, 2014.
所属学会 日本解剖学会(情報技術委)、
日本組織細胞化学会(評議員、男女共同参画委)、
日本顕微鏡学会(代議員、広報委)、
日本生殖内分泌学会、日本臨床分子形態学会、日本比較内分泌学会、日本動物学会
ひとことメッセージ よろしくお願いいたします。
関連サイト 解剖学(顕微解剖学)ホームページ
電子メール akudo@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP