大学ホーム医学部教員紹介江原 威

教員紹介:江原 威

氏名
 
江原 威
エバラ タケシ EBARA, Takeshi
職位 教授
所属教室 放射線腫瘍学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 放射線医学分野
専門分野 肺癌の放射線治療,放射線全般
研究テーマ 放射線治療における腫瘍制御と正常臓器障害
略歴 1994年 5月 群馬大学医学部付属病院・研修医
1994年 12月 前橋赤十字病院・研修医
1995年 4月 群馬大学大学院医学研究科内科学系専攻入学
1999年 3月 群馬大学大学院医学研究科内科学系専攻終了
1999年 4月 共立蒲原総合病院・放射線科・医長
2001年 4月 静岡県立総合病院・放射線科・医長
2005年 6月 群馬大学医学部付属病院・放射線科・助手
2007年 12月 群馬大学医学部付属病院・放射線科・講師
2011年 10月 埼玉医科大学医学部・放射線腫瘍科・准教授
2014年 1月 群馬県立がんセンター・放射線治療部・部長兼重粒子治療室長
2019年 1月 杏林大学医学部放射線腫瘍学教室・教授
所有する学位 博士(医学)
論文・著書等を含む主要研究業績 ・Shirai K, Abe T, Saitoh JI, Mizukami T, Irie D, Takakusagi Y, Shiba S, Okano N, Ebara T, Ohno T, & Nakano T: Maximum standardized uptake value on FDG-PET predicts survival in stage I non-small cell lung cancer following carbon ion radiotherapy. Oncol Lett 13(6):4420-4426,2017.
・Abe T, Shirai K, Saitoh J, Ebara T, Shimada H, Tashiro M, Okano N, Ohno T, & Nakano T: Incidence, risk factors, and dose-volume relationship of radiation-induced rib fracture after carbon ion radiotherapy for lung cancer. Acta Oncol 55(2):163-166,2016.
・Abe T, Tamaki T, Makino S, Ebara T, Hirai R, Miyaura K, Kumazaki Y, Ohno T, Shikama N, Nakano T, & Kato S: Assessing cumulative dose distributions in combined radiotherapy for cervical cancer using deformable image registration with pre-imaging preparations. Radiat Oncol 20;9(1):293,2014.
・Ebara T, Shimada H, Kawamura H, Shirai K, Saito J, Kawashima M, Tashiro M, Ohno T, Kanai T, & Nakano T.: Dosimetric analysis between carbon ion radiotherapy and stereotactic body radiotherapy in stage I lung cancer. Anticancer Res 34(9):5099-5104,2014.
・Ebara T, Ohno T, & Nakano T: Quantitative medical cost-effectiveness analysis of molecular-targeting cancer drugs in Japan. DARU Journal of Pharmaceutical Sciences 25;21(1):40,2013.
・Ebara T, Kawamura H, Kaminuma T, Okamoto M, Yoshida D, Okubo Y, Takahashi T, Kobayashi K, Sakaguchi H, Ando Y, & Nakano T: Hemithoracic Intensity-modulated Radiotherapy Using Helical Tomotherapy for Patients after Extrapleural Pneumonectomy for Malignant Pleural Mesothelioma. J Radiat Res 53(2):288-294,2012.
このページのトップへ

PAGE TOP