大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ精神神経科学教室

研究室・研究グループ紹介:精神神経科学教室

当教室では下記のようなテーマで研究を行っています。学内だけでなく、関連病院を中心に多くのリサーチフィールドを持っております。大学院生は指導者とともに研究をすすめながら、国内外の学会での発表、海外の専門誌に投稿を行い、学位取得を目指します。

臨床精神薬理学グループ(渡邊衡一郎、坪井貴嗣、野﨑和博)

現在、精神疾患の多くは薬物療法によって行われ、当教室も作成や普及に関わっているガイドラインでもそれが推奨されていますが、多剤併用療法や向精神薬の副作用などの問題が残存しています。我々は患者さんがいかに服薬を維持していただけるか、患者さんの服用した印象や飲み心地、さらには服薬の効果を最大化し副作用を最小化するための研究を行っています。新薬の治験やプラセボ効果に関する考察も行っております。

睡眠医学グループ(中島亨、神田優太)

睡眠障害に対して終夜睡眠ポリグラフィー、睡眠潜時反復検査(MSLT)、行動ロガー、深部体温持続測定装置を用いた検査を行い、患者さんの治療だけでなく学術的研究にも活かしています。

精神科診断学グループ(渡邊衡一郎、坪井貴嗣、今村弥生、栗原真理子、森千夏)

診断と治療の難しい患者さんに対して、どのような方法を用いて鑑別診断を行うのがよいかについて検討し、患者さんの今後の治療に役立てることを目標とします。特に難治性・遷延性うつ状態の患者さんの検査入院において、構造化面接、評価尺度、心理検査、作業行動観察などを施行し、それらの結果から総合的に診断を行う方法について研究しています。なお本研究は本学保健学部作業療法学科と共同研究を行っています。

精神科病跡学グループ(今村弥生)

精神科病跡学とは、精神的に傑出した歴史的人物の精神医学的伝記やその系統的研究をさします。作家、漫画家などの芸術家の創造性と精神的苦悩との関係を研究するとともに、作品上の登場人物についても精神医学的・心理学的に考察しています。

精神療法グループ(片桐建志、栗原真理子)

認知行動療法や対人関係療法を中心に現在予備的研究を行っています。特に対人関係療法に関しては、身体合併症を伴ううつ病患者さんへの効果について身体治療科と協力して研究をすすめていく予定です。

精神科リハビリテーショングループ(今村弥生)

体のケガと同じように、こころの問題にもリハビリをすることができます。SST(ソーシャルスキルズ トレーニング)をはじめとする、精神科リハビリテーションの専門家でなくても普段の診療の中で可能でかつ効果のある技法について研究を行い、地域の支援者のための研修会なども今後開催する予定です。

このページのトップへ

PAGE TOP