大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ眼科学教室

研究室・研究グループ紹介:眼科学教室

眼科の臨床研究に関しては、各専門分野の臨床チームが、分野毎に様々なテーマの研究を行っております。網膜硝子体、角膜、白内障、緑内障、眼炎症、小児眼 科、ロービジョンなどは臨床チームが構成され、研究グループとしても機能しており、それぞれの専門学会あるいは眼科の総合的な学会において教育講演・シン ポジウム・一般講演などの発表を行っております。網膜硝子体、眼炎症、白内障分野では、全国的な臨床試験や治験に参加する代表施設のひとつになっていま す。現在、加齢黄斑変性や黄斑浮腫に対する薬物治療の臨床試験などに参加しています。

基礎的研究に関しては、臨床研究棟6階の眼科研究室において、難治性ぶどう膜炎の動物モデルである実験的自己免疫性ぶどう膜網膜炎(EAU)を用いてぶど う膜炎の病態解明、新規治療戦略の開発を目指して研究に取り組んでいます。現在、大阪大学大学院の人工視覚開発チームに参加して、人工視覚研究にも従事し ています。網膜硝子体手術や白内障手術の改良・開発にも力を入れています。

近年の主な業績

  1. Ohno-Matsui K, Hirakata A, Inoue M, Akiba M, Ishibashi T. Evaluation of congenital optic disc pits and optic disc colobomas by swept-source optical coherence tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci. 25;54(12):7769-78, 2013.
  2. Itoh Y, Inoue M, Rii T, Hirota K, Hirakata A. Correlation between foveal cone outer segment tips line and visual recovery after epiretinal membrane surgery. Invest Ophthalmol Vis Sci. 5;54(12):7302-8, 2013.
  3. Taniuchi S, Hirakata A, Itoh Y, Hirota K, Inoue M. Vitrectomy with or without internal limiting membrane peeling for each stage of myopic traction maculopathy. Retina. 33(10):2018-25, 2013.
  4. Kawamura R, Shinoda K, Inoue M, Noda T, Ohnuma K, Hirakata A. Images of intravitreal objects projected onto posterior surface of model eye. Acta Ophthalmol. 91(7):e561-6, 2013.
  5. Okada AA, Goto H, Ohno S, Mochizuki M; Ocular Behçet's Disease Research Group Of Japan. Multicenter study of infliximab for refractory uveoretinitis in Behçet disease. Arch Ophthalmol. 130(5):592-8, 2012.

当教室の詳細は、眼科学教室のホームページ(http://www.eye-center.org/)を御覧下さい。

このページのトップへ

PAGE TOP