大学ホーム医学部教員紹介田中 弦

教員紹介:田中 弦

氏名 田中 弦
フリガナ タナカ ゲン
職位 助教
所属教室 薬理学
専攻・専門分野
 (大学院)
生理系専攻 分子細胞薬理学分野
担当科目(学部) 薬理学
兼務・兼担 薬理学(付属看護専門学校)
専門分野 分子細胞生物学 ペプチド・タンパク質化学
研究テーマ 腎における尿酸輸送機構の解明
尿酸トランスポーターの発現調節機構の解析
略歴 2007年5月 東京工業大学大学院生命理工学研究科博士後期課程 単位取得退学
2007年6月 学位取得(東京工業大学)
2007年6月 京都大学化学研究所 博士研究員
2013年4月 現職
所有する学位 博士(工学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Kawaguchi Y, Tanaka G, Nakase I, Imanishi M, Chiba J, Hatanaka Y, Futaki S: Identification of cellular proteins interacting with octaarginine (R8) cell-penetrating peptide by photo-crosslinking. Bioorg Med Chem Lett. 2013; 23: 3738-3740

2. Nakase I, Tanaka G, Futaki S: Cell-penetrating peptides (CPPs) as a vector for the delivery of siRNAs into cells. Mol Biosyst. 2013; 9: 855-861

3. Tanaka G, Nakase I, Fukuda Y, Masuda R, Oishi S, Shimura K, Kawaguchi Y, Takatani-Nakase T, Langel U, Gräslund A, Okawa K, Matsuoka M, Fujii N, Hatanaka Y, Futaki S: CXCR4 stimulates macropinocytosis: implications for cellular uptake of arginine-rich cell-penetrating peptides and HIV. Chem Biol. 2012; 19: 1437-1446

4. Nakase I, Okumura S, Tanaka G, Osaki K, Imanishi M, Futaki S:Signal transduction of biological systems through an artificial receptor system via dimerization of a bivalent leucine-zipper ligand. Angew Chem Int Ed Engl. 2012; 54: 7464-7467

5. Takayama K, Hirose H, Tanaka G, Pujals S, Katayama S, Nakase I, Futaki S: The effect of the attachment of a penetration accelerating sequence and the influence of hydrophobicity on octaarginine-mediated intracellular delivery. Mol Pharm. 2012; 9: 1222-1230
所属学会 日本化学会 日本薬学会 日本ケミカルバイオロジー学会
電子メール gtanaka@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP