大学ホーム医学部教員紹介丑丸 真

教員紹介:丑丸 真

氏名 丑丸 真
フリガナ ウシマル マコト
職位 教授
所属教室 化学
専攻・専門分野
 (大学院)
生理系専攻 病態生化学分野(分子機能生化学)
担当科目(学部) 生体化学、生体化学実習、入門化学
担当科目(大学院) 生体エネルギー学特論、生体エネルギー学演習
専門分野 物質輸送のエネルギー論・イオン輸送機構
研究テーマ ・骨格筋小胞体Ca2+-ATPaseのCa2+輸送の機能単位
・イオン輸送ATPaseのイオン選択性原理
略歴 1994年3月 大阪大学大学院理学研究科単位取得退学
1994年4月 杏林大学医学部化学教室(助手)着任。講師、准教授を経て、
2012年4月より現職
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 Inhibitory action of linoleamide and oleamide toward sarco/endoplasmic reticulum Ca2+-ATPase.
Yamamoto S, Takehara M, Ushimaru M.
Biochim Biophys Acta. 2017;1861(1 Pt A):3399-3405

Identification of novel inhibitors of human SPCA2.
Yamamoto S, Takehara M, Kabashima Y, Fukutomi T, Ushimaru M.
Biochem Biophys Res Commun. 2016; 477(2):266-70.

The involvement of L-type amino acid transporters in theanine transport.
Yamamoto S, Kimura T, Tachiki T, Anzai N, Sakurai T, Ushimaru M.
Biosci Biotechnol Biochem. 2012;76(12):2230-5.

The dimeric form of Ca2+-ATPae is involved in Ca2+ transport in the sarcoplasmic reticulum.
Ushimaru M and Fukushima Y.
Biochem J. 2008; 4(14):357-361.

Synthesis of ATP by the simple addition of ADP to the p-nitrophenyl-phosphate-prepared phosphoenzyme of the sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase.
Ushimaru M, Fukushima Y.
Biochem Biophys Res Comm. 2007; 353:799-804.
所属学会 日本生化学会、日本生物物理学会、生体エネルギー研究会
このページのトップへ

PAGE TOP