大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ高齢医学教室

研究室・研究グループ紹介:高齢医学教室

高齢医学教室は本邦が高度成長期を終え安定期に移行した1983年に、加齢に伴う諸問題について研究する講座として開設されました。高齢者は医学的・社会的両見地から、多病性や様々な因子を統合して病態を捉える必要があるため、非高齢者の病態とは一線を画して考える必要があったからです。
当教室は"本邦における高齢医学(老年医学)のパイオニア"として様々なオリジナリティーにあふれる概念やツールを社会に発信し、国内外に広めてきました(高齢者総合機能評価(CGA)やポリファーマシー、フレイル、転倒スコアなど)。
高齢者研究は、個々の身体・精神・社会的機能から評価される老年期の各ステージごとに、必要とされる目的が異なるため、方向性を的確にとらえ、"回復もしくはrewind"、要介護状態への進行防止、進行抑制や症状緩和など目的に応じて、切り口を変える必要性があります。


1892 年に Sir William Osler が "The Principals and Practice of Medicine" 中で「ひとは血管とともに老いる」と著述しました。当教室の重点研究の一つが動脈硬化研究です。動脈硬化は心臓や脳・腎臓などに障害を与え、加齢性疾患の発生につながります。当教室は診療部門として"もの忘れセンター"および"高齢診療科(外来・病棟)"を併設しておりますが、血管性認知症は無論のこと、その他の各種認知症疾患における動脈硬化病変の関与、また、動脈硬化は上述の高齢者特有の性質に寄与する重要な要因であることから、動脈硬化を基軸とする未解決の高齢者全身疾患諸問題に臨床的、基礎的見地から取り組んでおります。

 
杏林大学高齢医学教室 診療概念図

また、Sir William Oslerは同書の中で"肺炎は老人の友である"とも著述しています。これまで行ってきた高齢者誤嚥性肺炎メカニズム解明研究を基盤とし、2025年には700万人に急増すると推計されている認知症患者の"誤嚥性肺炎および摂食嚥下障害そして終末期問題"の、時間軸を考えた病態解明ならびに予防法や対処法開発といった急務の臨床課題にも、重点的に取り組んでいます。また、認知症が高度なステージになった段階で起こる様々な事象や混沌としている認知症高齢者の最期の在り方についての科学的論拠を作るための研究にも取り組んでいます。

研究成果は、アカデミアの中だけではなく、どのような診療場面でも(病院・診療所・在宅問わず)いつでもフィードバックし、実際の診療に役立つ実学であることをモットーとしており、常に"患者から学ぶ"という謙虚な基本姿勢で、「フレイルから最期まで」をスローガンに高齢者包括的診療に合致した連続性のある研究を行っています。

研究プロジェクト

臨床

神﨑恒一(教授)

  • 認知症の地域連携構築に関する研究
  • 地域での在宅医療推進のための研究
  • フレイル高齢者のレジストリ研究及び地域高齢者におけるフレイル予防プログラムの開発・検証
  • 要介護高齢者、フレイル高齢者、認知症高齢者に対する栄養療法、運動療法、薬物療法に関するガイドライン作成に向けた調査研究
  • 転倒リスクの評価と予防

神﨑恒一(教授)、輪千安希子

  • MCI全国有症率調査と認知症診断補助ツールの開発

神﨑恒一(教授)、永井久美子(実験助手)

  • 高齢者における認知症や脳血管障害の発症に脳小血管病が関与する臨床的意義の解明
  • 身体活動の促進が認知症予防に対する効果についての検証

神﨑恒一(教授)、柴田茂貴(准教授)、永井久美子(実験助手)

  • 経頭蓋超音波ドップラ法による認知機能障害患者の血流動態に関する研究

大荷満生(准教授)

  • 高齢者の脂質代謝異常症に関する研究

長谷川浩(准教授)

  • 動的・静的脳画像、心拍変動を用いた新たな軽度認知機能低下高齢者安全運転支援の開発

海老原孝枝(准教授)、宮本孝英(大学院生)

  • レビー小体関連変性疾患の呼吸感覚モダリティー解明と、誤嚥性肺炎発症の連関
  • 誤嚥性肺炎早期発見のための、包括的評価と層別予防ケア戦略の確立
  • 嚥下モダリティーと栄養免疫から診る認知症診断の確立と肺炎サスセプティビリティー

業績リスト

  1. 神﨑恒一:老年医学 加齢・老化.内科学 第11版.矢﨑義雄 総編集.東京,朝倉書店,2017.43-46
  2. 神﨑恒一:高齢者のフレイルとサルコペニア.東京都医師会雑誌 70(5):11-19,2017.
  3. 田中政道、永井久美子、小柴ひとみ、松井敏史、神﨑恒一:杏林大学病院高齢診療科、もの忘れセンターに通院中の患者におけるサルコペニアの実態調査ならびに転倒との関連についての検討.日本老年医学会雑誌 54(1):63-74,2017.
  4. Kumiko Nagai,Hitomi Koshiba,Masamichi Tanaka,Toshifumi Matsui,Koichi Kozaki:Unsteady gait is a determinant for progression in frailty among the elderly.Geriatr Gerontol Int 16(5): 655-657,2016.
  5. Kumiko Nagai, Hitomi Koshiba, Shigeki Shibata, Toshifumi Matsui and Koichi Kozaki:Correlation between the serum eicosapentanoic acid-to-arachidonic acid ratio and the severity of cerebral white matter hyperintensities in older adults with memory disorder.Geriatr Gerontol Int 15 (Suppl. 1):48-52,2015.
  6. 神﨑恒一:認知症高齢者の転倒と骨折.Dementia Japan 29(4):560-570,2015.
  7. 神﨑恒一:運動と認知症予防.神経治療学32(6):923-926,2015.
このページのトップへ

PAGE TOP