Education of Data Scienceデータサイエンス教育

TOPICS

データサイエンス教育について

データサイエンス教育プログラムとは

2021年度よりデータサイエンス教育プログラムが始まりました。このプログラムはデータサイエンスやAIに関する基礎知識や技術を修得し、それらを運用する能力の育成を目的としています。
このプログラムでは、個人情報保護やデータ倫理、情報セキュリティといったネットリテラシー、文書作成・表計算、データの扱い方、プログラミングや情報処理、AIのしくみなども学びます。ビデオ教材も大学で独自に作成し、オンデマンド方式でいつでも学習できる環境も整えました。また各学部で開講している情報科学系科目にこのプログラムを融合し、学習しやすいようにしました。
2021年4月に開講したこのプログラムは総合政策学部、外国語学部、保健学部、医学部のいずれの学生も履修でき、卒業単位として認定されます。現代社会が必要とするデータサイエンスの知識を身につけ、問題解決力を持った人材の輩出をめざしていきます。

杏林大学データサイエンス標準教育プログラム

教育プログラムの目的

本プログラムはデータサイエンスやAIに関する基礎知識や技術を修得し、それらを運用する能力の育成を目的としています。現代社会が必要とするデータサイエンスの知識を身につけ、問題解決力を持った人材の輩出をめざしていきます。

教育プログラムの概要

本プログラムは、2021年度より全学部の学生を対象として開設され、個人情報保護やデータ倫理、情報セキュリティといったネットリテラシー、文書作成・表計算、データの扱い方、プログラミングや情報処理、AIのしくみなどを学びます。これらについて各学部で開講している情報科学系科目へ本プログラムを融合することにより、各学部の特性に沿った学習しやすい構成にしました。また、本学独自のビデオ教材を作成し、オンデマンド方式でいつでも学習できる環境も整えています。
本プログラムで指定されている「認定科目」の単位を取得することにより、本プログラムの修了が認定され「修了証」が発行されます。
本プログラムは総合政策学部、外国語学部、保健学部、医学部のいずれの学生も履修でき、卒業単位として認定されます。

教育プログラムの構成

本プログラムは、基本となる「認定科目」と、基礎および発展的な「推奨科目」で構成されています。 認定科目は、データサイエンスのエッセンスを学びます(認定科目の単位取得が本プログラムの修了要件となります)。 推奨科目は、データサイエンスを学ぶための基礎科目や、データサイエンスを応用する科目を配置しています。 詳しくは、カリキュラムマップをご参照ください。

認定科目の内容

各学科の教育内容に合わせて認定科目と推奨科目が設定されています。認定科目および推奨科目の詳しい内容は、ユニバーサルパスポートのシラバスまたは履修案内をご参照ください。
認定科目で扱うビデオ教材は、数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアムのモデルカリキュラム(リテラシーレベル)に準拠した内容で構成されています。

履修について

学科毎に定められた「認定科目」を必ず履修して下さい。「推奨科目」のうち、選択科目は各人の必要に応じて履修してください。本プログラムの参加申請等の手続きは不要です。

修了要件

学科毎に定められたすべての認定科目について単位を取得して下さい。単位の取得によって本プログラムの修了が認定されます。
修了証の発行方法については、別途お知らせします。