大学ホーム医学部教員紹介粟崎 健

教員紹介:粟崎 健

氏名 粟崎 健
フリガナ アワサキ タケシ
職位 教授
学内の役職・委員等 プレチュートリアル小委員会
所属教室 生物学
専攻・専門分野
 (大学院)
生理系専攻 器官構築学分野(ゲノム・遺伝学)
担当科目(学部) 入門生物学・生物学・生物学実習・分子生物学・プレチュートリアル
担当科目(大学院) ゲノム・遺伝学、器官構築学
専門分野 神経生物学 発生遺伝学
研究テーマ ショウジョウバエ脳神経組織をモデル実験系に用いて、1)神経幹細胞の発生・分化・進化を基盤とする神経回路形成機構、2)神経ーグリア相互作用、の基本原理の解明を目指す。
略歴 北海道大学理学部卒業、同大学院修了(博士 1995年)。国立精神神経センター・流動研究員、国立基礎生物学研究所・PRESTO 専任研究員、東京大学分子細胞生物学研究所・助教、マサチューセッツ大学医学部・助教授、ハワードヒューズ医科学研究所 ジェネリアファーム研究所・研究員を経て、2012年9月より杏林大学医学部・准教授、2014年4月より同・教授。
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 主要論文
1. Ren Q*, Awasaki T*, et al (2016). Cell Class-Lineage Analysis Reveals Sexually Dimorphic Lineage Compositions in the Drosophila Brain.Curr Biol in press *equal contribution
2. Awasaki T, et al (2016). Regeneration switch is a gas.Nature 531,182
3. Awasaki T, et al (2014). Making Drosophila lineage-restricted drivers via patterned recombination in neuroblasts. Nature Neurosci 17,631
4. Yu HH*, Awasaki T, et al (2013). Clonal Development and Organizationof the Adult Drosophila Central Brain Curr Biol 23, 633 *equal contribution
5. Awasaki T, et al (2011). Glial cell-derived TGF-b ligand, Myoglianin, regulates developmental remodeling of larval neural circuits in Drosophila. Nature Neurosci 14, 821
6. Awasaki T, et al, (2008). Organization and postembryonic development of glial cells in the adult central brain of Drosophila. J Neurosci 28, 13742
7. Awasaki T, et al (2006). Essential role of the apoptotic cell engulfment genes draper and ced-6 in programmed axon pruning during Drosophila metamorphosis. Neuron 50, 855
8. Awasaki T, Ito K. (2004). Engulfing action of glial cells is required for programmed axon pruning during Drosophila metamorphosis. Curr Biol 14, 668
9. Awasaki T, et al (2000). The Drosophila trio plays an essential role in patterning of axons by regulating their directional extension. Neuron 26, 119
所属学会 日本遺伝学会(評議員)、日本発生生物学会、日本神経科学会、日本分子生物学会
このページのトップへ

PAGE TOP