Faculty of Medicine乳腺外科学教室

教室専任教員

教授
講師
助教

教室概要

日本人女性の乳がんは生涯で9人に1人が罹患すると推定され、年間10万人以上の方が診断されています。日本人女性の悪性腫瘍の第1位である乳がんを克服すべく、乳腺疾患の診断と治療を行っています。早期乳がんでは、手術・薬物・放射線による集学的治療による治癒を目指すともに、形成外科との共同作業で乳房再建を積極的に行っています。進行・再発乳がんでは、効果予測因子に基づいた治療を進める一方、治療抵抗性となった場合は症状緩和のための対症療法と精神的なケアを行い、社会生活の質が長く保たれるように努めています。

教育の特色

学生は、病棟及び外来において乳がん患者とその家族との触れ合いを通して、乳がんを理解するとともに、癌で病んだ人々の心のケアについて学びます。初期研修では、基本的な診療技術の習得とともに、乳がんの診断と治療について学びます。後期研修では、実践的な乳がんの診断、手術療法、薬物療法をカリキュラムに基づいて習得します。最初の3年間で外科専門医の取得を目指しますが、連動研修として乳腺外科専門医の修練も可能ですから、医師となり最短で7年後には外科専門医と乳腺外科専門医の資格が取得できます。さらに、医員として国内外のがん関連学会における発表と論文を作成いただき、乳腺専門医を指導できる医師を目指します。国際的な視野を持つ乳腺専門医を世に輩出していくことが当科の使命です。

社会的活動

多摩地区における乳がん診療の向上を目指して、学術集会並びに勉強会を開催しています。乳がん検診における画像診断の読影会に参加しています。年1回、井の頭乳腺疾患研究会を開催して、三鷹市、武蔵野市、杉並区、調布市の医師会との交流を進めています。近隣地区の医療機関との診療連携も積極的に展開しています。

研究テーマ

本教室の理念は、真「腫瘍学の真理の探求」、善「謙虚たる人材の育成」、美「アートとしてのがん治療の創造」の追求です。国内外の臨床試験や治験に参加するとともに、蛋白質発現解析、遺伝子発現解析から乳癌の予測因子に関する探索的研究やトリプルネガティブ乳癌の病態解明を進めています。また、センチネルリンパ節生検に関する多施設共同研究、希少転移乳癌の局所及び全身療法に関する国際共同後向きコホート研究を研究代表施設として進めています。

近年の主な業績

  1. Ito T, Oura S, Nagamine S, Takahashi M, Yamamoto N, Yamamichi N, Earashi M, Doihara H, Imoto S, Mitsuyama S, Akazawa K. Radiofrequency Ablation of Breast Cancer: A Retrospective Study. Clin Breast Cancer. 2018;18(4):e495-e500.
  2. Ito H, Ueno T, Suga H, Shiraishi T, Isaka H, Imi K, Miyamoto K, Tada M, Ishizaka Y, Imoto S: Risk factors for skin flap necrosis in breast cancer patients treated with mastectomy followed by immediate breast reconstruction. World J Surg, 2019;43(3):846-852.
  3. Mukai H, Yamaguchi T, Takahashi M, Hozumi Y, Fujisawa T, Ohsumi S, Akabane H, Nishimura R, Takashima T, Park Y, Sagara Y, Toyama T, Imoto S, Mizuno T, Yamashita S, Fujii S, Uemura Y: Ki-67 response-guided preoperative chemotherapy for HER2-positive breast cancer: results of a randomised Phase 2 study. Br J Cancer, doi: 10.1038/s41416-020-0815-9.
  4. Toi M, Imoto S, Ishida T, Ito Y, Iwata H, Masuda N, Mukai H, Saji S, Shimizu A, Ikeda T, Haga H, Saeki T, Aogi K, Sugie T, Ueno T, Kinoshita T, Kai Y, Kitada M, Sato Y, Jimbo K, Sato N, Ishiguro H, Takada M, Ohashi Y, Ohno S. Adjuvant S-1 plus endocrine therapy for oestrogen receptor-positive, HER2-negative, primary breast cancer: a multicentre, open-label, randomised, controlled, phase 3 trial. Lancet Oncol, 2021;22(1):74-84. doi: 10.1016/S1470-2045(20)30534-9.
  5. Mathelin C, Ame S, Anyanwu S, Avisar E, Boubnider WM, Breitling K, Anie HA, Conceição JC, Dupont V, Elder E, Elfgen C, Elonge T, Iglesias E, Imoto S, Ioannidou-Mouzaka L, Kappos EA, Kaufmann M, Knauer M, Luzuy F, Margaritoni M, Mbodj M, Mundinger A, Orda R, Ostapenko V, Özbaş S, Özmen V, Pagani O, Pieńkowski T, Schneebaum S, Shmalts E, Selim A, Pavel Z, Lodi M, Maghales-Costa M: Breast Cancer Management During the COVID-19 Pandemic: The Senologic International Society Survey. Eur J Breast Health 2021;17(2):188-196.
  6. Asaga S, Tsuchiya A, Ishizaka Y, Miyamoto K, Ito H, Isaka H, Chiba T, Imoto S, Kamma H: Long-term results of fluorescence and indigo carmine blue dye-navigated sentinel lymph node biopsy. Int J Clin Oncol 2021; doi: 10.1007/s10147-021-01925-9.