大学ホーム医学部教員紹介藤原 正親

教員紹介:藤原 正親

氏名 藤原 正親
フリガナ フジワラ マサチカ
職位 准教授
学内の役職・委員等 医局長
所属教室 病理学
専攻・専門分野
 (大学院)
病理系専攻 病理学分野
担当科目(学部) 病理学
兼務・兼担 病理学(付属看護専門学校)
専門分野 肺癌の病理
研究テーマ 肺の病理、癌とテロメア・テロメラーゼ
略歴 1993年3月 筑波大学医学専門学群卒業
1993年4月 筑波大学附属病院レジデント
1999年4月 県西総合病院病理科
2005年6月 杏林大学医学部助手
2009年6月 杏林大学医学部学内講師
2010年4月 杏林大学医学部講師
2016年4月 杏林大学医学部准教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 病理専門医,細胞診専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 藤原正親,菅間博,大塚弘毅:中皮腫の病態.臨床検査 52:968-972, 2008.
藤原正親:第16章 腎臓(翻訳).ルービン カラー病理学Q&A.坂本穆彦監訳.東京,丸善,2008.p. 195-222.
Fujiwara M, Kamma H, Wu W, Yano Y, Homma H, Satoh H: Alternative lengthening of telomeres in the human adrenocortical carcinoma cell line H295R. Int J Oncol 29:445-451, 2006.
所属学会 日本病理学会
日本臨床細胞学会
学外活動 日本サッカー協会4級審判員
このページのトップへ

PAGE TOP