大学ホーム医学部教員紹介吉田 正雄

教員紹介:吉田 正雄

氏名 吉田 正雄
フリガナ ヨシダ マサオ
職位 准教授
学内の役職・委員等 医学部迅速倫理審査委員会委員
所属教室 衛生学公衆衛生学
専攻・専門分野
 (大学院)
社会医学系専攻 社会医療情報学分野
担当科目(学部) 医学部1年: 医療安全(生命倫理、根本原因分析(RCA))
       地域と大学
医学部3年: 臨床医学総論(医の倫理)
       医学統計学
医学部4年: 生活習慣病学
医学部6年: 臨床総合演習1(公衆衛生学)
       臨床総合演習2(社会医学)
担当科目(大学院) 臨床疫学、予防医学、生命倫理
兼務・兼担 医学部附属看護専門学校講師(公衆衛生学)
専門分野 生活習慣病、臨床疫学、抗加齢医学、生命倫理
研究テーマ 生活習慣病のリスクファクターや抗加齢医学に関する臨床疫学研究
略歴 1997年3月 杏林大学医学部卒業
1997年5月 杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室助教(任期制)
2003年9月 博士(医学) 杏林大学第407号
2004年4月 杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室助教
2008年4月 杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室学内講師
2011年4月 杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室講師
杏林大学医学部 Teacher of the Year 2014 受賞
杏林大学医学部 Teacher of the Year 2015 受賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 社会医学系専門医制度指導医
日本公衆衛生学会認定専門家
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本臨床内科医会認定医
日本臨床内科医会推奨禁煙指導医
日本禁煙学会認定禁煙指導医
日本慢性期医療協会慢性期医療総合診療医
日本慢性期医療協会在宅医療認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 論文
1)Yoshida M, Take S, Ishikawa M, et al. Association of smoking with intraocular pressure in middle-aged and older Japanese residents. Environ Health Prev Med 2014; 19: 100-107.
2)Yoshida M, Ishikawa M, Karita K, et al. Association of Blood Pressure and Body Mass Index with Intraocular Pressure in Middle-aged and Older Japanese Residents: A Cross-sectional and Longitudinal Study. Acta Medica Okayama 2014; 68: 27-34.
3)Yoshida M, Meguro A, Okada E, et al. Association study of fibroblast growth factor 10 (FGF10) polymorphisms with susceptibility to extreme myopia in a Japanese population. Mol Vis 2013; 19: 2321-2329.
4)Yoshida M, Meguro A, Yoshino A, et al. Association study of IGF1 polymorphisms with susceptibility to high myopia in a Japanese population. Clin Ophthalmol 2013; 7: 2057-2062.
5)Yoshida M, Take S, Ishikawa M, et al. Interrelationship among blood pressure, intraocular pressure, and life-style in middle-aged and older Japanese residents. Health 2013; 5: 1527-1532.
6)Yoshida M, Ishikawa M, Kokaze A, et al. Association of Blood Pressure and Body Mass Index with Intraocular Pressure in Middle-aged and Older Japanese Residents. Jpn J Health Human Ecology 2013; 79: 99-106.
7)Yoshida M, Inoue M, Iwasaki M, et al. Association of body mass index with risk of age-related cataracts in a middle-aged Japanese population: the JPHC Study. Environ Health Prev Med 2010; 15: 367-373.
8)Yoshida M, Takashima Y, Inoue M, et al. Prospective study showing that dietary vitamin C reduced the risk of age-related cataracts in a middle-aged Japanese population. Eur J Nutr 2007; 46: 118-124.
9)Yoshida M, Ishikawa M, Kokaze A, et al. Association of life-style with intraocular pressure in Middle-aged and older Japanese residents. Jpn J Ophthalmol 2003; 47: 191-198.
10)Yoshida M, Okada E, Mizuki, N, et al. Age-specific prevalence of open-angle glaucoma and its relationship to refraction among more than 60,000 asymptomatic Japanese subjects. J Clin Epidemiol 2001; 54, 1151-1158.

著書
1)吉田正雄: 「エッセンシャル社会・環境と健康 第2版」 医歯薬出版, 2017. p.111-114, p.237-242.
2)吉田正雄: 「化学実験における事故例と安全」 オーム社, 2014. p.296-305.
3)高島 豊、吉田正雄: 「臨床栄養医学」 南山堂, 2009. p.228-232.
4)Yoshida M: 「Focus on Glaucoma Research」 Nova Science Publishers, New York, 2005. p.49-79.
所属学会 日本臨床内科医会、日本人間ドック学会、日本禁煙学会
日本公衆衛生学会、日本健康学会、九州農村医学会
International Epidemiological Association(IEA)
Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)
公的な委員会等の役員・委員歴 厚生労働省 多目的コホート研究(JPHC Study)班長協力者
医学系CBT実施小委員会ブラッシュアップ専門部会委員
日本健康学会 評議員・編集委員
九州農村医学会 評議員
学外活動 2015年~    所沢医師会立所沢看護専門学校 非常勤講師(公衆衛生学)
2009~2015年 国立病院機構災害医療センター附属昭和の森看護学校 非常勤講師(公衆衛生学)
2011~2012年 西東京歯科衛生士専門学校 非常勤講師(救急処置法、臨床検査と画像診断、医療用医薬品)
2010~2011年 日本女子体育大学 非常勤講師(救急処置法)
ひとことメッセージ 宜しくお願いします。
このページのトップへ

PAGE TOP