大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ外科学教室(呼吸器・甲状腺外科)

研究室・研究グループ紹介:外科学教室(呼吸器・甲状腺外科)

外科学教室は、消化器・一般外科、呼吸器・甲状腺外科、乳腺外科の3つの診療科で構成されています。それぞれ独立して、個性豊かな大学院を運営しています。

呼吸器・甲状腺外科

当教室で取り扱っている肺癌はいずれも罹患数が著明に増加しており、この治療・研究は国家的課題とさえいえます。当教室では肺癌の治療に関する臨床研究・基礎研究に取り組んでいます。高度な臨床研究を進める上では臨床力の質の高さが求められます。通常の診療活動の中に常に高い質を求める教育を実践し、教室員の能力向上に努めています。

外科では初期臨床研修を行った後、さらに3年間の大学内外で臨床研修の実績を積んだ後、6年目以降に大学院進学をすることを期待しています。

肺癌グループ

全国レベルの臨床研究を JCOG 肺癌グループなどと協力して、多くのプロトコールに参加し、成果を上げています。基礎研究分野では筑波大学診断病理学教室と群馬県立がんセンター診断病理部との共同研究として進めている小型肺腺癌を対象とした病理・細胞形態学的な解析と予後因子の解明や各種遺伝子の網羅的な解析に関する研究、気管支鏡下生検時に得られた細胞検体を用いた遺伝子解析と臨床病理学的な諸因子との関連性に関する研究、群馬県立がんセンター放射線科診断部との共同研究ではMRIを中心とした各種最新のモダリティーを駆使した肺癌の画像診断と病理組織学的な所見との対比に関する研究、独自の研究テーマとして肺腺癌の多段階発癌機構におけるエピジェネティクスなどを行っています。肺癌は一般的に予後不良な癌腫の一つであり、従来の化学療法剤には限界があるため、腫瘍増殖の分子メカニズムを標的とする治療に大きな期待が寄せられています。我々、研究チームは従来の治療法に加え、今後新たな展開が予想される分子生物学的な側面からの治療法の確立にも貢献したいと考えています。

「大学院生の声」

私は大学院外科学分野(呼吸器・甲状腺外科学コース)を数年前に専攻していました。今回は私の大学院生活を参考までに紹介したいと思います。当時の指導教員は当教室の呉屋朝幸教授で、外科学分野(呼吸器・甲状腺外科学コース)のなかでも特に呼吸器外科学コースを専門としています。本コースでは指導教員のモットーでもある「興味があるものを研究しなさい」という言葉どおり、かねてから興味があった肺癌の病理学、分子生物学に関する研究をすることにしました。みなさんもご存じの通り、肺癌は世界の癌死者数の中で最多です。しかしながら、肺癌は決して治りやすい癌ではなく、肺癌に関する研究は今後ますます発展していく必要のある分野です。当教室では自分で興味のある分野を勉強でき、自分の教室でできなければ、短期留学してでも他施設で勉強してきなさいというスタンスをとっています。私は1、2年目では主に大学で基礎学習や講義、臨床の現場を通して肺腫瘍学の基礎を学びました。そして、やるからにはさらなる高みを目指したいと考えるようになりました。そこで、3年目には呼吸器病理学を学ぶため筑波大学大学院診断病理研究室で研修をさせて頂きました。そこでは今まで外科的な視点からみていた肺癌を病理学という別の視点から見ることができました。この中で小型肺腺癌の多段階発癌に興味を持ち、特定の癌遺伝子と細胞増殖因子に着目した研究を行うことにしたのです。幸運な事に私は杏林大学ではもちろん、筑波大学でも指導教員に恵まれていました。的確な指導を受けられ、様々な実験手技を学びながら、自分でも試行錯誤を繰り返し、非常に充実した日々でした。先にも述べたように肺癌はまだまだ治りにくい癌であり、今後のさらなる研究が望まれる分野です。私はこのテーマを通して、今後も腫瘍学、外科学、病理学、分子生物学など様々な分野の研究に挑戦していこうと考えています。これからの事を考えている方にとって、専攻科や大学院について少しでも参考になれば幸いです。外科学分野(呼吸器・甲状腺外科学コース)はいつでも同志を求めています。

近年の業績

  1. Kawachi R, Matsuwaki R, Tachibana K, Karita S, Nakazato Y, Tanaka R, Nagashima Y, Takei H, Kondo H: Thoracoscopic modified pleural tent for spontaneous pneumothorax. Interact Cardiovasc Thorac Surg 23. 190-194, 2016.
  2. Takei H, Kondo H, Miyaoka E, Asamura H, Yoshino I, Date H, Okumura M, Tada H,Fujii Y, Nakanishi Y, Eguchi K, Dosaka-Akita H, Kobayashi H, Sawabata N, Yokoi K. Surgery for small cell lung cancer: a retrospective analysis of 243 patients from Japanese Lung Cancer Registry in 2004. J Thorac Oncol. 2014;9:1140-1145.
  3. Matsuwaki R, Ishii G, Zenke Y, Neri S, Aokage K, Hishida T, Yoshida J, Fujii S, KondoH, Goya T, Nagai K, Ochiai A. Immunophenotypic features of metastatic lymph node tumors to predict recurrence in N2 lung squamous cell carcinoma. Cancer Sci. 2014;105:905-911.
  4. Tanaka R, Nakazato Y, Horikoshi H, Tsuchida S, Yoshida T, Nakazato Y, Tachibana K,Kondo H, Goya T. Diffusion-weighted imaging and positron emission tomography in various cytological subtypes of primary lung adenocarcinoma. Clin Imaging. 2013;37:876-883.
  5. Tachibana K, Nakazato Y, Tsuchida S, Kazama T, Minato K, Yoshida T, Fujita A,Horikoshi H, Tanaka R, Iijima M, Goya T. Immediate cytology improves accuracy and decreases complication rate in real-time computed tomography-guided needle lung biopsy. Diagn Cytopathol. 2013;41:1063-1068.
このページのトップへ

PAGE TOP