大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ脳卒中医学教室

研究室・研究グループ紹介:脳卒中医学教室

2014年9月に新たな脳・神経疾患の臨床系教室として開講しました。脳卒中に特化した講座の設立は本邦で二番目です。脳卒中には、脳の血管が破れる「脳出血」「くも膜下出血」、脳血管が詰まる「脳梗塞」があり、包括的な知識が求められます。超高齢社会を迎え日本の国民病として重要性を増している脳卒中をテーマに以下のような臨床研究を行っています。

研究分野

1.脳梗塞超急性期の組織評価に基づく治療法の開発

rt-PA(遺伝子組み換え型組織プラスミノゲン・アクチベータ)の適応は、発症からの時間経過で決定されるが、現実には3時間以内の無効例、4.5時間超の有効例も存在する。そこで単なる時間ではなく(time-based strategy)、組織評価に基づく治療法(tissue-based strategy)の確立に向けた研究を計画中である。国際的には組織評価法としてCT灌流画像、MRI灌流画像、FLAIR画像などが用いられており、MRI拡散強調画像(DWI)とのミスマッチで適応判断する試験が進行中である。

2.脳灌流画像を用いた脳虚血治療の客観的有効性評価システムの開発

Stentrieverが登場し、2014年以降の臨床研究結果(MR CLEANほか)から脳血管内治療は急性期の重要な治療法としての地位を確固とし、今後、ランダム化比較試験の実施は困難な状況となった。客観的に治療の有効性を評価するシステムを構築し、臨床転帰改善との関連を評価する研究を進めている。

3.脳梗塞に対する抗血栓療法の最適化に関する研究

脳梗塞の病態に応じた抗血栓療法(抗血小板療法、抗凝固療法)の選択は、予防の重要な柱である。注射薬・内服薬、抗血小板療法の併用/単剤、ビタミンK拮抗薬/非ビタミンK拮抗薬(NOAC)の使い分けについて、血小板凝集能、凝固・線溶マーカー、神経超音波検査、脳血流検査などを用いて病態を解析し、最適な薬剤選択とその効果検証を行っている。

4.遺伝性脳卒中に関する臨床研究

単一遺伝子異常により発症する脳小血管病(CADASIL、CARASILなど)に関するデータベース構築と臨床情報の解析を行っている。

実施中の臨床研究(多施設共同試験を含む)

  1. 脳内出血急性期における至適血圧管理(ATACH2,医師主導国際共同研究)
  2. 睡眠中発症/発症時刻不明脳梗塞に対する静注血栓溶解療法(THAWS)
  3. 心房細動を伴う脳梗塞/TIA患者の抗凝固療法(SAMURAI-NVAF)
  4. 非弁膜症性心房細動におけるXa阻害剤の効果検証(EXPAND)
  5. 非弁膜症性心房細動患者の脳梗塞急性期薬剤投与開始時期に関する研究(RELAXED)
  6. 塞栓源不明の脳塞栓症に対する新規経口抗凝固薬の効果検証(RESPECT-ESUS)
  7. 脳血管疾患の再発に対するスタチンの効果に関する研究(J-STARS)エコーサブ解析
  8. 遺伝性脳小血管病CADASILのデータベース構築と運用(日本医療開発機構研究班)

近年の主たる業績

  1. Sato S, Uehara T, Ohara T, Suzuki R, Toyoda K, Minematsu K; Stroke Unit Multicenter Observational (SUMO) Study Investigators. Factors associated with unfavorable outcome in minor ischemic stroke. Neurology. 2014; 83: 174-81.
  2. Hirano T. Searching for salvageable brain: the detection of ischemic penumbra using various imaging modalities? J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014; 23: 795-8.
  3. Hirano T. New era of oral anticoagulation for Japanese non-valvular atrial fibrillation patients. Circ J. 2014; 78: 1317-9.
  4. Honda S., Kai Y., Watanabe M., Hirano T., Usuku K., Ando Y., Kuratsu J. The Cooperative Attempt of teLestroke-based Drip and ship Emergent Referral - the Aso (CALDERA) model. J. Neurol Dis. Stroke 2014; 2: 1046.
  5. Nakajima M, Inatomi Y, Yonehara T, Hashimoto Y, Hirano T, Ando Y. Temporal trends in oral intake ability three months after acute ischemic stroke: analysis of a single-center database from 2003-2011. J Rehabil Med. 2014; 46: 200-5.
  6. Tanaka K, Koga M, Sato K, Suzuki R, Minematsu K, Toyoda K. Three-dimensional analysis of the left atrial appendage for detecting paroxysmal atrial fibrillation in acute ischemic stroke. Int J Stroke. 2014; 9: 1045-51.
  7. Hirano T. Acute revascularization therapy in pregnant patients. Neurol Med Chir (Tokyo). 2013; 53: 531-6.
  8. Minematsu K, Toyoda K, Hirano T, Kimura K, Kondo R, Mori E, Nakagawara J, Sakai N, Shiokawa Y, Tanahashi N, Yasaka M, Katayama Y, Miyamoto S, Ogawa A, Sasaki M, Suga S, Yamaguchi T; Japan Stroke Society. Guidelines for the intravenous application of recombinant tissue-type plasminogen activator (alteplase), the second edition, October 2012: a guideline from the Japan Stroke Society. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2013; 22: 571-600.
  9. Kawano H, Hirano T, Nakajima M, Inatomi Y, Yonehara T. Diffusion-weighted MR imaging may underestimate acute ischemic lesions - Cautions on neglecting a CT - DWI discrepancy. Stroke 2013; 44: 1056-61.
  10. Hirano T. Thrombolysis and hyperacute reperfusion therapy for stroke in renal patients. Contrib Nephrol. 2013; 179: 110-8.
このページのトップへ

PAGE TOP