大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ精神神経科学教室

研究室・研究グループ紹介:精神神経科学教室

当教室では下記のようなテーマで研究を行っています。学内だけでなく、関連病院を中心に多くのリサーチフィールドを持っております。大学院生は指導者とともに研究をすすめながら、国内外の学会での発表、海外の専門誌に投稿を行い、学位取得を目指します。本学には社会人大学院制度もありますので、ご興味のある方は是非一度ご連絡(psychiat@ks.kyorin-u.ac.jp)いただければと思います。

臨床精神薬理学(渡邊衡一郎、坪井貴嗣)

現在、精神疾患の多くは薬物療法が主体であり不可欠であることは間違いありませんが、多剤併用療法や向精神薬の副作用などの問題が残存しています。我々は当事者がいかに服薬を維持していただけるか、当事者自身の服用した印象や飲み心地、さらには服薬の効果を最大化し副作用を最小化するための研究を行い、リカバリーの達成を目指したいと考えています。また新薬の治験やプラセボ効果に関する考察も行っています。

精神疾患の治療ガイドライン作成および普及(渡邊衡一郎、坪井貴嗣、高江洲義和)

治療ガイドラインは精神科診療の均てん化という点において重要ですが、本邦において十分に普及しているとは言えない現状があります。当教室は「精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究:Effectiveness of GUIdeline for Dissemination and Education in psychiatric treatment」(略称 EGUIDEプロジェクト)」において中心的役割を担うとともに、今後のガイドライン改訂に向けた多様な試みも行っています。

睡眠医学(高江洲義和、神田優太、中島亨)

睡眠障害は多くの精神疾患に併存し、不眠症のみならず、概日リズム睡眠障害、過眠症、レストレスレッグス症候群、レム睡眠行動障害など幅広い疾患を扱っています。当教室では睡眠ポリソムノグラフやアクチグラフ等の専門の医療機器を用いて診断・治療・研究を行っています。

精神科診断学(渡邊衡一郎、今村弥生、野崎和博、栗原真理子、早坂友成)

診断と治療の難しい患者さんに対して、どのような方法を用いて鑑別診断を行うのがよいかについて検討し、患者さんの今後の治療に役立てることを目標とします。特に難治性・遷延性うつ状態の患者さんの検査入院において、構造化面接、評価尺度、心理検査、作業行動観察、家族面談などを施行し、それらの結果から総合的に診断を行う方法について研究しています。本研究では本学保健学部作業療法学科と共同研究を行っています。

精神療法(片桐建志、栗原真理子、大江悠樹)

認知行動療法は、薬物療法とともに精神疾患、特にうつ病に対するエビデンスが豊富な治療法です。我々は国立精神神経医療研究センターと協力して、過敏性腸症候群に対する認知行動療法の有効性を検証しています。また認知行動療法とともに代表的な精神療法である対人関係療法にも力を入れており、特に双極性障害に対する対人関係・社会リズム療法の有効性に関する試験的な検討も行っています。

このページのトップへ

PAGE TOP