大学ホーム医学部教室紹介麻酔科学教室

麻酔科学教室

教室専任教員

教授 萬 知子 鎭西 美栄子 徳嶺 譲芳
准教授 森山 潔 中澤 春政 関 博志
助教 鵜澤 康二 本保 晃 神山 智幾
  長谷川 綾子 渡辺 邦太郎 小谷 真理子
  安藤 直朗 田口 敦子 辻 大介
  横田 泰佑 片山 あつ子 田渕 沙織
  箱根 雅子 朽名 佳代子 久場 亜理沙
  関口 路子

教室概要

当教室では、大学の医局に在籍することによる各種利点(最先端の医学を修得できる、研究ができる、学会認定資格が取得できる、臨床修練を積むことができる)を楽しく自由な雰囲気の中で追求して頂くことが出来ます。

当教室での臨床教育は医学部学生のBSLに始まり、初期臨床研修では、1年目には必修で2ヶ月、2年目の研修では最長4ヶ月選択研修が可能です。3年目以降は日本専門医機構の研修プログラムに従い効率よく資格取得(麻酔科標榜医、日本麻酔科学会認定医・専門医・指導医)することができます。その後はそれぞれの興味がある分野(手術麻酔全般、集中治療領域、緩和疼痛領域など)に応じて国内の専門施設での研修や、海外留学も行っています。

当教室では、医局員が博士号を取得できるよう積極的に指導しています。大学院の医学研究科に進まれた方はもちろん、医局員も臨床と研究を両立できるよう配慮しています。また、当院の女性医師復帰支援制度などを基に、医局員が働きやすい環境を整えています。

我々の診療分野は、手術室での麻酔管理(全身麻酔・硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔・末梢神経ブロックなど)、集中治療領域、緩和医療領域など多岐にわたります。周術期管理外来や杏林急性期疼痛管理チーム(KAPS: kyorin Acute Pain Service)なども行っており、質の高い、手術後の苦痛が少ない麻酔を提供できるよう、日々取り組んでいます。

教室の社会的活動

毎年11月に三多摩地域の在宅医療、訪問看護ステーション、病院を対象に「三多摩緩和ケア研究会」を開催し、その事務局を務めています。また、毎年2月には「多摩麻酔懇話会」を開催し、病院間の学術的な情報交換、親睦を深めており、その事務局も務めています。当教室は「体液代謝管理研修会」「気道管理学会」の事務局を務め、多職種による周術期および危機管理の学術的情報交換に貢献しています。

研究グループ及び研究課題

当教室では、臨床研究、基礎研究を行っています。

臨床研究

中心静脈カテーテル挿入における安全性の確立(萬教授)
中心静脈カテーテル挿入による機械的合併症およびカテーテル関連感染症は、臨床上の予後悪化および医療費の増大を招く。組織的な安全管理および感染管理を確立することによる臨床的恩恵は大きいと考えられる。Johns Hopkins 大学集中治療医 Peter Provonost の業績を見本とし、国内においても最大限の効果を発揮する安全対策を構築することが目的である。

超音波ガイド下血管確保に関する臨床およびシミュレーション研究(徳嶺教授)

気道エコーの臨床およびシミュレーション研究(徳嶺教授)

消化管穿孔術後患者における緑膿菌抗PcrV療法の可能性(森山潔講師)

高機能シミュレーターを用いた酸素療法の評価(森山潔講師)

パルスオキシメーターの低酸素血症検出精度の検討(森山潔講師)

基礎研究

敗血症の新たな治療薬の開発;骨格筋におけるタンパク質のファルネシル化に着眼して(中澤准教授)

行動学的な神経障害性疼痛モデルの開発(森山久美専攻医)

重症病態における内皮細胞機能変化の時間空間的イメージング手法による病態生理の解明(鵜澤助教)

微小循環生理学による肥満パラドックスの病態解明への挑戦(満田専攻医)

体外循環によるミトコンドリア機能障害とプレニル化タンパク質の関与(辻助教)

アスコルビン酸合成酵素ノックアウトマウスを用いた重症病態下、内皮細胞構造・機能の観察(安藤助教)

近年の主な業績

  1. Katayama A, Watanabe K, Tokumine J, Lefor AK, Nakazawa H, Jimbo I, Yorozu T. Cricothyroidotomy needle length is associated with posterior tracheal wall injury: A randomized crossover simulation study (CONSORT). Medicine (Baltimore). 2020 Feb;99(9):e19331.
  2. Sawa T, Kooguchi K, Moriyama K. Molecular diversity of extended-spectrum β-lactamases and carbapenemases, and antimicrobial resistance. J Intensive Care. 2020 Jan 28;8:13.
  3. Motoyasu A, Moriyama K, Okano H, Yorozu T. High-flow nasal cannula therapy reduced the respiratory rate and respiratory distress in a standard model simulator and in patients with hypoxemic respiratory failure. Chron Respir Dis. 2019 Jan-Dec;16:1479973119880892.
  4. Uzawa K, Ushiyama A, Mitsuda S, Ando T, Sawa M, Miyao H, Yorozu T. The protective effect of hydroxyethyl starch solution on the glycocalyx layer in an acute hemorrhage mouse model. J Anesth. 2020 Feb;34(1):36-46. doi: 10.1007/s00540-019-02692-8. Epub 2019 Oct 15.
  5. Nakazawa H, Ikeda K, Shinozaki S, Yasuhara S, Yu YM, Martyn JAJ, Tompkins RG, Yorozu T, Inoue S, Kaneki M. Coenzyme Q10 protects against burn-induced mitochondrial dysfunction and impaired insulin signaling in mouse skeletal muscle. FEBS Open Bio. 2019 Jan 19;9(2):348-363.

当教室の詳細は、 麻酔科学教室のホームページまで。

倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP