大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ臨床検査医学教室

研究室・研究グループ紹介:臨床検査医学教室

「大学院教育」に関する特色

臨床検査医学は臨床医学的側面を多分に有するものの,杏林大学大学院医学研究科においては病理系として基礎医学的な要素を併せ持つものとして位置付けられています。

まず,大学院生には基礎的,臨床的な研究活動を通して検査医学における独創的な研究に参画していくことが求められております。日常の臨床(検査)業務のなかで遭遇したさまざまな問題点を糸口として,より安全かつ正確な臨床検査に直接的,間接的に繋がる研究を行うことが重要であると考えます。

多彩な分野をカバーしている点が検査医学の特徴でもあり,これ以外の領域に関する研究活動についても可能なかぎりの支援を行う準備があります。臨床検査医学に在籍する大学院生はまた,各自の特性や将来の展望を考慮して選択した臨床検査関連の特定の分野に関して,より高度かつより先進的な臨床活動に従事することも可能であります。

このような研究,臨床活動を通して,将来の臨床検査医学分野を担う有為な人材を育てることが医学研究科,臨床検査医学教室の責務であります。

教室スタッフ

教 授 渡邊 卓
大西 宏明
講 師 大塚 弘毅
助 教 山崎 聡子

*兼担教授

(保健学部臨床工学科)

岸野 智則

研究テーマ

【臨床微生物に関する研究】

当院で発見された抗酸菌の新種 "Mycobacterium kyorinense"の臨床および分子生物学的研究。

【がんゲノム診断研究】

がん遺伝子検査の精度管理の研究。新世代シーケンスによるがんゲノム診断や血液、細胞診検体によるリキッドバイオプシー研究。

【肝疾患と脂質代謝に関する研究】

メタボリックシンドロームを中心とする生活習慣病の画像解析および分子生物学的研究。

【肺癌研究】

発癌Germline変異リスクを診断し、肺癌の予防や早期発見早期治療を行う先制医療研究。肺癌の分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤のバイオマーカー研究。

当科大学院生(2017年4月現在)

外科系所属の大学院生2名が当教室において技術的指導を受けながら研究を進めています。

当教室員の受賞歴

2008年度
Kouki Ohtsuka: "Eminent Scientist of the Year 2008" International Research Promotion Council World Scientists Forum International Award
2007年度
大西宏明: "日本臨床検査医学会学会奨励賞" 日本臨床検査医学会

近年の主たる業績

  1. Yonetani S, Ohnishi H, Ohkusu K, Matsumoto T, Watanabe T. Direct identification of microorganisms from positive blood cultures by MALDI-TOF MS using an in-house saponin method. Int J Infect Dis. 2016 Nov;52:37-42.
  2. Ida Y, Ohnishi H, Araki K, Saito R, Kawai S, Watanabe T. Efficient management and maintenance of ultrasonic nebulizers to prevent microbial contamination. World J Methodol. 2016 Mar 26;6(1):126-32.
  3. Watanabe K, Kishino T, Sano J, Ariga T, Okuyama S, Mori H, Matsushima S, Ohtsuka K, Ohnishi H, Watanabe T. Relationship between epicardial adipose tissue thickness and early impairment of left ventricular systolic function in patients with preserved ejection fraction. Heart Vessels. 2016 Jun;31(6):1010-5.
  4. Ohtsuka K, Ohnishi H, Nozaki E, Pais Ramos J, Tortoli E, Yonetani S, Matsushima S, Tateishi Y, Matsumoto S, Watanabe T. Whole-Genome Sequence of Mycobacterium kyorinense. Genome Announc. 2014 Oct 16;2(5). pii: e01062-14.
  5. Yonetani S, Ohnishi H, Araki K, Hiroi M, Takagi Y, Ichimura S, Watanabe T. A psoas abscess caused by Propionibacterium propionicum. J Infect Chemother. 2014 Oct;20(10):650-2.
  6. Kishino T, Mori T, Kawai S, Mori H, Nishikawa K, Hirano K, Matsushima S, Ohtsuka K, Ohnishi H, Watanabe T. Carcinosarcoma, an atypical subset of gallbladder malignancies. J Med Ultrason (2001). 2014 Oct;41(4):487-90.
  7. Matsushima S, Ohtsuka K, Ohnishi H, Fujiwara M, Nakamura H, Morii T, Kishino T, Goto H, Watanabe T. V843I, a lung cancer predisposing EGFR mutation, is responsible for resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors. J Thorac Oncol. 2014 Sep;9(9):1377-84.
  8. Ohnishi H, Yonetani S, Matsushima S, Wada H, Takeshita K, Kuramochi D, Caldas PC, Campos CE, da Costa BP, Ramos JP, Mikura S, Narisawa E, Fujita A, Funayama Y, Kobashi Y, Sakakibara Y, Ishiyama Y, Takakura S, Goto H, Watanabe T. Mycobacterium kyorinense infection. Emerg Infect Dis. 2013 Mar;19(3):508-10.
  9. Ohtsuka K, Ohnishi H, Kurai D, Matsushima S, Morishita Y, Shinonaga M, Goto H, Watanabe T. Familial lung adenocarcinoma caused by the EGFR V843I germ-line mutation. J Clin Oncol. 2011 Mar 10;29(8):e191-2.
  10. Kishino T, Ohnishi H, Ohtsuka K, Matsushima S, Watanebe K, Urata T, Honda Y, Matsumoto M, Mine Y, Nishikawa K, Mori H, Takahashi S, Ishida H, Watanabe T. Subcutaneous rather than visceral adipose tissue thickness of the abdomen correlates with alterations in serum fatty acid profile in Japanese women. Clin Chim Acta. 2011 Sep 18;412(19-20):1893-4.
このページのトップへ

PAGE TOP